【 このブログについて 】2020-01-01

LDニュースの登録

携帯からもアサブロを閲覧できます。 http://keyaki.k.asablo.jp/blog/

催事等のお知らせは、原則として開催時期の新しい順に並んでいます。右のカレンダーの、当該の日付をクリックして閲覧ください。

最新のニュースを早く確実に受けたい方は、「LDニュース」 http://ldnews2000.web.fc2.com/ の購読登録をお勧めいたします。電子メールで最新の情報が入手できます。詳しくは下記をご覧ください。
http://archive.mag2.com/0000000592/

バックナンバーは以下のサイトです。
http://ldnews2000.web.fc2.com/bknos/BACKNS.html

RSSはこちら → http://keyaki.asablo.jp/blog/rss

草分けメルマガバナー  

■ JDDネットは本当に大丈夫なの??? どうかしてしまったの??? ■2019-12-31

2012年3月25日(日)東京の中野サンプラザにおいて、翔和学園創立10
周年記念「発達障害支援フォーラム」が開催されるそうだ。予定されている講師
の顔ぶれは以下の通りである。

【講師】(あいうえお順/敬称略)
・石井京子/テスコ・プレミアムサーチ
・市川宏伸/JDDネット
・伊藤寛晃/翔和学園
・川端秀仁/かわばた眼科
・阪本浩明/プルデンシャル生命
・重徳和彦/くにおこし@愛知
・高橋史朗/明星大学
・田島良昭/コロニー雲仙
・谷和樹 /玉川大学
・辻井正次/アスペ・エルデの会
・中村朋彦/翔和学園
・宮尾益知/国立成育医療研究センター
・向山洋一/TOSS

中でも目を引くのが、市川宏伸/JDDネット理事長。辻井正次/アスペ・エルデ
の会・JDDネット政策委員長。高橋史朗/明星大学。感性・脳科学教育研究会会
長。向山洋一/TOSS(教育技術法則化運動)代表。らである。

翔和学園の案内(http://www.showa-gakuen.net/seminar/)によると、厚生労働
省、文部科学省、JDDネットワーク、発達障害の支援を考える議員連盟、株式会
社チャレンジドジャパン、NPO法人東京都自閉症協会、プルデンシャル生命、N
PO法人ふれあい囲碁ネットワーク神奈川などが、後援をしている。

さて、高橋史朗(感性・脳科学教育研究会会長)氏は、健全な男女共同参画社会
をめざす会「なでしこ通信第41号(平成23年9月1日)」
http://www.mezasukai.com/pdf/nadesiko-41.pdf)において下記のように述べ
ています(この件については高橋史朗氏に対して別途問い合わせ中)。

「私の教え子が1年間で3人も小学校教員をやめました。このうちの1人に話を聞
くと、「担任をしている35人の子供のうち、7人が発達障害の子供だった」と言
うのです。LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症などの子供
が2割いたわけです。1人を注意していたら、他の子供が動き始めてしまうのです。
昭和40年ごろは発達障害の子供は1万人に1人、つまり0.01%でしたが、現在では
小学校で2割近くいるわけです。この40年間で大きな変化が起きています。」

また向山洋一(TOSS・教育技術法則化運動代表)氏の進める「教育技術法則化運
動」については、例えば下記のような批判があります。私は以前、TOSS関係者に
質問したことがありますが明確な回答はもらえませんでした。どうなのでしょう?

ニセ科学?道徳教育「水からの伝言」を斬るTOSS=向山洋一教育技術法則化運動
を問う http://www.kyo-sin.net/nisekagaku.htm

阪大サイバーメディア 菊池誠
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/JPSmeeting_kikuchi.pdf
「水からの伝言」と初等教育
「水の結晶」が小学校の道徳教材に
 TOSS(教育技術法則化運動)のウェブサイトを通じて、全国に広まる
 TOSSではすでに止めつつあるが、TOSS以外に広まっている
 研究授業や教師の研修会などでとりあげられる
 権威付けられて、広まる 参観授業にも使われる 自信作

辻井正次/アスペ・エルデの会・JDDネット政策委員長については、「批判対象
を明確に特定できないままで政策提言」したことですでに批判済み
http://koukaishitsumon.web.fc2.com/jddnet.html

JDDネットが後援しているということは、内容に問題なし、むしろ内容は推奨で
きるものと判断したと考えるがどうなのだろうか?NPO法人東京都自閉症協会の
名前も後援団体に見られるが、こちらへも近日中に質問をしてみたいと思う。

障害者へのICT活用研修会のご案内/東京・大阪・福岡 2017/9-2018/12018-01-14

◆障害者へのICT活用研修会のご案内

平成29年度パソコンボランティア指導者養成事業
「障害者へのICT活用研修会」の募集を開始いたしましたのでご案内をさせて頂
きます。

通常研修

第1回(東京)2017年9月2日(土)~9月3日(日)
第2回(大阪)2017年11月18日(土)~11月19日(日)
第3回(福岡)2017年12月9日(土)~12月10日(日)
第4回(東京)2018年1月13日(土)~1月14日(日)

特別研修

マルチメディアDAISY製作研修(東京)

2018年1月27日(土)~1月28日(日)

受講をご希望の方は、以下のページより、実施要綱、研修科目の概要、実施予定
をご確認の上、研修申し込みフォームよりお申し込み下さい。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/

研修内容につきましては、以下のページ「研修科目の概要」をご覧ください。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/course.html

皆様のご参加をお待ちするとともに、周知・広報のご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせ先
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
パソボラ事務局
E-mail:pcv@mx1.jsrpd.jp
TEL:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615

DAISYとEPUBそしてW3C 日本DAISYコンソーシアム河村宏氏 2017/02/172017-12-14

講演録・動画(字幕付き)

DAISYとEPUBそしてW3C 日本DAISYコンソーシアム・河村宏氏
-インクルーシブな生涯学習社会を支える電子出版規格のアクセシビリティは、
誰がどのように開発し、さらなる開発と普及を進めていくのか?-
【字幕付き】
https://youtu.be/Ix7IdZ7Y4xQ

----------【以下参考】

ICT CONNECT 21 (みらいのまなび共創会議)( https://ictconnect21.jp/
赤堀侃司会長)は、2017年のイベント第一弾として、日本DAISYコンソーシアム
の河村宏会長をお迎えし、ご講演を戴きたいと存じます。
※参加無料です。また、ICT CONNECT 21 会員の方以外でもご参加いただけます。

詳細、および参加申込は下記Webサイトより【終了】
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/event2017_01/

~日本DAISYコンソーシアム 河村宏会長 プロフィール~
東京大学理学部卒業
1970年から1997年まで東京大学総合図書館に勤務
元(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センター長
元国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所障害福祉研究部長
特定非営利活動法人支援技術開発機構副理事長
日本図書館協会障害者サービス委員
全国視覚障害者情報提供施設協会理事
障害者放送協議会著作権委員会委員長
国際リハビリテーション協会技術アクセス委員会(RI/ICTA)委員長


「情報へのアクセシビリティの確保」という表現を見ると、視覚障害者ほか、何
らかの不自由を抱えている方を対象とした方向性をイメージしがちです。

確かに、情報へのアクセスが不自由な方に対し、課題を解決する活動のことでは
あるのですが、だからといって「自分には関係ない」とは言えません。いつ、あ
なたと家族や友人が、障害を抱える身になるかわかりません。 いや、それだけ
ではなく、誰しもが齢を重ねると、視聴覚の能力が衰え、今と全く同じようには
情報に接することができなくなります。

情報へのアクセシビリティの確保は、社会の成員全員にとって、とても大切なこ
となのです。

ICTを用いて、「いつでも・どこでも・誰でも」教育の機会が与えられるような
社会の在り方は、ICT CONNECT 21 が目指そうとする姿です。

そこで、今回は、アライアンス団体の日本DAISYコンソーシアム河村宏会長をお
招きし、環境を改善して情報へのアクセシビリティを確保するという考え方をご
説明いただくとともに、DAISYの原義である「Digital Accessible Information
SYstem」(アクセシブルな情報システム)とその最新版であるEPUB3.1という国
際標準規格の役割についてのお話をしていただきます。

DAISY/EPUBで実現するアクセシブルなデジタル教科書【講演録動画】 2017/01/222017-12-14

http://kokucheese.com/event/index/438592/

講演会 DAISY/EPUBで実現するアクセシブルなデジタル教科書(第3回)

日時 2017年1月22日(日)13時30分~16時45分

会場 ウェスタ川越1F会議室2・3(埼玉県川越市新宿町1-17-17)
   東武東上線またはJR川越線川越駅西口から徒歩5分

地図 http://www.westa-kawagoe.jp/access/

主催 日本デジタル教科書学会 http://js-dt.jp/

----

当日の登壇者の講演内容と質疑応答、配付資料などを登壇者の皆様のご厚意によ
り公開させていただきました。とのことです。

DAISY/EPUBで実現するアクセシブルなデジタル教科書(第3回)【字幕付き】
https://youtu.be/7nCrXuci2fg

DAISYとEPUB3.1アクセシブルな教科書の普及に向けて【字幕付き】
河村宏(国際デイジーコンソーシアム理事)
https://youtu.be/IczqoEBAFX4

マルチメディアDAISY教科書普及状況と活用事例【字幕付き】
野村美佐子(日本障害者リハビリテーション協会)
https://youtu.be/dgtBuHD50y0

マルチメディアDAISY教科書の配信システムについて【字幕付き】
工藤智行(サイパック)
https://youtu.be/WSyU5B1HFNs

アクセシブルなデジタル教科書・教材の自動製作システムについて【字幕付き】
西澤達夫(シナノケンシ)
https://youtu.be/l7R5W8yPfeU

質疑応答と意見交換【字幕付き】
https://youtu.be/wMYItSgktqA

プレゼンテーション資料・配付資料(一部)
http://bit.ly/2jXD31P

平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座の申込は10月12日(木)まで2017-11-22

平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座の申込は10月12日(木)までです。

講義は国立国会図書館関西館、実習は各実習協力機関
実習については、大阪府立中央図書館、豊中市立岡町図書館、吹田市立千里山・
佐井寺図書館、京都ライトハウス情報ステーション、河内長野市立図書館、日本
ライトハウス情報文化センターの6館・施設については定員になりましたので募
集を終了しました。
  現在は以下の3館・施設のみ実習を受け付けております。
  11月16日(木)の堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター
  11月20日(月)の枚方市立中央図書館 
  11月22日(水)の大阪市立中央図書館 
 申込方法:講義は国立国会図書館関西館障害者図書館協力係、実習は日本図書
館協会障害者サービス委員会事務局にお申込ください。(実習のみの申込はでき
ません)詳細は、以下のホームページをご覧ください。

 [講義]国立国会図書館 視覚障害者等への図書館サービスのHP:
 http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html
 [実習]日本図書館協会障害者サービス委員会HP:
 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2017kansai.html

「第40回 総合リハビリテーション研究大会」のご案内 2017/11/11-122017-11-12

「第40回総合リハビリテーション研究大会」のご案内
総合リハビリテーションの新機軸~リハビリテーションと介護福祉の融合~

会期:2017年11月11日(土)12日(日)
会場:ボルファートとやま 2階 真珠の間(富山県富山市奥田新町8-1)
参加費:一般3,000円、学生1,000円(介助者等は無料)
※点字資料、手話通訳、要約筆記、磁気ループあり

開催趣旨:総合リハビリテーション研究大会の開催が40年という節目の年にあた
り、この間のわが国の総合リハビリテーションの進展の歴史と今後を展望します。
また、一般的にリハビリテーションや介護は人の手としての支援と考えられがち
ですが、今後の人口減少社会において、介護ロボットやIT、テクノロジーの導
入でリハビリテーションや介護福祉の分野がどのように変化するかを考えます。

申込締切日:11月1日(水)
下記アドレスより、内容の確認と参加のお申込みが可能です。
http://www.normanet.ne.jp/~rehab/2017/index.html

お問い合わせ先
(公財)日本障害者リハビリテーション協会内
「第40回総合リハビリテーション研究大会」事務局
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL:03-5292-7628 FAX:03-5292-7630
E-mail: rehab@dinf.ne.jp 担当:関

障害分野とSDGs勉強会 「インクルーシブな社会の実現を目指して」 2017/10/312017-10-31

障害分野とSDGs勉強会 「インクルーシブな社会の実現を目指して」
~他分野団体や企業の方々と、ともに知り考える~

誰一人取り残さない」ための国連・持続可能な開発目標(SDGs)達成には、
障害分野における課題解決も重要なテーマとなります。

本勉強会では、障害者団体はもちろんのこと、企業や各分野のNGO/NPOの方々と、
お互いを知り理解し合うことで、それぞれが新たな事業や支援の可能性を考え、
探っていくことを期待しています。お気軽にお越しください。

日時:2017年10月31日(火) 勉強会=13時半~16時半  交流会=17時~19時

会場:戸山サンライズ 2階 大研修室 (東京都新宿区戸山1-22-1)

費用:勉強会=無料   交流会=3,000円

主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
協賛:大阪府生活協同組合連合会、全国労働者共済生活協同組合連合会
後援:(一社)SDGs市民社会ネットワーク、日本障害フォーラム

プログラム(敬称略)

ご挨拶 内閣府、厚生労働省より(依頼中)

SDGsにおける国の最新動向
横地晃(外務省 国際協力局 地球規模課題総括課 課長)

障害分野と他分野が出会う
   モデレーター 田中恵美子(東京家政大学)

 ★他分野における事例紹介
   新田英理子(日本NPOセンター)
   林孝裕(電通ダイバーシティ・ラボ)
   野際紗綾子(AAR Japan:難民を助ける会)

 ★障害分野における取り組み紹介
   中西久美子(全日本ろうあ連盟)
   中西由起子、田丸敬一郎(障害者インターナショナル日本会議)
   橋口亜希子(日本発達障害ネットワーク)
   原田潔(日本障害フォーラム)

質疑応答
まとめ

SDGs勉強会お申込書
*締切:10月25日(水) 但し、定員50名になりしだい締め切ります。
 申込フォームに記入、FAX、メールまたはお電話等で、
下記必要事項とともに事務局へお申込み下さい。
 (会場準備のため、事前のお申し込みをお願いいたします。)
お申込先 FAX:03-5273-1523 E-mail:kokusai@dinf.ne.jp

申込みフォーム https://goo.gl/forms/Fbv8BnYH9exJrRjG3

お名前(ふりがな)
所属
連絡先 〒
電話:
FAX:
E-Mail

必要事項
□手話通訳  □要約筆記  □磁気ループ  □点字  □車いす利用
□拡大文字  □テキストデータ
介助者
□あり □なし

交流会参加
□出席  □欠席

※頂いた個人情報は、本勉強会以外の目的には使用しません。

詳細リンク先:
https://goo.gl/forms/Fbv8BnYH9exJrRjG3

電子出版アクセシビリティの現状と課題 2017/10/242017-10-24

http://kokucheese.com/event/index/488132/

EPUBは、アクセシブルな情報システム(Digital Accessible Information
System)を標榜するDAISYコンソーシアムがリードしてきました。昨年、障害者
差別解消法が施行され、電子的な出版物のアクセシビリティがますます重要にな
ってきています。アクセシビリティの問題は、文字コード、外字問題にも大きく
関わってきます。EPUBを策定したIDPFがW3Cと統合するなど、世界的にも大きな
動きがあります。今回のセミナーは、その現状を理解し、課題を認識するために
企画しました。(村田)

●司会進行 村田 真氏(JEPA CTO、APL a11y WGリーダー)

●第1部:「情報アクセシビリティの現状とマイクロソフトの取り組み」
●講師:大島 友子氏(日本マイクロソフト)、柳 明生氏(イースト)
●概要:国連障害者権利条約の批准、障害者差別解消法の施行、デジタル教科書
の導入など、”読むこと”に困難のある人を取り巻く環境は大きく変わってきて
います。このセッションではその現状のご説明と、音声読み上げソフト
WordTalker、UDデジタル教科書体、EdgeやOfficeの読上げ機能など最新の取り組
みをご紹介します。

●第2部:「デジタル化による視覚障害者の読書環境の向上と課題」
●講師:中根 雅文氏(慶應義塾大学)
1990年代半ば頃より、研究者、開発者、全盲の視覚障害があるユーザーの立場か
らアクセシビリティに関する様々な活動に取り組む。
1997年から2001年にかけてWorld Wide Web Consortium (W3C) のWeb
Accessibility Initiative (WAI) に参加し、Web Content Accessibility
Guidelines (WCAG) 1.0 の策定に関わる。
Webアクセシビリティーの指針を定めるJIS X 8341-3の2010年および2016年改定
時には原案作成委員会に参加。
ウェブアクセシビリティ基盤委員会WG2委員
アクセシビリティーの情報サイト「AccSell」主催
慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任助教
●概要:
このセッションでは、視覚障害者の読書環境の変遷を概観し、その現状を紹介し
ます。
まずアナログ時代の読書環境に触れながら、視覚障害者の書籍利用の特徴を説明
します。
続いて視覚障害者の読書環境のデジタル化と一般の電子書籍利用についてデモを
交えて現状を紹介し、全盲の視覚障害者の立場で感じている問題について明らか
にします。

日時:10月24日(火) 15:00-17:30(14:30受付開始)
料金:JEPAとCITPC会員社:無料、非会員社:3000円
会場:麹町/紀尾井町:株式会社パピレス 4階セミナールーム
主催:日本電子出版協会(JEPA)+文字情報技術促進協議会(CITPC)
協力:Advanced Publishing Laboratory(APL)
※JEPA会員社は下記URLに記載されている企業・団体のみです。
http://www.jepa.or.jp/member_company/
会員社の法人構成も複雑になり、事務局で把握することが困難となりました。関
係会社それぞれが個別に会員になられている場合もありますので、JEPA会員社リ
ストに社名掲載の企業・団体以外は原則的に「非会員」とさせていただきます。
会員登録企業のグループ会社でセミナー参加希望の方は、申込時会員登録企業名
で申し込んでください。

※非会員は当日3000円を会場受付でお支払いください。宛先無記名の領収書を発
行します。
※お申込み頂いたメールアドレスはJEPA主催のセミナー紹介にのみ利用させてい
ただきます。

「第103回 全国図書館大会」国立オリンピック記念青少年総合センター 2017/10/12-132017-10-13

10月12日(木曜日)と13日(金曜日)、いよいよ、「第103回 全国図書館大会」
が東京で開催されます。
http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/

10月13日(金曜日・2日目)の障害者サービス分科会では午前と午後にテーマを
設定して開催します。
障害者サービスの分科会は9月22日までの事前申込で、午前の分科会は一般参加
者:79名、講師・運営委員9名、午後の講師で午前参加4名で合計92名
午後の分科会は一般参加者40名、講師・運営委員13名、午前の講師で午後参加1
名の合計54名です。

当日参加が可能ですので是非みなさま障害者サービス分科会にご参加ください。
第103回全国図書館大会 当日参加受付について
http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/news/archives/15

午前:第9分科会 障害者サービス1 ディスレクシアなど学習障害を含む発達障
害者・児への図書館サービス
http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/subcommittee/section09

午後:第10分科会 障害者サービス2 LLブックやLL版利用案内を中心とした知的
障害者への図書館サービス
http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/subcommittee/section10