EPUB 日本語拡張仕様策定報告書 (2)2011/03/31 イースト株式会社2011-05-16

http://www.epubcafe.jp/egls/epubrep/EPUB%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8.pdf?attredirects=0&d=1

5.8 EPUB TTS (テキスト読み上げ) ........................ 117
5.8.1 EPUB3 のアクセシビリティ ......................... 117
5.8.2 音声での読書 ..................................... 119
5.8.3 課題 ............................................. 123
5.8.4 期待 ............................................. 124

5.8 EPUB TTS (テキスト読み上げ)
5.8.1 EPUB3 のアクセシビリティ

電子書籍ならではの機能の一つがTTS あるいは朗読者による読み上げだ。
EPUB3 形式の電子書籍であれば、小説やマンガはもとより、専門的な文献や教科
書に不可欠の数式や表があっても読み上げてくれる。
これは高齢者や障害者に大きな朗報だ。これまでの紙の本では読めなかったり、
読みにくかった人は数多い。全盲や弱視の視覚に障害がある人は総人口の1%以
上。欧米ではディスレクシアと呼ばれる視力はあっても読むことが難しい認知機
能の障害がある人は総人口の5%以上だ。脳梗塞や事故等の脳外傷で読むことが
難しくなる人も数多い。高齢で視力も衰え、読むために集中することが難しい人
も多数に上る。
本を持ったり読みたい頁を開くことが難しいモビリティ障害やALS 等の人は、パ
ソコンをスイッチで操作してリーダーソフトを使えば、EPUB3 の専門書を目次と
頁を駆使して自由に読みたいところを選んで読める(ナビゲーション)し、眼や
姿勢が疲れたら音声読み上げに切り替えることもできる。
もちろん自分のペースで、読み上げ機能をoffにしてじっくり読むこともできる。
EPUB3 の電子書籍は、文字の大きさを変えても画面からはみ出すことなくレイア
ウトを自動調節(リフロー)したり、あるいはルーペのように拡大縮小すること
もできる。画面表示にはWebで親しんだHTML 技術が使えるので、眼に優しいカラ
ーコントラストも自由自在に選べる。
EPUB3のTTSを用いた読み上げ機能は、総人口の10-15%と推計される従来の
本を読むことに困難がある高齢者・障害者の他に、漢字仮名交じり文に慣れてい
ない在日外国人にも読書の途を開き、特に災害時には命綱の情報アクセスを保障
する。早聴きしたり、外国語はゆっくり聴いたり、今読んでいるところを分かり
やすく表示することもできる。
EPUB3 はDAISY と共同開発したので、DAISY で培った専門書にも通用するアクセ
シビリティ技術が生きている。電子出版とアクセシビリティ技術のコラボレーシ
ョンは、新しい出版の概念とマーケットを産み出そうとしている。
障害が無いと思っている人でも、満員電車や自動車通勤中に耳で読書できればと
ても便利だ。
TTSと肉声の両方を使える読書は新しい読書体験を生み、さらなる需要を創りだ
す。これまでは夢だった手話や動画付きの誰にもわかりやすい教科書・教材・防
災マニュアルがDAISY-AI とEPUB3 で作れるようになる。
国際的には国連障害者権利条約の実施をDAISY-AIとEPUB3 が大きく推進し、大規
模政府調達にアクセシビリティに配慮した国際標準をめざすEPUB3 準拠が必須と
なることは時間の問題。欧米各国は着々と準備を進めてきたが、日本でもやっと
EPUB3 日本語仕様で追いついた。
EPUB3 日本語仕様の役割は、世界中の幅広い言語に対応する国際標準である
EPUB3 の機能を余すことなく日本語でも使えるようにすること。だから、その仕
様は日本語以外の言語にもスムーズに対応できるように工夫されている。EPUB3
は、TTS のように深く言語に依存する技術について日本語と共に多言語にも対応
することを考慮している。
日本語の文学作品にも、英語で書かれた放射線障害防止の専門書にも使えるTTS
やプレイヤーを開発することもEPUB3 ならば夢ではない。
EPUB3 はDAISY-AI と呼ばれる次世代のDAISY のソースファイルが実現する出版
のユニバーサルデザインの中心になる電子書籍の配布形式だ。

5.8.2 音声での読書

文字列を文章として認識し、音声化するソフトウエアを音声合成エンジンあるい
はTTS(Txt To Speech Engine)と呼ぶ。
EPUB にはテキスト情報が含まれているため、TTS で読み上げられる。
読み上げは、車の運転中や、家事をしながらの読書に活用できる。外国語のマル
チメディアの教材や辞書では、文字、音声、画像を同時に確認できる。
また、視覚障害者やディスレクシア(難読症)、文字が見にくくなった高齢者等、
印刷物を読むことに困難のある人々(Print Disabilities)の読書を可能にする。

利点

1.論理的な読書

EPUB3 ではXHTML5によるマークアップで、科学的な文献を読む際に重要な、見出
し(章・節・項等)による階層構造のナビゲーションや、ページ番号の確認、脚
注への移動、聞きなおす際の文頭への移動、補足情報の読み飛ばし等、実に多様
な操作が可能である。
また、内容とスタイルが分離されているため、読み順の間違い、読み飛ばし、二
度読みなどの問題がない。

2.読み情報をつけられる

TTS で読み上げる場合に、読み間違いが発生する。特に、人名・地名等の固有名
詞や、日本では漢字の読み間違いが起こる。また、外字があった場合に読めない。
ルビがある場合の二重読みもある。
これらに対応するため、EPUB3の規格には、TTS に読み情報を提供するためのタ
グがある。文中の文字に対して読みを指定できるSSML(Speech Synthesis
Markup Language)と、別ファイルの読み辞書であるPLS と、音声のスタイルを
指定できるCSSspeech が採用されている。
SSML では、phoneme とalphabet 要素が採用されており、文中のテキストに読み
情報を付加できる。

CSS speech では、Cue pause rest speak voice-family が採用されており、声
質や声量、またポーズ長等を指定できたり、Speak を使って、例えば数字の12
があった時に、「ジュウニ」と読むか「イチ ニ」と読むか、読み方の指定がで
きる。

3.録音音声の付加

EPUB3では、更にmedia overlay により、肉声をセンテンスごとに同期させるこ
とができるため、英単語を表示して、ネイティブの読み上げを同時に再生するこ
ともできるし、著者や俳優の朗読を、電子書籍に入れることもできる。
画面上でセンテンスをクリックして、肉声での読み上げを聞けるのは楽しい。
これはSMIL の規格の一部を採用して実現している。

4.数式や図への対応

バージョンアップに伴うMathMLのサポートで、これまでは画像で対応していたレ
イアウトが複雑な数式もTTS で要素ごとに読み上げができる。
SVG 画像では、画像中の文字情報を読み上げられる。地図や動植物の解剖図等、
画像の中に文字がある場合に読み上げが対応できるかもしれないが、まだコンテ
ンツがない。

音声読み上げツール

EPUB が開けて、TTS に対応した機器では、EPUB を音声読み上げできる。一般的
なものでは、iPad 等がある。
日本では、パソコンの活用スキルが高い一部の視覚障害者とディスレクシアが、
市販のスクリーンリーダー等のTTS を活用したソフトウェアを使って読み上げを
行っているが、学校での使用が立ち遅れていることと著作権法が改正されたばか
りであることなどから、利用者もツールもまだ?ない。
アメリカでは、2006 年に印刷物を読むことに困難のある児童・生徒にNIMAS フ
ォーマットの教科書・教材の提供が義務付けられてから、代替フォーマットを
TTS で読むことが普及しており、ツールも多様だ。NIMAS はDAISY XML を採用し
ているが、DAISY 配付フォーマットがEPUB3と統合される予定のため、スクリー
ンリーダーや読み書き支援ツールはEPUB3をサポートすると考えられる。
Dolphin EasyReader は、もともと多機能のDAISY 再生ソフトだが、バージョン
6.01 ではプロテクトされていないEPUB、プレーンテキスト、HTML も再生できる。
パソコンにインストールされているSAPI 対応のTTS から好きなものを選択して
読み上げが可能。録音音声の再生もできる。読み上げているセンテンスがハイラ
イトされる。英語では単語ごとのハイライトが可能だが、単語間にスペースのな
い日本語では実装されていない。
音声設定では、スピード、ピッチ等の設定の他、センテンス間のポーズの長さが
変更可能。
表示設定では、拡大・縮小、配色の設定の他、スクロールを排した、読みやすい
改頁型ユーザインターフェースと、上部・中部・下部でのスクロールの設定が選
べる。
見出しの他に、ページ、脚注等での移動が可能。
検索機能では、そのテキストが含まれる個所のリストが表示できる。
文中にテキストメモ、音声メモを入れられるブックマーク機能もある。
EPUB のプレイヤーで、DAISY の再生ができるようになれば、読みに困難のある
人も、より一般的なツールを使えるようになる。
アクセシビリティに特化して開発された、多様な機能が使えるDAISY 再生ツール
で、EPUBが再生できるようになれば、障害者が読めるコンテンツの数が格段に増
える。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック