【 このブログについて 】2020-01-01

LDニュースの登録

携帯からもアサブロを閲覧できます。 http://keyaki.k.asablo.jp/blog/

催事等のお知らせは、原則として開催時期の新しい順に並んでいます。右のカレンダーの、当該の日付をクリックして閲覧ください。

最新のニュースを早く確実に受けたい方は、「LDニュース」 http://ldnews2000.web.fc2.com/ の購読登録をお勧めいたします。電子メールで最新の情報が入手できます。詳しくは下記をご覧ください。
http://archive.mag2.com/0000000592/

バックナンバーは以下のサイトです。
http://ldnews2000.web.fc2.com/bknos/BACKNS.html

RSSはこちら → http://keyaki.asablo.jp/blog/rss

草分けメルマガバナー  

■ JDDネットは本当に大丈夫なの??? どうかしてしまったの??? ■2019-12-31

2012年3月25日(日)東京の中野サンプラザにおいて、翔和学園創立10
周年記念「発達障害支援フォーラム」が開催されるそうだ。予定されている講師
の顔ぶれは以下の通りである。

【講師】(あいうえお順/敬称略)
・石井京子/テスコ・プレミアムサーチ
・市川宏伸/JDDネット
・伊藤寛晃/翔和学園
・川端秀仁/かわばた眼科
・阪本浩明/プルデンシャル生命
・重徳和彦/くにおこし@愛知
・高橋史朗/明星大学
・田島良昭/コロニー雲仙
・谷和樹 /玉川大学
・辻井正次/アスペ・エルデの会
・中村朋彦/翔和学園
・宮尾益知/国立成育医療研究センター
・向山洋一/TOSS

中でも目を引くのが、市川宏伸/JDDネット理事長。辻井正次/アスペ・エルデ
の会・JDDネット政策委員長。高橋史朗/明星大学。感性・脳科学教育研究会会
長。向山洋一/TOSS(教育技術法則化運動)代表。らである。

翔和学園の案内(http://www.showa-gakuen.net/seminar/)によると、厚生労働
省、文部科学省、JDDネットワーク、発達障害の支援を考える議員連盟、株式会
社チャレンジドジャパン、NPO法人東京都自閉症協会、プルデンシャル生命、N
PO法人ふれあい囲碁ネットワーク神奈川などが、後援をしている。

さて、高橋史朗(感性・脳科学教育研究会会長)氏は、健全な男女共同参画社会
をめざす会「なでしこ通信第41号(平成23年9月1日)」
http://www.mezasukai.com/pdf/nadesiko-41.pdf)において下記のように述べ
ています(この件については高橋史朗氏に対して別途問い合わせ中)。

「私の教え子が1年間で3人も小学校教員をやめました。このうちの1人に話を聞
くと、「担任をしている35人の子供のうち、7人が発達障害の子供だった」と言
うのです。LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症などの子供
が2割いたわけです。1人を注意していたら、他の子供が動き始めてしまうのです。
昭和40年ごろは発達障害の子供は1万人に1人、つまり0.01%でしたが、現在では
小学校で2割近くいるわけです。この40年間で大きな変化が起きています。」

また向山洋一(TOSS・教育技術法則化運動代表)氏の進める「教育技術法則化運
動」については、例えば下記のような批判があります。私は以前、TOSS関係者に
質問したことがありますが明確な回答はもらえませんでした。どうなのでしょう?

ニセ科学?道徳教育「水からの伝言」を斬るTOSS=向山洋一教育技術法則化運動
を問う http://www.kyo-sin.net/nisekagaku.htm

阪大サイバーメディア 菊池誠
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/JPSmeeting_kikuchi.pdf
「水からの伝言」と初等教育
「水の結晶」が小学校の道徳教材に
 TOSS(教育技術法則化運動)のウェブサイトを通じて、全国に広まる
 TOSSではすでに止めつつあるが、TOSS以外に広まっている
 研究授業や教師の研修会などでとりあげられる
 権威付けられて、広まる 参観授業にも使われる 自信作

辻井正次/アスペ・エルデの会・JDDネット政策委員長については、「批判対象
を明確に特定できないままで政策提言」したことですでに批判済み
http://koukaishitsumon.web.fc2.com/jddnet.html

JDDネットが後援しているということは、内容に問題なし、むしろ内容は推奨で
きるものと判断したと考えるがどうなのだろうか?NPO法人東京都自閉症協会の
名前も後援団体に見られるが、こちらへも近日中に質問をしてみたいと思う。

IFLA 2018 Satellite Conference in Singapore 23 August, 20182018-08-23

https://sites.google.com/view/ifla2018lsn/

The International Federation of Library Associations and Institutions

IFLA 2018 Satellite Conference in Singapore

"Inclusive Library Services for Children and Young Adults"
23 August, 2018 at the National Library Building, Singapore
hosted by the National Library Board, Singapore

Introduction

"Inclusive Library Services for Children and Young Adults"

Date: Thursday, 23 August, 2018
Venue: National Library Building, Singapore

The Call for Papers is now available! Click for details.
This one day conference aims to discuss ways to promote inclusive
Library Services Children and young adults, approaches that leave no
one behind, in support of the United Nations Sustainable Development
Goals.

This Satellite Conference is organized by the Library Services to
People with Special Needs and Libraries for Children and Young Adults
Sections in collaboration with the National Library Board, Singapore.

日本デジタル教科書学会 2018年度大会/富山大学 2018/08/18-192018-08-19

http://js-dt.jp/

1.大会テーマ 学習の基盤となる情報活用能力を考える

2.期日 2018年8月18日(土),19日(日)

3.会場 富山大学人間発達科学部(富山市五福3190)

4.大会プログラム
(1)1日目(8月18日(土))
10:10~11:10 若手奨励賞候補者報告
11:20~12:20 一般研究発表
12:20~13:10 昼食・休憩
13:10~13:30 企業プレゼン
13:30~14:30 学会誌掲載論文講演
14:30~14:50 企業プレゼン
15:00~15:50 総会
16:00~17:30 課題研究
18:00~    懇親会(学内Open Cafe AZAMI)

(2)2日目(8月19日(日))
9:00~10:20 一般研究発表
10:30~10:50 企業プレゼン
10:50~12:00  基調講演
12:00~12:20 企業プレゼン
12:20~13:10 昼食・休憩
13:10~14:00 インタラクティブセッション
        (ポスター発表,1日目から掲示可)
14:10~15:10 一般研究発表
15:20~16:30 ワークショップ(プログラミングワークショップ等)

障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を 2018/06/152018-06-15

「障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を」
-マラケシュ条約と著作物にアクセスする権利の国際動向に関する勉強会-

日 時:2018年6月15日(金)16:00~17:45

(荷物のセキュリティチェックを通過し、玄関ホールに15:30にお集まりくださ
 い。名札をお渡しいたします。)

場所:参議院議員会館1階 特別会議室(東京都東京都千代田区永田町2丁目1-1)
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf

情報保障:要約筆記あり・手話予定

参加費:無料

定 員:80名

主 催:日本デイジーコンソーシアム・デイジー教科書製作ネットワーク

趣 旨:学校教育法改正を機に、デジタル教科書が障害のある児童生徒の学習上
の困難を低減させる機能に期待が高まっています。読み上げや、拡大縮小、色の
変更、瞬時の移動等、アクセシビリティと呼ばれる機能を備えているDAISY規格
のデジタル版教科書(デイジー教科書)を、現在8000名以上の障害がある児童生
徒が使っています。このデイジー教科書は、障害がある児童生徒の家族を含むボ
ランティアによって製作されています。私たちは、児童生徒に自分で読める教科
書を提供する責任は国にあると考え、DAISY版デジタル教科書の無償給与を実現
するための勉強会を下記の要領で開催します。

プログラム:
16:00-16:05 開会
司会:久保田 文(特非・全国視覚障害者情報提供施設協会)

16:05-16:15 出席議員ご挨拶

16:15-16:35 「障害基本計画と公共調達による出版物アクセシビリティの推進」
  石川 准(静岡県立大学教授 東京大学特任教授)

16:35-17:00 デイジー教科書の現状と製作ボランティアからの提案
1)「読むことの困難をデイジー教科書はどう助けるのか」実演によるDAISY規格
  のデジタル教科書の紹介
  濱田 滋子(特非・NaD)/吉広 賢史(公財・日本障害者リハビリ協会)
2)「デイジー教科書を使う子供たちとその家族、製作ボランティアの思い」
  牧野 綾 木全 知帆 安納 里恵(調布デイジー)
3)「デイジー教科書製作ネットワークの文部科学省への要望」
  神山 博(青森公立大学)

17:00-17:10 「マラケシュ条約批准とデイジー教科書のこれから」
  河村 宏(日本DAISYコンソーシアム)

17:10-17:30 質疑応答

17:30-17:35 閉会

*要望書案「障害のある児童及び生徒のための「教科用特定図書等」の無償
 給与についての要望」
 http://atdo.website/wp-content/uploads/2018/06/yobosyo.pdf

*別添資料(利用者の声、経緯、読みに困難のある児童生徒)
 http://atdo.website/wp-content/uploads/2018/06/siryo.pdf

お問い合わせ:日本デイジーコンソーシアム事務局
   メール:jdc@atdo.jp
   電 話:03-5384-7207 (NPO法人支援技術開発機構内)

参加申込み:下記のフォームにご記入の上、送信してください。
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdLN3uDoznPKb7-5l6dylobmgezaB1QW6pA1ZDdYXJH6IZ1_g/viewform

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業第19期生 成果発表会2018-06-02

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業第19期生 成果発表会

http://www.normanet.ne.jp/~duskin/infomation/2018/clipmail.html

ダスキン19期生成果発表会のお知らせ

趣旨 ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業第19期生は、約10ヶ月間
の研修を修了し、6月中旬に帰国いたします。そこで、各研修生が日本での研修
を振り返り、その総まとめとして成果発表会を開催いたします。ご来場の皆さま
に研修生の成長した姿をご覧いただき、彼らと共に帰国後の目標や夢を語らう場
といたします。

期日 平成30年6月2日(土)13:30~16:10

会場 戸山サンライズ 大研修室 東京都新宿区戸山1-22-1
   地図:http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.htm

主催 ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業 第19期生
   公益財団法人 ダスキン愛の輪基金
   公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

参加費 600円(当日受付にてお支払い/介助者無料)

*事前申込がない場合、資料の準備ができない場合がございます。
 予めご了承下さい。

定員 100名(先着順)

プログラム
13:00 受付
13:30 主催者挨拶
13:35 成果発表会
テーマ 「日本で学んだことと帰国後の活動について」(発表順未定)
    カォクン・タンティピシックン(タイ)
    ソロンゴ・バトバヤール(モンゴル)
    ラクシミ・ネパール(ネパール)
    クリシェール・クナル・シャーマ(フィジー)
    アナム・ジェヘザディ(パキスタン)
16:05 閉会の挨拶

参院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/05/242018-05-24

https://www.youtube.com/watch?v=gvDRtD8ON6A

2018年5月24日参議院文教科学委員会(抜粋)
「学校教育法等の一部を改正する法律案」可決

2018年5月24日参議院文教科学委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」
可決。デジタル教科書の法定化含む。

--------

高階恵美子(文教科学委員長)
上野通子(自由民主党・こころ)
佐々木さやか(公明党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)
神本美恵子(立憲民主党・民友会)
高階恵美子(文教科学委員長)
吉良よし子(日本共産党)
高木かおり(日本維新の会)
木戸口英司(希望の会(自由・社民))
松沢成文(希望の党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)

参院文科委員会「著作権法の一部を改正する法律案」可決 2018/05/172018-05-17

https://youtu.be/kSYDX6V-QL8

2018/5/17 参議院文教科学委員会「著作権法の一部を改正する法律案」可決

開会日 2018年5月17日

会議名 参議院文教科学委員会
著作権法の一部を改正する法律案(閣法第二八号)(衆議院送)について林文部
科学大臣、丹羽文部科学副大臣及び政府参考人に対し質疑を行い、討論の後、可
決した。なお、附帯決議を行った。

--------

発言者一覧
高階恵美子(文教科学委員長)
小野田紀美(自由民主党・こころ)
佐々木さやか(公明党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)
神本美恵子(立憲民主党・民友会)
高階恵美子(文教科学委員長)
吉良よし子(日本共産党)
高木かおり(日本維新の会)
木戸口英司(希望の会(自由・社民))
松沢成文(希望の党)
吉良よし子(日本共産党)
神本美恵子(立憲民主党・民友会)

〇付帯決議

著作権法の一部を改正する法律案に対する附帯決議

政府及び関係者は、本法の施行に当たり、次の事項について特段の配慮をすべき
である。

一 著作権制度は我が国の文化創造の基盤となる仕組みであり、デジタル化・ネ
ットワーク化が進展する新しい時代においても、権利の保護を図りつつ、多様な
著作物を多様な形態でより多くの国内外の利用者に届けていくことは極めて重要
である。著作権制度の意義に鑑み、今後も権利の保護と著作物の円滑な利用の促
進とのバランスを考慮し、本法により整備される権利制限規定等の適切な運用に
十分配慮すること。

二 柔軟な権利制限規定の導入に当たっては、現行法において権利制限の対象と
して想定されていた行為については引き続き権利制限の対象とする立法趣旨を積
極的に広報・周知するとともに、著作物の利用行為の適法性が不透明になり、か
えって利用を萎縮する効果が生じることのないよう、ガイドラインの策定など、
必要な対策を講ずること。

三 環境変化に対応した著作物利用の円滑化を図るという立法趣旨を踏まえ、現
在想定し得ない新たな技術等で、著作物の軽微利用を行う必要があるものが開発
等されたときは、第四十七条の五第一項第三号に掲げる政令について、幅広い学
識経験者、権利者、インターネット事業者、開発者等の意見のバランスも考慮し
つつ速やかに定めるよう努めること。また、当該政令により、かえって新たな技
術の開発及び提供等が制限されることがないように留意すること。

四 本法により創設される「授業目的公衆送信補償金」について、教育現場での
著作物の円滑かつ適法な利活用を促進する観点から、補償金額が妥当な水準に設
定されることに加え、その確実な徴収と適正な配分の確保が担保されるよう必要
な措置を講ずること。また、教育機関設置者が支払う補償金の負担が生徒等に転
嫁される場合に、生徒等の負担が過度にならないよう、適切な運用に努めること。

五 プログラミング教育をはじめとする教育のデジタル化が積極的に進められて
いる中で、デジタル教材の増加や授業目的公衆送信補償金の徴収事務により、教
職員の負担が増加し、政府が目指す働き方改革に逆行することとならないよう、
安価かつ操作しやすいデジタル教材の普及や授業目的公衆送信補償金の徴収事務
の簡素化について、速やかに必要な措置を講ずること。また、同措置を講ずるに
当たっては、教育の質の向上及び地域格差の解消といった点にも十分留意するこ
と。

六 本法による改正後の著作権法第三十七条第三項に規定する視覚障害者等の読
書の機会の充実を図るためには、本法と併せて、当該視覚障害者等のためのイン
ターネット上も含めた図書館サービス等の提供体制の強化、アクセシブルな電子
書籍の販売等の促進その他の環境整備も重要であることに鑑み、その推進の在り
方について検討を加え、法制上の措置その他の必要な措置を講ずること。

七 本法により、美術品等の紹介・解説のために電子機器やインターネット上に
おいて権利者の許諾なく当該著作物の複製物を利用できることとなるが、電子機
器等の特性を踏まえ、著作物の画像等が不適切に拡散されることがないよう、必
要な対策を講ずること。

八 近年のデジタル化・ネットワーク化の進展に伴う著作物等の利用形態の多様
化及び著作権制度に係る動向等に鑑み、著作物等の利用の一層の円滑化に向けて、
著作権法の適切な見直しを進めること。

特に、著作権制度の在り方をめぐり意見の相違が大きい重要課題については、国
際的動向や関係団体・利用者等の意見を十分考慮するとともに、今後の急速な技
術革新、著作物等の利用実態や社会の変化等への対応を踏まえた議論を進めるこ
と。

参院文教科学委員会「著作権法の一部を改正する法律案」 2018/05/152018-05-15

https://youtu.be/MQ2wsWWsmjA

参議院文教科学委員会「著作権法の一部を改正する法律案」参考人質疑

著作権法の一部を改正する法律案(閣法第二八号)(衆議院送付)について参考
人から意見を聴いた後、各参考人に対し質疑を行った。

発言者一覧
高階恵美子(文教科学委員長)
吉村隆(参考人 一般社団法人日本経済団体連合会産業技術本部長)
上野達弘(参考人 早稲田大学大学院法務研究科教授)
宇野和博(参考人 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)
山田健太(参考人 専修大学文学部人文・ジャーナリズム学科教授)
赤池誠章(自由民主党・こころ)
佐々木さやか(公明党)
石上俊雄(国民民主党・新緑風会)
神本美恵子(立憲民主党・民友会)
吉良よし子(日本共産党)
高木かおり(日本維新の会)
木戸口英司(希望の会(自由・社民))
松沢成文(希望の党)

衆院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/05/092018-05-09

https://www.youtube.com/watch?v=66pQIccbQRM

衆議院文部科学委員会でデジタル教科書の法定化の内容を含む、学校教育法等の
一部を改正する法律案が全会一致で承認された。なお、承認後付帯決議が付され、
これも全会一致で承認された。

--------

学校教育法等の一部を改正する法律案
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順)
 冨岡勉(文部科学委員長)
 吉田統彦(立憲民主党・市民クラブ)
 山本和嘉子(立憲民主党・市民クラブ)
 川内博史(立憲民主党・市民クラブ)
 西岡秀子(国民民主党・無所属クラブ)
 城井崇(国民民主党・無所属クラブ)
 畑野君枝(日本共産党)
 吉川元(社会民主党・市民連合)
 川内博史(立憲民主党・市民クラブ)
 山本和嘉子(立憲民主党・市民クラブ)
答弁者等
大臣等(建制順):
 林芳正(文部科学大臣 教育再生担当)
 丹羽秀樹(文部科学副大臣)