発達障害:健診で見極め 5歳児対象、全国55市町で 2010/05/022010-05-02

http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20100502ddm013100015000c.html

 ◇特性に応じ適切な対応 「入学前に学校に伝えて」
 発達障害の早期発見を目的とした5歳児健診を始める自治体が増えている。
「対人関係が苦手」「落ち着きがない」--といった子どもの特性をつかみ、親
や保育士が適切なケアをすることで、集団生活をスムーズに送れるように促すこ
とが狙いだ。【山本紀子】--略

怠けてなんかない! ディスレクシア セカンドシーズン 品川裕香 (著)2010-05-06

『怠けてなんかない! ディスレクシア セカンドシーズン

著者からのご紹介です。
http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/books/00041.html

-----------------

このたび、岩崎書店からディスレクシア(読み書きのLD)の本の第二弾:
『怠けてなんかない! ディスレクシア セカンドシーズン
あきらめないー読む・書く・記憶するのが苦手なLDの人たちの学び方・働き方』
を上梓いたしました。

知的にはなんら問題がないのに、生まれつき、字を覚えることが苦手で、だから
読めないし書けない・・・・・・。
前作は、そんな「読み書き困難」「読み書きのLD(学習障害)」=ディスレク
シアを持つ子どもや青年たちの生の声を伝え、ディスレクシアとは何か、どうい
った指導をすればいいのか等について解説した入門書でした。
あれから7年。
発達障害者支援法や改正学校教育法が施行されましたが、いまだディスレクシア
の子どもたち・青年/成人たちはその特性が理解されず、学校や職場で「怠けて
いる」「やる気がない」と責められ、本人自身もなぜ読み書きできないかわから
ないという過酷で辛く孤独な日々を送っています。
「読み書きができない障害」と聞くと珍しい障害だと思われるかもしれませんが、
言語性別文化を問わず全人口のおよそ1割はそういったタイプの脳を持っている
と言われています。
実際、英国のチャーチル首相や前ブッシュ大統領をはじめ、アガサ・クリスティ、
アンデルセン、ジョン・アーヴィングなど、私たち日本人が知らないだけで、す
ぐれた才能を発揮する政治家・作家・学者・プロフェッショナルたちは無数にい
るのです。
このたび上梓した本書は、子ども時代にディスレクシアとわかりそれなりの教育
を受けてきた青年・成人たち、あるいは自分がディスレクシアだと20過ぎるま
で知らなかった青年・成人たちへのインタビューが中心です。それぞれどんな思
いを抱え、どうやって進学・就労に立ち向かっていったのか、どういう指導や支
援に助けられたのか、代表的な方々を中心にご紹介しております。
それにしても専門的な教育を受けることができなかった方々が経てきた日々は筆
舌に尽くしがたく、取材中何度も激しく胸揺さぶられ、言葉を失いました。
ニーズに応じた教育が、しかも早い段階での自己理解と適切な指導いかに大切で、
どれだけのちの人生に影響を与えるか……。
また彼らを効果的に支援するIT機器などテクニカルツールの紹介(←これはち
ょっと自慢です!)に加え、我が国のディスレクシア専門家による具体的な指導
ノウハウの公開など、今日から使えるスキルを満載したつもりです。
巻末には相談・教育機関のリストやチェクリストも掲載しました。
特別支援教育が始まって丸3年経ちましたが、ディスレクシアの子どもや青年・
成人たちの思いはまだまだ教育現場や就労現場に反映されず、ディスレクシアへ
の理解・啓発や指導・支援は先進諸外国のなかでは我が国は遅れていると言わざ
るを得ません。
今後、小学校で英語が始まると、ディスレクシアの子は高い確率で躓きがちだと
言えます。そんなとき、どうやって学べばいいのか戸惑う児童生徒、どうやって
指導・支援していったらいいのか戸惑う保護者教育者は必ず出てくるでしょう。
また、就労不安定者の苦手意識を調査した厚生労働省のデータによれば、「読み
書き計算が苦手」な人たちは30%以上いるのです。
若者就労支援をするのであれば、支援者たちに税金を配る前に、まずはディスレ
クシアの理解啓発と指導支援から、といっても過言ではないと就労不安定者を長
年取材していると痛感しています。
そんな思いを抱え、2年前から取材を開始し、多くのディスレクシアの青年/成
人たちにお会いして出来上がった一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
怠けてなんかない! ディスレクシア セカンドシーズン 品川裕香 (著)
http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/books/00041.html

第8回障がい者制度改革推進会議 (2010年4月19日:内閣府) レポート2010-05-06

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/law/promotion/report_100419.html

会議レポート
第8回障がい者制度改革推進会議(2010年4月19日:内閣府)
「アクセシブルな会議の運営」という視点から

2010年5月6日
(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センター

 4月19日に内閣府で開催された第8回障がい者制度改革推進会議を傍聴した。
 福島内閣府特命担当大臣は第1回目の挨拶で以下のように発言された。
「本日の障がい者制度改革推進会議は、この本部の下で障害当事者の皆様や関連
分野の有識者の皆様に御議論いただき、改革の具体的検討を進めていくための言
わばエンジン部隊です。……この推進会議は当事者あるいはその家族の皆さんた
ちに多く入っていただいて、『私たち抜きに、私たちのことを決めないで』とい
うことを強く実現していきたいと考えております。」
 このような確固たる意志のもと、会議のあり方も、どのような障害があろうと
情報が共有でき、発言の自由が保障されるよう様々な角度からの配慮が求められ
る。--略

第1回 総合福祉部会 (2010年4月27日:厚生労働省) 会議レポート2010-05-07

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/law/promotion/report_100427.html

会議レポート
第1回総合福祉部会(2010年4月27日:厚生労働省)
「アクセシブルな会議の運営」という視点から
2010年5月7日
(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センター

 4月27日に厚生労働省で開催された第1回総合福祉部会を傍聴した。障がい者制
度改革推進会議総合福祉部会は、障害者に係る総合的な福祉法制の制定に向けた
検討を行うために設置された。障がい者総合福祉法(仮称)の制定までには3年
かかる見通しで、5月中に当面必要な対策について議論すべきことを出してもら
い、6月から総括的な、当面の措置を中心として新しい法律の骨格がどうあるべ
きかの議論を始める予定になっている。
第1回総合福祉部会では部会の運営、及び障がい者総合福祉法(仮称)制定まで
の間において当面必要な対策について委員から意見書が提出され、55名の委員の
うち、23名の委員よりヒアリングを行った。--略

発達障害の診療支援 広島県がマニュアル作成 2010/05/072010-05-07

http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201005070303.html

 ▽症状や家族への対応解説

 広島県は、自閉症などの発達障害がある子どもたちの診療を新たに始めようと
する医師や病院向けの医療支援マニュアルを作った。診断、診療、家族への対応
方法を具体例を挙げてまとめた。1500部を医療機関や各地の医師会などに配
布する。--略

愛知県立大学・生涯発達研究所事業 発達障がいフォーラム/愛知県立大学S101教室 2010/05/082010-05-08

http://www.aichi-pu.ac.jp/news/100419_shogai_forum.pdf

発達障がいフォーラム 愛知県立大学・生涯発達研究所事業

2010年5月8日 (土) 13時~16時30分 (開場12時30分)

内 容

○ どの子にも確かな学力と豊かな人格を
  -障がい児教育の仕事・悩み・生き甲斐-

コーディネーター  田中 良三 (愛知県立大学生涯発達研究所長)

1 通常学級の教育実践 原田 宏美(師勝北小学校)

2 見晴台学園の教育実践 薮 一之(NPO 法人「見晴台学園」)

場 所:愛知県立大学S101教室

● どなたでも自由に参加できます。 参加費無料

主 催 愛知県立大学生涯発達研究所

 【問い合わせ・申込先】 愛知県立大学
(祝日を除く、月~金曜日の10時~16時の間でお願いします)
T E L : 0561-64-1111 (内線)2201
F A X : 0561-64-1107 Eメール : k-fujimo@bur.aichi-pu.ac.jp

鳩山首相はADHDかもしれない? 『発達障害に気づかない大人たち』2010-05-09

http://www.cyzo.com/2010/05/post_4470.html

「ちょっと困った人」かどうかが気になる人のための
『発達障害に気づかない大人たち』
(星野仁彦・著、祥伝社新書)
http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/books/00043.html

政権発足から沖縄訪問に到るまで、失言でひたすら失笑されまくっている鳩山首
相。5月末で命運も尽きるかと叩かれるのも当然なほどの前言撤回グセである。
しかし、あなたは鳩山首相を批判することができるほど立派な人間ですか?つい
つい、問題を先送りしてしまっていませんか?自分は大丈夫、鳩山なんかと一緒
にするなという人でも「そういえば身近に鳩山さんみたいな困ったやつ、よくい
るよなぁ」と、思い当たるフシがあったりしませんか?

『発達障害に気づかない大人たち』では注意欠陥・多動性障害(ADHD)、アスペ
ルガー症候群(AS)など、知能が高く学業が優秀であっても顕在化する発達障害
について多く触れている。この本が示すADHD やAS の特徴を読めば読むほど、鳩
山首相がなんらかの発達障害を抱えているのではないかと疑わざるを得ない。
--略

発達障害早期発見へ健診5歳児に無料で支援施設紹介も都医師会/東京2010-05-09

http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20100501ddlk13040302000c.html

 都医師会は5月から、発達障害の有無を見極める5歳児健診を始める。集団生
活になじめず「困った子」にされがちな発達障害に、親や保育士が早期に気づき、
適切な対応を取るのが目的。5歳児健診は鳥取県や東京都目黒区など一部自治体
が行っているものの、医師会が独自で取り組むのは珍しい。初年度は都内の小児
科など約100カ所で受け付け、「発達に不安がある」との訴えがあれば、無料
で健診する。--略

育てにくい子にはわけがある感覚統合が教えてくれたもの 2010/05/092010-05-09

連続講演会「育てにくい子にはわけがある~感覚統合が教えてくれたもの~」

 「落ち着きがない」「だらしない」「身の回りの整理整頓が下手」「不器用」
「衝動的」「人の話をきちんと聞けない」「自分の気持ちを言葉で表す事が苦手」
「友達とのかかわりをうまく作れない」「切れやすい」「感覚過敏」などの問題
は感覚統合の不全から起こることがあります。障害の有無に関わらず、これらの
問題をもつ子どもに関わる方に聞いていただきたいお話です。
2回連続講座の第1回は感覚統合とは何か、第2回は対応のしかたについてです。

講 師:作業療法士 木村 順氏

日時・会場:第1回 2010年5月9日(日)
      滝乃川学園 石井亮一・筆子記念館 2階
      第2回 2010年 6月27日(日)
      くにたち福祉会館 4階大ホール
      時間はいずれも13時30分~16時30分 (13時開場)

対象者:保護者、家族、本人、教育・保育・福祉に関わる関係者、支援者等
資料代:2回分1000円  第1回の受付にて申し受け、資料は2回分をまと
    めてお渡しします。2回連続でのご参加をお願いします。
定 員:90人
主 催:くにたち発達しょうがいを考える会 太陽と昴の会
共 催:国立市手をつなぐ親の会・国立ルピナス
後 援:滝乃川学園・国立市・国立市教育委員会・国立市社会福祉協議会
申込み:件名を「連続講演会」として 1 氏名 2 電話番号 3 ファックス番号
    4 E-meil 5 職業・立場を明記の上、5月3日までに下記へお申
    し込みください。
    電子メールアドレス taiyosubaru@yahoo.co.jp
    FAX 042-525-7551 TEL 080-3443-6395

<講師プロフィール> 木村 順(きむら じゅん)氏
作業療法士(OT)。日本福祉大学卒業後、金沢大学医療技術短期大学部(現、金
沢大学保健学科)に進学し、資格取得。東京都足立区にある「うめだ・あけぼの
学園」に2002年3月まで勤務。
2004年4月から「ちょっと気になる子どもたち」から「明らかに発達につまずき
のある子どもたち」までを対象に、その保護者や家族が気軽に相談や療育アドバ
イスが受けられる私塾「療育塾ドリームタイム」を設立(05年4月から有限会社)。
4施設の非常勤OTを勤めながら、十数の親の会のアドバイザーを兼務。2007年3月
都立保健科学大学大学院にて修士号を取得。子育てと健康シリーズ『育てにくい
子にはわけがある~感覚統合が教えてくれたもの~』(大月書店)の著書がある。

<会場への行き方>
滝乃川学園 石井亮一・筆子記念館

住所 東京都国立市谷保6312
徒歩 JR南武線矢川駅より8分 車でのご来場はご遠慮ください。

くにたち福祉会館4階 大ホール

住所 東京都国立市富士見台2-38-5
徒歩 JR南武線谷保駅北口より10分
   JR中央線国立駅南口より25分
バス 国立駅南口より矢川駅行・聖蹟桜ヶ丘駅行・府中駅行(甲州街道経由)バ
   スで、3つ目のバス停「国立高校」下車 徒歩4分

独立行政法人日本学生支援機構 「障害学生修学支援ネットワーク」2010-05-10

http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/shien_network/nw.html

「障害学生への支援をどうやっていいかわからないし、聞ける人もいない。」
このように一人で悩んでいる大学等の障害学生支援担当者は多いのではないでし
ょうか?そのような支援担当者の思いに応えるのが「障害学生修学支援ネットワ
ーク」です。「障害学生修学支援ネットワーク」では、全国の大学や関係機関が
ネットワークを作り、一丸となって大学等の障害学生修学支援体制の整備を目指
すものです。

【拠点校・協力機関紹介】
・札幌学院大学 ・宮城教育大学 ・富山大学 ・筑波大学 ・日本福祉大学
・同志社大学 ・関西学院大学 ・広島大学 ・福岡教育大学
・(協力機関)筑波技術大学 ・(協力機関)国立特別支援教育総合研究所
・(協力機関)国立障害者リハビリテーションセンター

http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/sodan.html

障害学生修学支援ネットワーク」による相談事業のお知らせ平成18年10月に開始
した「障害学生修学支援ネットワーク」の相談事業では、大学・短大・高専(以
下、大学等)における障害支援担当者の悩みにお応えします。本事業では、全国
の各地域ブロックに先進的な取り組みを行っている大学などを「拠点校」として、
該当地域ブロックの大学等を中心に障害学生受け入れの際の相談を受け付けます。

各拠点校の相談対応領域一覧
http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/shien_network/documents/ryouikiichiran090714.pdf