視覚障害者等へ情報提供ネットワークシステム「サピエ」 2010/04/012010-04-01

http://current.ndl.go.jp/node/16028

Posted 2010年4月1日

2010年4月1日から、視覚障害者への情報提供ネットワークシステム「サピエ」が
開始されています。そのサービスの一つ「サピエ図書館」では、点字図書・録音
図書の書誌データベースの検索ができるようになっています。--略

サピエ
https://www.sapie.or.jp/

サピエ図書館
https://library.sapie.or.jp/cgi-bin/CN1MN1?S00101=S00MNU01

「サピエ」視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害の方へ情報提供2010-04-01

https://www.sapie.or.jp/contents/what_is_sapie/

サピエとは?
「サピエ」は、視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害のある方々に対して
点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報などさまざま
な情報を提供するネットワークです。「サピエ」は、日本点字図書館がシステム
を管理し、全国視覚障害者情報提供施設協会が運営を行っています。

「サピエ」は、視覚障害者等の個人会員が約6000人利用しています。また、全国
の視覚障害者情報提供施設(点字図書館)や公共図書館、ボランティア団体、大学
図書館など、約205の施設や団体が加盟して、視覚障害者等への情報サービスを
行っています。(2010年4月現在)

音声などでもわかりやすいホームページから、膨大な点字・録音書誌情報の検索
をはじめ、点字データ・デイジーデータなどがダウンロードでき、以下のような
さまざまな情報が得られます。

個人会員の利用料金は無料です。施設・団体会員は、年間4万円、書誌データの
アップロード・ダウンロードのみの場合やボランティア団体は年間2万円で利用
できます。

サピエ図書館
点字・録音図書の書誌情報は全国最大!
「サピエ図書館」は、全国のサピエ会員施設・団体が製作または所蔵する資料の
目録ならびに点字・音声図書出版目録からなる、点字図書や録音図書の全国最大
の書誌データベース(約47万件)として、広く活用されています。

書誌データの宝庫、視覚障害者等も読書の自由
デイジーデータのダウンロードやストリーミングができます。

10万タイトルに及ぶ点字データを保有しており、その数は毎年9000タイトル以上
も増加し続けています。

個人会員になると、この点字・デイジーデータを、全国どこからでもダウンロー
ドでき、多様な資料を手にすることができます。読みたい本を自由に選んで、直
接点字・デイジーデータを得られますので、視覚障害者等の読書の自由が広がり
ました。

また、「オンラインリクエスト」を利用すると、簡単な操作で自宅から点字図書
や録音図書の貸し出しを図書館に依頼でき、図書館側の処理も簡単にできます。

「サピエ」(視覚障害者等への情報提供)の利用規約(個人)から抜粋2010-04-01

https://www.sapie.or.jp/contents/what_is_sapie/sapie_kiyaku_kojin.html

第2章 利用
サービスの内容
第2条 「サピエ」は、視覚障害者等への総合的な情報の提供を図るため、次のサ
ービスを行う。

1.点字・デイジー等のデータ及び書誌情報を提供する「サピエ図書館」サービス
2.暮らしに役立つ情報を提供する「地域・生活情報」サービス
3.その他、便利で即時性のあるインターネット環境を提供するサービス

第3章 会員
会員の要件
第3条 本規約における会員は、「サピエ」の参加施設・団体の利用登録者であっ
て、本人もしくは支援者の協力の下、本サービスの利用に必要な機器を用いてイ
ンターネットに接続可能な視覚障害者等とする。

2 前項の「視覚障害者等」とは、著作権法第37条第3項で『視覚障害者その他視
覚による表現の認識に障害のある者(以下この項及び第102条第4項において「視
覚障害者等」という。)』と定義された個人を指す。

3 会員は、本サービスを利用するに当たって、本規約第8条に定める範囲で個人
会員の登録情報が開示・利用されることに同意するものとする。

会員の種類及び機能
第4条 前条第2項で定める個人が「サピエ」を利用する際の会員の種類は次のと
おりとする。

1.A会員 視覚障害者
2.B会員 A会員以外の者

2 前項の会員が利用できるサービスは次のとおりとする。

1.A会員 本サービスが個人に向けて提供するすべてのサービス
2.B会員 「サピエ図書館」におけるオンラインリクエストによる所蔵施設からの
直接郵送借り受けを除く、本サービスが個人に向けて提供するサービス

第5章 配信サービスの制限等

データの形式
第17条 「サピエ図書館」で提供するデータは次の各号に定めるものとする。

1.点字データ 点字編集システム(BES・BE)、及びエーデル
2.デイジーデータ 音声デイジー・テキストデイジー・マルチメディアデイジー

2 「地域・生活情報」等で提供するデータは前項で定めたデータに限らない。

3 「サピエ」で提供するデータ形式は、会員に予告した上で、変更することがで
きる。

教科書デジタルデータの提供に関する実施要項 文科省 2010/03/182010-04-01

http://shibuya.cool.ne.jp/ldnews/pdf/20100318.pdf

教科書デジタルデータの提供に関する実施要項

                 平成21年2月10日 文部科学大臣決定
            平成21年4月1日改正 平成22年3月18日改正

1.趣旨
本要項は、障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に
関する法律(平成20年法律第81号。以下「法」という。)第5条並びに同法
施行規則(平成20年文部科学省令第29号)第1条及び第2条に基づき、教科
用図書発行者が発行する教科用図書に係る電磁的記録(以下「教科書デジタルデ
ータ」という。)について、これを教科用図書発行者がデータ管理機関(文部科
学大臣又は文部科学大臣が指定する者をいう。以下同じ。)に対して提供する手
続及びデータ管理機関が教科用特定図書等の発行をする者に対して提供する手続
について定めるものである。

2.対象
本要項に定める手続の対象となる提供すべき教科書デジタルデータの種目及び範
囲は、以下のとおりとする。

(1)種目
学校教育法(昭和22年法律第26号)第34条第1項(同法第49条、第62
条及び第70条第1項において準用する場合を含む。)に基づき小学校、中学校、
高等学校及び中等教育学校において使用される教科用図書の教科に係るすべての
種目

(2)範囲
教科用図書の本文、図・写真、脚注、表紙など、教科用図書に掲載されているも
のすべての教科書デジタルデータ

3.具体的手続
教科書デジタルデータの提供に係る具体的手続は、以下のとおりとする。

(1)提供希望データの届出
(ア)教科用特定図書等の発行をする者で次のいずれかに該当する者は、データ
管理機関に対し、使用(教科用特定図書等を発行するための使用に限る。)を希
望する教科書デジタルデータの種類について、別に定める様式により届出を行う。

[1] 教科用拡大図書を製作する者
[2] 教科用点字図書を製作する者
[3] 音声読み上げのコンピュータソフトを利用した教材(教科用図書に準ずる
  ものと認められるものに限る。)を、障害のある児童生徒に向けて製作する
  非営利団体
[4] 教科用拡大図書を製作する高等学校及び特別支援学校(視覚障害等)高等
  部(以下「高等学校等」という。)
(イ)3.(1)(ア)[4]は、データ管理機関へ届出を行った際、公立の高等
学校等については当該高等学校等を設置する教育委員会、私立の高等学校等につ
いては当該高等学校等を設置する学校法人の理事長、国立大学法人に附属して設
置される高等学校等については当該国立大学の学長(以下、「設置者」という。)
に対して、別に定める様式により報告を行う。

(2)高等学校等における教科用拡大図書の発行
高等学校等における教科用拡大図書の発行には、授業の進捗状況や一人一人の生
徒の見え方等に応じた対応をするため、一単元毎の製作や、データの一部分の拡
大複製も含まれるものとする。

(3)要提供データの通知
データ管理機関は、(1)の届出を踏まえ、教科用図書発行者に対して、提供を
要する教科書デジタルデータの種類について、別に定める様式により通知する。

(4)教科用図書発行者からデータ管理機関へのデータ提供
教科用図書発行者は、データ管理機関に対し、(3)により通知された種類の教
科書デジタルデータを提供する。
この場合において、データの提供はPDF形式のファイル(別に定める仕様に基
づくものとする。)により行うほか、可能な限りテキスト形式のデータも提供す
ることとする。また、正しく表現されず、適切な活用ができない図や写真等の画
像データについては、必要に応じ、JPEG形式のファイルを併せて提供する。
なお、当該ファイルを提供する際には、教科用図書の内容が正しく表示されるか
を、責任をもって確認すること。

(5)データ管理機関から教科用特定図書等の発行をする者へのデータ提供
データ管理機関は、(4)により提供された教科書デジタルデータについて、教
科用特定図書等の発行をする者の要望に応じ、教科用特定図書等の製作上必要な
範囲においてデータ形式の変換を行った上で、(1)の届出を行った者に対し、
当該届出のあった種類の教科書デジタルデータを提供する。
なお、高等学校等へデータを提供した際には、別に定める様式により、設置者に
対して、提供した教科書デジタルデータの情報等を報告する。

(6)使用制限承諾書の提出
他の用途への流用や第三者への流出を防止するため、(5)により教科書デジタ
ルデータの提供を受ける者は、データ管理機関に対し、別に定める様式により、
教科書デジタルデータの使用制限承諾書を提出する。

(7)発行完了報告書の提出
データの利用状況を明らかにするため、教科書デジタルデータの提供を受けて、
教科用特定図書等(法第10条及び義務教育諸学校の教科用図書の無償に関する
法律(昭和37年法律第60号)第3条の規定に基づき無償給付の対象となるもの
を除く。)を発行した者は、データ管理機関に対し、別に定める様式により、発
行完了報告書を提出する。

4.その他
(1)施行期日
この要項は、決定の日から施行する。

(2)データ管理機関
文部科学大臣が本要項に基づくデータ管理機関の業務(データの受領、提供、変
換、廃棄及び活用に関する助言など)を行う場合は、必要な事務は文部科学省初
等中等教育局教科書課において行うものとする。
なお、文部科学大臣は、データ管理機関における業務を、第三者に委託して実施
することができるものとする。

(3)費用
(ア)教科用特定図書等の発行をする者が、教科書デジタルデータの提供を受け
るにあたっては、3.(1)、(6)及び(7)の書類の提出に係る通信費用の
みを負担するものとする。

(イ)3.(4)の教科用図書発行者からデータ管理機関への教科書デジタルデ
ータの提出に係る通信費用は、教科用図書発行者の負担とする。

(4)高等学校等への指導、助言
(ア)データ管理機関は、教科書デジタルデータの提供を受けた高等学校等に対
して、データ提供情報を把握し、データの活用方法や他目的への流用防止等に関
する助言等を行う。
また、高等学校等が提出した3.(6)の使用制限承諾書の他の用途への流用及
び第三者への流出に該当する疑いがあると認められるときは、設置者との連携の
もと、その利用状況について調査をできるものとする。

(イ)データ管理機関は、設置者に対して、データの活用方法や他目的への流用
防止等に関する助言等を行う。

(ウ)設置者は、報告を受けた高等学校等に対するデータ提供情報を把握し、デ
ータの活用方法や他目的への流用防止等に関する指導、助言を行う。
また、高等学校等が提出した3.(6)の使用制限承諾書の他の用途への流用及
び第三者への流出に該当する疑いがあると認められるときは、その利用状況につ
いて調査を行う。

(エ)データ提供を受ける高等学校等は、データ管理機関及び設置者からデータ
の活用方法や他目的への流用防止等に関する助言等を受けるものとする。

大人のアスペルガーを考える <1>当事者 対人関係ずっと違和感2010-04-02

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2010040202000117.html

「変わってる!?」と言われて 大人のアスペルガーを考える <1>
当事者 対人関係ずっと違和感 2010年4月2日

 「これって、私のことじゃないの?」

 大阪府柏原市の主婦松村りかさん(45)は五年前、「アスペルガー症候群」
の本にくぎ付けになった。

 「幼少時、同じ道を通ることにこだわった」「周りの雰囲気が読めず、しつこ
く主張して友達に嫌われた」「予想が付かないとパニックになる」-。どれも自
分に当てはまった。

 松村さんは幼いころから対人関係に苦しみ、小学校ではいじめも受けた。父親
が味方になってくれて何とか乗り切れたが、大学はうまくいかず中退した。
--略

世界自閉症啓発デー2010・シンポジウム/国連大学 渋谷 2010/04/022010-04-02

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/03/1291515.htm
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=166

日 時:2010年4月2日(金)10時~16時30分

会 場:国連大学ウ・タント国際会議場
    〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70

定 員:350名

<プログラム>
         総合司会 国沢 真弓

 9:30~ 受付

10:00~10:30 1)式典
 1 主催者挨拶:厚生労働省、(社)日本自閉症協会 (石井哲夫)
 2 来賓祝辞:内閣府、文部科学省
 3 来賓紹介
 4 メッセージ (国連事務総長、祝電)

10:40~12:10  2)鼎談「自閉症をテーマとした映像作成から」
 司会:牧嶋博子 (TBS)、山崎晃資 ((社)日本自閉症協会)
 (1)テレビドラマ「マラソン」
  山崎恒成 (TBS制作局制作推進部長)
 (2)映画「ぼくはうみがみたくなりました」
  山下久仁明 (原作者・自閉症者の父親・NPO法人「はらっぱ」理事長)
 (3)映画「星の国から孫2人」
  門野晴子 (原作者・自閉症児の祖母)
 
<休憩 60分>

13:15~16:20  3) シンポジウム「わたしたちの育ちを信じて!愛して!」

13:15~14:20 (1)「普段の暮らしで支援」 [各10分]
  司会 寺山千代子(日本自閉症スペクトラム学会)
  ・八百屋さん :町田 勉 (川越市)
  ・学校の先生 :菅原邦子 (小2担当)
  ・歯医者さん :奥村ひさ (全国心身障害児福祉財団)
  ・地域のおじさん :佐藤節雄 (仙台市)

  [討論 20分]

 <休憩 10分>

14:30~15:30 (2)「働く時に支援」 [各10分]
   司会 渥美義賢 (国立特別支援教育総合研究所)
  ・個人商店の中で :田中夕紀子 (有限会社ビー)
  ・企業の中で :渡部光三 (蛇の目ミシン工業株式会社)
  ・ソーシャルビジネスの中で :鈴木慶太 (株式会社Kaien)
  ・福祉の中で :木村昭一 (社会福祉法人はるにれの里)

  [討論 20分]

 <休憩 10分>

15:40~16:20 (3)「自閉症の報道について」 [各10分]
  司会 市川宏伸 (日本発達障害ネットワーク)
  話題提供
  ・テレビ関係者 :室山哲也 (NHK)
  ・新聞関係者 :太田康夫 (朝日新聞)
  指定討論者
  須田初枝 (社団法人日本自閉症協会)

  [討論 20分]

16:20~16:30  4) 「世界自閉症啓発デー2010・東京宣言」
  世界自閉症啓発デー2010・実行委員会

【お知らせ】「世界自閉症啓発デー」について 文科省 2010/04/022010-04-02

□【お知らせ】「世界自閉症啓発デー」について
                    〔初等中等教育局特別支援教育課〕

 平成19年12月、国連総会において、平成20年度以降、毎年4月2日を「世界自閉
症啓発デー」とする決議が採択されました。
 これに基づき、全ての加盟国において、社会全体が自閉症に対する理解が進む
ような取組を積極的に行うよう求められています。
 文部科学省においても、学校や地域における支援体制の整備を進めているとこ
ろですが、そのためには保護者や障害のある子どもたちを取り巻く地域の方々が、
自閉症や発達障害について正しく理解することが必要不可欠です。
 皆様におかれては、この「世界自閉症啓発デー」を契機に、自閉症等について
正しく理解し、学校における指導や支援等に役立てていただきたいと思います。
 なお、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会(公式サイト)において、世界自
閉症啓発デーの制定や、地域における取組等に関する情報を提供しておりますの
で、ご活用ください。
 (世界自閉症啓発デー・日本実行委員会WEBサイト
 → http://www.worldautismawarenessday.jp/
 また、「世界自閉症啓発デー」を記念して、厚生労働省や関係団体によるシン
ポジウムが開催される予定ですので、お時間のある方は是非ご参加ください。

【世界自閉症啓発デー・シンポジウム】
 日時:平成22年4月2日(金曜日)10時~16時30分
 場所:国際連合大学(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
 主催:厚生労働省、社団法人日本自閉症協会
 共催:独立行政法人国立特別支援教育総合研究所、日本発達障害ネットワーク、
    日本自閉症スペクトラム学会、全国自閉症者施設協議会、発達障害者支
    援センター全国連絡協議会
  大会プログラム
 (1)主催者挨拶、来賓祝辞
 (2)鼎談 「自閉症をテーマとした映像作成から」
 (3)シンポジウム 「わたしたちの育ちを信じて!愛して!」
   1. 普段の暮らしで支援
   2. 働く時に支援
   3. 自閉症の報道について
   討論
 (4)宣言 「世界自閉症啓発デー2010・東京宣言」

【参考】
 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所に設置されている「発達障害教育情
報センター」のWEBサイトにおいて、教員研修用講座や発達障害に関する各種教
育情報を配信しています。
URL:http://icedd.nise.go.jp/

「身近に役立つ支援機器展」見る、知る、触れる、つくる/仙台市シルバーセンター 2010/04/032010-04-03

http://blog.canpan.info/haxtutatusien/archive/509

日時=4月3日(土)10時~15時 =入場無料=

会場=仙台市シルバーセンター(7階 第1研修室)

主な展示、ワークショップ】
◎発達障害に関わる書籍およびツールの紹介=ソーシャルスキルトレーニング絵
 カードコミュニケーション・ブック用シール その他
 ……(協力「スペース96」ほか)

◎コミュニケーション支援機器の紹介
  ……(協力「アクセスインターナショナル」)
  ……(協力「パシフィックサプライ」)

◎主なワークショップ
 サポートファイル(学校編)の講習会と作成
 タイマー型タイムエイドの製作
 コミュニケーションエイド「あのねDS」
(タイムテーブル、費用、申込方法は裏面を参照)

◎保護者会、NPOの紹介

IJの会(板橋区親の会)講演会/板橋区立グリーンホール 2010/04/032010-04-03

主催者からのご案内です。

------------

発達障害啓発週間 2010 通常学級にいる発達障害児
-親・教師・専門家の立場から

日 時:平成22年4月3日(土)午後1時40分~4時30分(1時15分受付開始)

会 場:区立グリーンホール 1階ホール 板橋区栄町36-1
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html

第1部 講演 発達障害児の支援の可能性
講 師:心理カウンセラー、子そだてボランティア「わいわいギルド」代表
    星 一郎先生

第2部 シンポジウム 発達障害児 現場での実情
シンポジスト:小学生保護者
  板橋区立金沢小学校 泉 芳恵先生
  心身障害児総合医療療育センター 言語聴覚科 田中 伸二先生

定 員:200人(先着順)当日、直接会場へ

参加費:無料

問合せ:IJの会 講演会担当 ij.seminar@gmail.com

【主催】 IJの会(板橋区発達障害児者親の会)

【後 援】板橋区 板橋区教育委員会 日本発達障害ネットワーク
 (社団)日本自閉症協会 

IJの会とは? 板橋区に住む、発達障害児をもつ親の会です。親たちの情報交
換、子供たちの遊びの会などを行っています。

関連ウェブサイト http://www.geocities.jp/ij_no_kai/

「発達障害啓発フォーラム in 東京」開催/日本消防会館 2010/04/042010-04-04

http://jddnet.jp/index.files/archives2010/pdf/20100215_forum_tokyo.pdf

「発達障害啓発フォーラム in 東京」開催のお知らせ
 発達障害を巡る最新動向とこれからの課題
 ~発達障害者支援法施行5年目の現状と課題~

【日 時】 平成22年4月4日(日)午前10時00分~午後4時40分

【会 場】 日本消防会館(ニッショーホール)
     東京都港区虎ノ門2-9-1
     地下鉄銀座線・虎ノ門下車 徒歩5分
     地下鉄日比谷線・神谷町下車 徒歩10分
【主 催】 日本発達障害ネットワーク(JDD ネット)

【定 員】 約700 名

【会 費】 一 般:事前申込=1,000円、当日参加=1,500円
     会 員:事前申込=1,000円、当日参加=1,000円

申込〆切 : 3月26日(金)

【事務局・問合せ先】 日本発達障害ネットワーク(JDD ネット)事務局
 〒105-0013 東京都港区浜松町1-20-2 村瀬ビル3F
  TEL: 03-6240-0674 FAX:03-6240-0671
  HP: http://jddnet.jp/ E-MAIL: office@jddnet.jp