ディスレクシアの子どもたちへの読みの支援 ‐ DAISY を使ってみよう/ゲートシティホール・ゲートシティ大崎 2008/11/012008-11-01

ゲートシティホール ゲートシティ大崎 地下1階(品川区大崎)

主催者からのご案内です。

------------------

「ディスレクシアの子どもたちへの読みの支援‐DAISYを使ってみよう」

日 時:2008年11月1日(土)10時00分~17時00分まで
主 催:(財)日本障害者リハビリテーション協会
協 力:NPO法人エッジ・(社)日本国際児童図書評議会・ゲートシティ大崎
助 成:独立行政法人 福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」
参加費:無料
定 員:400名

会 場:ゲートシティホール ゲートシティ大崎 地下1階(品川区大崎)
*JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線「大崎駅」
 下車、南口改札(新東口)より徒歩約1分
 東急バス(渋41)「大崎駅」下車
http://www.gatecity.jp/access/index.html

趣 旨:日本ではあまり知られていませんが、字を読むことに困難な人たち(デ
    ィスレクシア)がたくさんいると考えられています。怠けていると思わ
れることがしばしばありますが、早期から自分にあった情報や教育支援を受け、
学習方法を見出すことができれば、自尊心を失うこともなく、その才能を伸ばし
ていくことができます。
そのような子どもたちへの読みを補助し、読みやすい学習教材や図書を作成する
ために、DAISY等の情報技術が有効だと考えられます。ディスレクシアへの理解
とその支援としてDAISYを知ってもらうために講演会や体験会などのイベントを
開催します。

【講演会】

開会の挨拶

基調講演
 DAISYを利用したディスレクシア支援
  河村宏(国立身体障害者リハビリテーションセンター特別研究員)

ディスレクシアを知ったときの驚き・親の立場から
  末盛千枝子(日本国際児童図書評議会副会長)

ディスレクシアに対する支援-当事者の立場から
  藤堂高直(建築家)

ワークショップ報告ビデオ上映

 --昼食--

ディスレクシアとマルチメディアDAISY
 -当事者そして教育者の立場から
  神山忠(岐阜県立関特別支援学校教諭)

ディスレクシアへのDAISYの有効性-発表1
  山中加奈(兵庫県LD親の会 たつの子 副代表)

ディスレクシアへのDAISYの有効性-発表2
  田中和美(公立中学校コーディネーター)

 --休憩--

意見交換会「DAISY図書はどうやったら手に入るのか?」
 指定討論者:
  井上芳郎 (LD親の会・公立高校教諭)
  樋口一宗(文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課
          特別支援教育調査官 発達障害教育担当)

--閉会--

(発表者、順序等は予告なく変更になる場合もあります)

★同時開催★

●DAISYワークショップのビデオ上映、作品展示
 ディスレクシアの子どもたちにDAISYの楽しさを知ってもらうワークショップ
を事前に開催し、その様子を撮影したビデオを上映。同時に子どもたちが自由に
描いた絵とDAISY化した作品の展示を行います。

●DAISY体験・相談コーナー
 実際にDAISY図書を体験したり、ディスレクシア児を対象とした教材や図書作
成について相談にのるコーナーを設けます。

●DAISYに関わる機器展示
 ハードウェア、ソフトウェアの展示

●ディスレクシアの画家マッケンジー・ソープ氏絵画展
 ご自身がディスレクシア(文字の読み書きが困難な症状)でありながらも成功
した画家マッケンジー・ソープさんの絵画展を開催します。

*パソコン要約筆記あり。手話通訳・点字資料・磁気ループが必要な方は申込み
の際にご記入ください。

講演会&イベント
(2008年11月1日 ディスレクシアの子どもたちへの読みの支援-DAISYを使ってみ
よう-)お申込み

下記にご記入の上、FAX(03-5273-0615)またはメールdinf-j@dinf.ne.jpまでお
申込み下さい。

□お名前(ふりがな)
□ご所属
□ご連絡先
□〒
□住所
□Tel
□FAX
□e-mailアドレス

下記に該当します(該当するものに○を付けてください。)
1)車イス使用
2)手話通訳が必要
3)点字プログラムが必要
4)磁気ループが必要
5)その他

※ ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情
報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づきシンポジウ
ム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると
判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場
合はその旨お知らせください。

申込先・問合せ:(財)日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内
TEL:03-5273-0796 / FAX:03-5273-0615 /e-mail: dinf-j@dinf.ne.jp
URL: http://www.normanet.ne.jp/info/seminar081101.html
担当:有田・太田・吉広・野村

<21年度概算要求>(新規) 文部科学省「発達障害等に対応した教材等の在り方に関する調査研究事業」2008-11-03

平成21年度要求額 105,816千円 (新規)

発達障害等のある児童生徒は個々によって様々な困難※を抱えており、教科学習
に大きな障害が生じている。
※「読む」「書く」等の学習に必要な能力の習得における困難、発達段階に不釣
 り合いな注意力の欠落・多動性・衝動性等

「障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に関する法
律」の成立
第七条 国は、発達障害その他の障害のある児童及び生徒であって検定教科用図
書等において一般的に使用される文字、図形等を認識することが困難なものが使
用する教科用特定図書等の整備及び充実を図るため、必要な調査研究等を推進す
るものとする。

 教科学習を行う上で、障害の特性等に応じた、
                   教科用特定図書等の活用が不可欠!

<21年度概算要求>(新規)

「発達障害等に対応した教材等の在り方に関する調査研究事業」

【趣 旨】
  発達障害等の子どもの障害特性に応じた教科用特定図書等の在り方、及びそ
 れらを利用した効果的な指導方法や教育的効果等についての実証的研究を行い、
 発達障害等のある児童生徒の困難の改善を図る
【実施主体】 大学、研究所、教科書会社等
【委託件数】 6団体
【研究内容】
  1.発達障害等の障害特性に応じた教科用特定図書等や教材の在り方
  2.教科用特定図書等や教材を使用した効果的な指導方法
  3.教科用特定図書等や教材を通常学級で活用する際の配慮 等

成 果 障害のある児童生徒の教科学習等における困難の改善、学習意欲や学力
    の向上、自立と社会参加の促進

【テレビ】NHK「ニュース9」 重度知的障害者雇用 2008/11/03 21:00-2008-11-03

毎日新聞の野沢さんからのお知らせだそうです。

------------

 11月3日 午後9時~NHKの「ニュース9」で、重度の知的障害者が働く
「トーマツチャレンジド市川オフィス」のことが特集で放送される予定です。観
葉植物を南房総の高齢農家の協力で育て、東京の企業のオフィス内緑化をするこ
とを目指して、この春にスタートしました。NPO法人「千楽」が設立から運営
までバックアップしています。

【テレビ】テレビ東京系 「障害者に働く喜びを」 2008/11/03 22:00-2008-11-03

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/index.html

----------------

放送日:11月3日(月・祝)22:00~

放送局:テレビ東京系

「障害者に働く喜びを」 

ゲスト:大山泰弘(おおやま・やすひろ)氏 日本理化学工業 会長

【放送内容】不況にあえぐ中小企業にあって、社員の幸せを考えつづけている会
社がある。神奈川県川崎市にある「日本理化学工業」だ。そこで働くのは知的障
害者たち。この会社の従業員は74人のうち54人が知的障害者だ。しかも重度の
人が半数以上を占めている。障害者の雇用を積極的に進める企業の中でも、草分
け的な会社だ。--略

沖縄発達支援研究会保護者部会学習会/県立南部医療センター 2008/11/042008-11-04

https://sites.google.com/site/hattatsuken/Home/dai-ichi-kai-hogo-sha-kai-no-oshirase

--------------------

沖縄発達支援研究会保護者部会 第1回学習会のお知らせ
「子どもの可能性と笑顔を輝かせる親の手つなぎ」
講 師:大迫より子先生 (鹿児島子ども療育センター所長)

日 時:11月4日(火曜日) 午前10時から12時まで

場 所:県立南部医療センター・こども医療センター2階大講堂

対 象:障害をもつ子どもの保護者さん、あるいは、発達が気になる子どもの保
    護者さん (支援者の方々はご遠慮ください)

参加費:無料です。参加登録も不要です

問合連絡先(本当に必要な時だけにしてください!)
 こども医療センターこころの診療科
 kokoroka717あっとまーくyahoo.co.jp
※託児の用意はありません

「こどものもり」kinderwald.com の作品紹介 奈良県 なかじまゆたか2008-11-07

ご案内をいただきました。

----------------------

私は、先天性の下肢障害を持って生まれました。そして、幼少時は療養のため入
院と施設での生活を繰り返し、そのため充分な学力もつけられませんでしたが、
週一回会うたびに母から差し入れてもらう一冊の本が私を楽しませてくれました。
それはグリム童話でした。

このグリム童話や物語、絵本は動けない私を楽しい夢の世界に運んでくれました。
お話は私にいろんな出会いを与えてくれました。それはつらさを忘れる唯一のひ
とときでした。グリムの世界ではいつも私は主人公でした。そして本は学校に行
けないわたしにとって教師であり、また友でもありました。私は子ども心に「主
人公はヒーローだ。だから、泣かない。障害には負けないぞ」とがんばりました。
そして、今も、どんどん空想の世界、楽しい世界を広げ、幼いころから好きだった
絵を描くこと、お話を創ることを続けております。

そして私の心の支えとなったグリム童話にあこがれてグリム兄弟の国「ドイツ」
を訪問し、たくさんの人と接した風景や生活などを、いろんな空想を膨らませて
います。私は、幼い頃から今まで、私に生きる素晴らしさを、明日への希望を与
えてくれた絵本を、
「世界の子どもたちが好きになってほしい」
「お話を作る喜びを子どもたちに伝えたい」
「幼いころから持ち続けたお話に対する憧れをいつまでも持ち続けてほしい」
と思ってメールしました。

子どもたちにホームページ「こどものもり」kinderwald.com の作品紹介に載せて
ありますお話を、子どもたちに読んであげていただければ幸いです。

    奈良県橿原市 なかじまゆたか
    http://www.kinderwald.com/

━━━━━━━━━━━

おやすみなさいのそのまえに―なかじまゆたかの世界 なかじま ゆたか
価格:¥ 1,575(定価:¥ 1,575)
http://www.amazon.co.jp/dp/4434111728/ref=nosim/?tag=ldns-22

平成20年度特別支援教育と脳科学セミナー/国立オリンピック記念青少年総合センター 2008/11/082008-11-08

国立オリンピック記念青少年総合センター

http://www.nise.go.jp/blog/nokagaku.html

----------------

平成20年度 特別支援教育と脳科学セミナー
PDF版はこちら http://www.nise.go.jp/kadaibetsu/nokagaku/nokagaku2008.pdf

◆趣 旨 脳科学の研究は近年著しい進歩を遂げつつあります。その成果を教育
     に活かすことと、教育に活かせる脳科学研究を進めることが、我が国
の政策として示されています。一方で脳科学に関する、必ずしも十分な科学的根
拠を持たない情報や、十分な検証がなされていない情報の流布も少なくない現況
があります。
 この状況を踏まえ、国立特別支援教育総合研究所では特別支援教育と脳科学に
関する最新の正確な情報を分かりやすく提供するとともに、特別支援教育と関連
した脳科学の発展を推進していく活動の一環として本セミナーを企画しました。
 近年最も注目されている脳科学の研究分野である分子生物学とヒトの脳機能画
像研究の第一人者より、自閉症に関する最新の脳科学の研究成果を講演していた
だきます。さらにそれを基に教育・医療・保護者の立場から、日頃の疑問点を専
門家に聞くと同時に、自閉症のある人をどのように教育・治療・養育するかの課
題に直面している立場から、脳科学が現在及び将来どのように役立つのか、そう
なるような研究のためには関係者がどのように協力していけるのか、について話
し合います。平成20年度から世界自閉症啓発デーが制定されたこともあり、時期
を得た話題だと思います。

主 催 国立特別支援教育総合研究所 (要事前登録:参加無料)
     参加申込書はこちら
     http://www.nise.go.jp/kadaibetsu/nokagaku/H20mousikomisho.pdf

定 員 200名 (定員になり次第締め切ります)

日 時 平成20年11月8日(土) 午前10:00 開始 (9:30より受付開始)

場 所 国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室
 住所:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
 TEL :03-3469-2525

プログラム
【第1部】 自閉症の脳科学と支援(10:00?12:55)
 10:00 セミナーの趣旨 教育と脳科学の橋渡し(bridging)と今後の展望
     西牧 謙吾 (国立特別支援教育総合研究所)
 10:10 自閉症の分子遺伝学的研究の展望
     渥美 義賢 (国立特別支援教育総合研究所)

 遺伝分子生物学の基礎的情報、自閉症の遺伝分子生物学的研究の現状について
の全般的な情報と講演者の最新の研究成果を報告します。

 11:00 自閉症の脳機能画像研究
     桑原 斉 (東京大学医学部附属病院精神神経科)

 自閉症の脳機能画像研究の全般的な研究成果を含めて、NIRSを用いた講演者の
最新の脳機能画像学的研究成果を報告します。

 12:05 自閉症の理解・支援と脳科学-医療臨床と教育と保護者の立場から-
     桑原 斉 (東京大学医学部附属病院精神神経科)
     今井 忠 (日本自閉症協会東京都支部)
     渥美 義賢 (国立特別支援教育総合研究所)
     小澤 至賢 (国立特別支援教育総合研究所)

 教育・医療・保護者の立場から、日頃の疑問点を専門家に聞いて正確な情報を
共有することを目的の一つとしています。さらに、自閉症のある人をどのように
教育・治療・養育するかの課題に直面している立場から、脳科学が現在及び将来
どのように役立つのか、そうなるような研究のためには関係者がどのように協力
していけるのか、について会場の参加者を交えて話し合います。

 12:55 昼休み・昼食

【第2部】 脳機能画像研究の可能性(14:00-16:20)
 14:00 乳幼児教育の脳科学
     多賀厳太郎 (東京大学大学院教育学研究科)

 講演者の乳幼児の学習に関する研究成果を中心にNIRSを用いた乳幼児の早期教
育に関する脳機能画像学的研究の可能性について報告します。

 15:00 リハビリの脳科学
     宮井一郎 (森之宮病院)

 運動障害のリハビリによる機能回復と関連した脳機能についての講演者のNIRS
を用いた脳機能画像学的研究成果を報告してもらうと共に、運動時におけるNIRS
記録の方法について報告します。

16:20 終了

国立のぞみ園 発達障害-その多様性と向き合う/高崎 2008/11/07-082008-11-08

http://www.nozomi.go.jp/seminar/nozomi_seminar/'20/nozomi_seminar'20_01.html
http://www.nozomi.go.jp/seminar/nozomi_seminar/'20/_gazo/seminar2008_No1_full.pdf

------------------

国立のぞみ園福祉セミナー2008 発達障害~その多様性と向き合う

日 時 2008年11月7日~8日

会 場 ホテルメトロポリタン高崎

参 加 費 8,000円 (昼食費、宿泊費含まず)
     4,000円 (情報交換会参加費 : 希望者)

学齢期支援のあり方を考える~めざすべきは成人期~2、高機能(知的障害をともなわない)発達障害児への支援/東京都庁都議会議事堂 2008/11/082008-11-08

平成20年度 発達障害のある人への理解と支援 PART4
学齢期支援のあり方を考える~めざすべきは成人期~
2、高機能(知的障害をともなわない)発達障害児への支援

主 催:東京都、東京都発達障害者支援センター

日 時:平成20年11月8日(土)13:00~16:30

会 場:東京都庁都議会議事堂 1階都民ホール
     ☆土曜日のため、出入り口は中央通り沿い1カ所になります。

プログラム
 13:05~13:50 「当事者からみた学校教育」
     話題提供者:当事者(成人)2名予定
     聞き手:石井哲夫(東京都発達障害者支援センターセンター長)
 13:50~14:50 「特別支援教育の今」
     講師:黒川君江(東京都文京区立小日向台町小学校教諭)
     聞き手:石橋悦子(東京都発達障害者支援センター主任支援員)
 15:00~16:30  シンポジウム「学齢期に必要とされる支援とは」
     シンポジスト:黒川君江
     田中雅子(東京都立高島特別支援学校 教諭)
     高柳公一(エポック個別指導会 代表取締役)
     コーディネーター:石井哲夫

定 員:200名(要予約)

参加費:無料

申し込み先:東京都発達障害者支援センター
   電話 03-3426-2318  FAX 03-3708-7242
   MAIL tosca@kisenfukushi.com

<詳細> http://www.tosca-net.com/kouza201108.pdf

保護者も教師もみんなで作る『個別の指導計画』 e-IEPワークショップ/東京 アットマーク・ラーニング 2008/11/082008-11-08

     「保護者も教師もみんなで作る『個別の指導計画』」
     ~ e-IEP体感ワークショップ ~ e-IEP勉強会@東京

 特別支援教育の導入以来、日本でも「個別の指導計画」の重要性が指摘される
ようになりました。「個別の指導計画」はアメリカでは「IEP(アイ・イー・ピー
= Individualized Education Plan)」と呼ばれ、障害のある子どもの指導に広く
活用されていますが、日本ではまだまだ作成・活用のノウハウも確立されていな
いのが実情です。
 また、発達状態などの評価や指導方針の検討は、学校をはじめ、教育相談、巡
回指導、医師ほか日ごろその子どもに関わる人が連携して行うことが推奨されて
はいても、実際には、学校では特別支援担当者に一任されていたり、外部の関係
者まで参加しているケースは少なく、さらには保護者へ支援の詳細が知らされて
いない例も少なくありません。
 一方、保護者は、わが子の教育・療育に関わる複数の相手それぞれに同じこと
を繰り返し話さなければならない、ある関係者からの助言を別の関係者へ伝える
際に微妙な誤差や行き違いが生じる、学校と家庭とで子どもの行動が異なるため
学校の指導の力点が親の願いと食い違う…などの苦い経験から「親も含めたすべ
ての関係者と相互に連携できれば」ということは、切実な願いでもありました。

 【e-IEP】(文部科学省・平成19年度「先導的教育情報化推進プログラム」採択)
は、支援の必要な子どもに関わる人々をネットワークで結び、関係者みんなで
「個別の指導計画」を作ることを応援するオンライン・ツールです。参加する各
自が直接、所見や情報を入力することで、伝聞による情報のブレを排除でき、さ
まざまな立場からの情報を共有できるため、情報の「死角」も少なくなり、一人
ひとりの特性に応じた的確な指導の方向性を見極めていけます。
 「子どもを見守る目は多いほどよい」と言われますが、それぞれがバラバラに
見ているだけでは十分ではありません。ぜひ、一人でも多くの人が【e-IEP】を
通じて連携し、質の高い「個別の指導計画」を共有して、日々の支援に活かして
いきましょう。

 今回の勉強会は【e-IEP】開発サブリーダーである兵庫教育大学名誉教授・成
田滋 氏を講師に招き、実際にパソコンでe-IEPにアクセスして、【e-IEP】の実
際を体感するワークショップです。

主 催 東京都認可NPO法人・日本ホームスクール支援協会
    就労支援推進ネットワーク

日 時 2008年11月8日(土) 13:00受付 13:15~16:00

場 所 東京都品川区北品川5-12-4 山泉ビル2F
    アットマーク・ラーニング
    http://www.at-learn.co.jp/access.html

対 象 保護者、学校関係者、行政関係者、教育関係者、医師、ボランティア、
    学生など、支援の必要な子どもと関わるすべての方、および、特別支援
    教育に関心のある方

参加費 一般1,500円 主催・後援団体・学生1,000円
    *当日受付にてお支払いください。

定 員 15名 *定員に達し次第、受付を締め切ります。

<日 程>
 13:00~   受付開始
 13:15-13:30 参加者自己紹介
 13:30-15:00 「保護者も教師もみんなで作る『個別の指導計画』」
         ~ e-IEP体感ワークショップ ~
         成田滋氏(兵庫教育大学名誉教授、本会理事長)
 15:00-15:15 休憩
 15:15-15:45 質疑応答
 15:45-16:00 全体ふりかえり

 進 行:小林浩一(日本ホームスクール支援協会 事務局長)

<お申し込み方法>
 1)お名前、2)都道府県名、3)所属または職業(保護者、教員、学生、小児科
 医、塾講師 など)、4)メールアドレス、5)連絡先電話番号

以上の項目を添えて、Eメールまたはお電話にてお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込みは

東京都品川区北品川5-12-4 山泉ビル3F 日本ホームスクール支援協会
 電話  03-3446-2541(担当:日野)
 メール seminar@homeschool.ne.jp (@を半角に直して送信ください)

【日本ホームスクール支援協会とは】
 HoSAは、学業の機会を失った多くの子供たちの学習の機会を保証するためにホ
ームスクールの地位の向上、社会的認知の向上、保障そしてホームスクール実践
者に対する支援を目的として設立。

 ホームスクールの子どもたちが、個性にあった最善の教育を受け、人との交流
を十分に体験し、安心して地域社会の中で活動できるよう、HoSAは、学習をサポ
ートし、交流の機会を設け、ホームスクールの啓蒙をはかるため、コミュニティ
ー、教育界、企業に広く働きかけることを目指している。

【就労支援推進ネットワークとは】
 働きたい人がその個性にあった最善の就労サポートとキャリア教育を受け、安
心して就労できることを支援します。また、障がいを持った当事者、保護者、学
校、受入れ企業などの関係する人々が交流できる機会を設け、関係するすべて人
たちの悩みを解決することをめざします。