録音(DAISY)資料製作に関する全国基準 全国図書館大会 2011/10/012011-10-01

http://homepage2.nifty.com/daisy_t/kijyunnPDF.pdf
http://homepage2.nifty.com/daisy_t/DaisyKijyun.doc
http://onyaku.net/pdf-word/DAISY-national-standard.pdf
http://onyaku.net/pdf-word/DAISY-national-standard.doc

はじめに(基準作成の目的)

第1章 総論「録音資料の定義」
 1 録音資料とその製作
 1-1 録音資料とは
 1-2 録音資料製作の基本
 1-3 DAISY編集の基本
 1-4 録音資料製作に必要なもの
 2 録音図書の形式
 2-1 録音図書の形式についての基本的考え方
 2-2 製作(音訳)するにあたっての注意事項
 2-3 音訳校正について
 2-4 録音図書の形式

第2章 DAISY資料編集基準
 1 DAISY資料製作仕様書
 2 編集基準
 3 作業上の注意点

第3章 DAISY校正基準
 1 DAISY校正
 2 DAISY校正のチェック項目
 3 DAISY校正表の例
付録 録音図書の装備

-----------------

録音(DAISY)資料製作全国基準検討委員会

 従来、録音資料は視覚障害者のためのものと考えられてきた。しかし、現在で
は肢体障害や発達障害等、多くの情報障害者にも有効な資料として広く認知され
るようになってきている。また、アナログのカセットテープからデジタルの
DAISYフォーマットへと移行したことで、その使いやすさも格段に向上した。そ
して、今や「録音資料」=「DAISY資料」となりつつある。そこで、この基準で
は「録音資料」は特にことわらない限り、音声のみを収録した「DAISY資料」
(音声DAISY)を意味するものとする。
 この10年間に全国の図書館やボランティアグループ等によって製作された数万
タイトルの録音資料は、視覚障害者をはじめとするさまざまな障害者に多くの情
報を提供してきた。そして、いうまでもなく、これから製作されるものも同じで
あり、たとえ提供方法や貸出のための資料媒体が変わろうとも、録音資料(デー
タも含め)はこれからも障害者の文化活動と社会参加を支えていくだろう。

国会図書館 視覚障害者等サービス実施計画 スケジュール 2011/072011-10-01

平成23年10月
サピエ図書館でのDAISYデータの配信開始

平成24年01月
国会図書館サーチによる統合検索の開始
館内サービスの開始

平成24年度
デジタルデポジットシステムの追加開発
テキスト資料提供の方針及びシステム化要件の決定

平成25年度
デジタルデポジットシステムでのDAISYデータの配信開始
テキスト資料配信の試行
他の図書館が作成する録音図書・点字図書デジタルデータの選択的収集、配信
開始

第34回総合リハビリテーション研究大会/灘尾ホール 2011/9/30-10/12011-10-01

http://www.normanet.ne.jp/~rehab/

~総合リハビリテーションの新生を目指して 2~(仮題)

日 時: 2011年9月30日(金)~10月1日(土)

会 場: 全国社会福祉協議会・灘尾ホール
     (千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル1F) 会場地図

参加費: 一般3,000 円  学生1,000 円

主 催: 財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

後 援: (順不同・依頼中)内閣府、厚生労働省、文部科学省、国土交通省、
     経済産業省、社会福祉法人全国社会福祉協議会、独立行政法人高齢・
     障害者雇用支援機構、日本障害フォーラム

生涯学習: 日本理学療法士協会 生涯学習システム単位取得可
      日本作業療法士協会 SIG認定取得研究大会

プログラム
1日目:9月30日(金)
10:00~12:30
記念講演1  ヤン・アルネ・モンスバッケン
    (国際リハビリテーション協会(Rehabilitation International:RI)
    ノルウェー会長/RI次期会長)
記念講演2 上田 敏
    (日本障害者リハビリテーション協会 顧問/元東京大学教授)
13:30~17:00
シンポジウム1 総合リハビリテーションと障害者制度改革
コーディネーター 藤井克徳(日本障害フォーラム(JDF)幹事会議長
              /日本障害者協議会常務理事)
シンポジスト   阿部一彦(日本身体障害者団体連合会 理事、
              被災障害者を支援するみやぎの会 代表)
         大川弥生(国立長寿医療研究センター研究所 部長)
         尾上浩二(DPI日本会議)
         清原慶子(三鷹市長)
         久松三二(全日本ろうあ連盟 事務局長)
2日目:10月1日(土)
9:30~10:50
各分野からみた総合リハビリテーション
    各分野のトピックと最新動向(分科会テーマを中心に)
11:00~12:30
シンポジウム2 総合リハビリテーションの視点から災害を考える(2)
           -東日本大震災-
13:30~16:30
分科会1. 労働・雇用「障害当事者のニーズを中心とした就労支援のあり方を
  考える-当事者参加の支援計画の策定と施策をめぐ る関係機関の連携-」
      座長:松井亮輔、木村伸也
分科会2. 子ども「個別の教育支援計画の活用からの総合リハビリテーション
      の在り方を考える-肢体不自由特別支援学校等の事例を中心に-」
      座長:松矢勝宏
分科会3. 工学「総合リハビリテーションに生かす工学:支援技術の産業化
      へ向けて」  座長:山内 繁、松本吉央


座長: 山内 繁(早稲田大学研究推進部 参与)
    松本 吉央((独)産業技術総合研究所 知能システム研究部門 グループ長)

   1) 義肢装具の開発について
      沖野 敦郎((財)鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター )

   2) 支援機器の開発と臨床評価
      田中 理(横浜市総合リハビリテーションセンター 顧問)

   3) DAISYの開発と展開について
      河村 宏((特)支援技術開発機構 副理事長)

分科会4. 医療「一貫したリハビリテーションサービスを総合的に提供する
      ために- 総合リハセンターの果すべき役割と機能-
      座長:吉永勝訓、伊藤利之
分科会5. 災害「総合リハビリテーションの視点から災害を考える(仮)」
       座長:大川弥生

【お問合わせ先】 財団法人日本障害者リハビリテーション協会企画課
162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 TEL:03-5292-7628 FAX:03-5292-7630
 URL: http://www.normanet.ne.jp/~rehab Mail:rehab@dinf.ne.jp

※お申込み方法につきましては、近日中にお知らせ予定です。

同時開催
研修会:ICF(WHO国際生活機能分類)の理解と活用
 9月30日(金)18:00~21:00
  参加費:2,000円、800円(学生)
  ※総合リハ研究大会参加者は、1,000円、600円(学生)
  詳細・申込み先:http://j-icf-s.d.dooo.jp/

大学入試セ 入学者選抜研究機構セミナー/日本教育会館 2011/10/012011-10-01

http://www.dnc.ac.jp/modules/research/content0049.html

独立行政法人 大学入試センター 入学者選抜研究機構 第2回セミナー
大学入試を考える ~全入化時代に入学者選抜は必要か~

学力を軸にした「競争選抜」の時代から「大学全入化」の時代へ, 大学入試は大
きく変わろうとしている. "全入化" の時代に入学者選抜はなお必要なのか.
この問いから今回の研究セミナーをはじめたい.最初に,情報技術の発展がどのよ
うに日本の大学入学者選抜を変えるのか,閉鎖的で,世界的な動向から外れがちな
日本の状況を振りかえる.次に,グローバル化の過程で期待される, 国を越えた大
学入学資格認定の最近の動向を概観しつつ, わが国の大学入学者選抜の展望とユ
ニバーサル化モデルの構築可能性を検討する.そして最後に,全入化時代を迎えて,
ますます重要になっている障害を持つ学生のための支援技術とその今後の課題に
ついて議論する. 多くの方々のご参加を期待したい.

2011年 10月 1日(土) 13:00~17:00

日本教育会館 東京都千代田区一ツ橋 2-6-2

12:30  受付開始
13:00  開会の挨拶    吉本高志 大学入試センター理事長
13:05  セミナーの趣旨  荒井克弘 入学者選抜研究機構長
13:15  情報技術は入学者選抜を変えるか
 報告: 土屋俊   コメント: 南谷和範
14:05  高等教育のグローバリゼーションと大学入試
 報告: 田中義郎  コメント: 繁桝算男
14:55  休憩
15:10  全入化時代における障害者のための支援技術
 報告: 上野一彦  コメント: 小牧研一郎
16:00  質疑と全体討論

こちらから PDF 形式のプログラムをダウンロードできます。
http://www.dnc.ac.jp/modules/cfile/index.php?page=visit&cid=3&lid=1077
参加のお申し込みはこちらのページにて受け付けています。
http://www.dnc.ac.jp/seminar/2nd_kikou_seminar.html

大学入試センター 入学者選抜研究機構セミナー/日本教育会館 2011/10/012011-10-01

http://www.dnc.ac.jp/modules/research/content0049.html

独立行政法人 大学入試センター 入学者選抜研究機構 第2回セミナー
大学入試を考える ~全入化時代に入学者選抜は必要か~

学力を軸にした「競争選抜」の時代から「大学全入化」の時代へ, 大学入試は大
きく変わろうとしている. "全入化" の時代に入学者選抜はなお必要なのか.
この問いから今回の研究セミナーをはじめたい.最初に,情報技術の発展がどのよ
うに日本の大学入学者選抜を変えるのか,閉鎖的で,世界的な動向から外れがちな
日本の状況を振りかえる.次に,グローバル化の過程で期待される, 国を越えた大
学入学資格認定の最近の動向を概観しつつ, わが国の大学入学者選抜の展望とユ
ニバーサル化モデルの構築可能性を検討する.そして最後に,全入化時代を迎えて,
ますます重要になっている障害を持つ学生のための支援技術とその今後の課題に
ついて議論する. 多くの方々のご参加を期待したい.

2011年 10月 1日(土) 13:00~17:00

日本教育会館 東京都千代田区一ツ橋 2-6-2

12:30  受付開始
13:00  開会の挨拶    吉本高志 大学入試センター理事長
13:05  セミナーの趣旨  荒井克弘 入学者選抜研究機構長
13:15  情報技術は入学者選抜を変えるか
 報告: 土屋俊   コメント: 南谷和範
14:05  高等教育のグローバリゼーションと大学入試
 報告: 田中義郎  コメント: 繁桝算男
14:55  休憩
15:10  全入化時代における障害者のための支援技術
 報告: 上野一彦  コメント: 小牧研一郎
16:00  質疑と全体討論

こちらから PDF 形式のプログラムをダウンロードできます。
http://www.dnc.ac.jp/modules/cfile/index.php?page=visit&cid=3&lid=1077
参加のお申し込みはこちらのページにて受け付けています。
http://www.dnc.ac.jp/seminar/2nd_kikou_seminar.html

社福青葉会設立準備会主催講演会/千葉県柏市アミュゼ柏 2011/10/012011-10-01

主催者からのご案内です。

------------

テーマ 「発達障害とは?~ライフステージに寄り添う支援」

講 師 田中康雄 先生 北海道大学大学院教授

日 時 2011年10月1日(土) 午後19時00分~21時00分

会 場 アミュゼ柏 クリスタルホール 千葉県柏市柏6丁目2-22

交 通 JR柏駅東口より徒歩7分(公共交通機関のご利用をお願いします。)

定 員 400名(定員になり次第締め切ります)

主 催 「社会福祉法人青葉会」設立準備会

後 援 我孫子市 柏市 流山市 松戸市 我孫子市教育委員会 柏市教育委員
    会 流山市教育委員会、松戸市教育委員会、千葉県自閉症協会、我孫子
    市 自閉症協会 柏市自閉症協会 流山市自閉症協会 松戸市自閉症協
    会 千葉県発達障害者支援センターCAS 柏市社会福祉協議会 NPO法人
    自閉症サポートセンター

参加費 当日2,500円(事前申し込み2,000円)

申込み 参加希望者の氏名・住所・連絡先を明記して下記へお申込み下さい。
    締め切りは9月20日とします。
     千葉県柏市松葉町6-11-8
     電話&FAX 04-7105-7299
     NPO法人自閉症サポートセンター内
     E-mail:js-center@jcom.home.ne.jp

関連ウェブサイト http://homepage3.nifty.com/js-pegasus/

障害学会第8回大会2011年度/愛知大学車道キャンパス 2011/10/01-022011-10-02

http://www.jsds.org/jsds2011/jsds2011-home.html

日 時:2011年10月1日(土)・2日(日)

場 所:愛知大学車道キャンパス 本館コンベンションホール
    〒461-8641 愛知県名古屋市東区筒井2丁目10-31
    キャンパスマップ http://www.aichi-u.ac.jp/profile/07.html

交通アクセス:名古屋駅からの場合、地下鉄桜通線に乗りかえ、車道(くるまみ
       ち)駅下車、徒歩1分。

情報保障・アクセス配慮について:
「障害学会大会報告の情報保障について」2011年5月25日 障害学会理事会
 障害学会大会では、第1回大会以来、多様な参加者に合理的配慮をおこなうこ
とを心がけてきました。こうした合理的配慮は、学会理事会、大会本部だけでで
きることではなく、個々の報告者および大会参加者の協力があって可能となるこ
とは言うまでもありません。また、合理的配慮は、報告の受信者に対してだけで
なく、発信者に対しても同様になされるべきです。
 こうした方針のもとに、大会ではすべての壇上報告について字幕および日本手
話による情報保障をおこなうとともに、一部の壇上報告については、必要かつ可
能な場合は報告時間の延長を行ってきました。
 字幕については、予算および人材の関係から、全日程のすべての報告を1つの
要約筆記チームに依頼しています。しかし、すべての報告・質疑について、当日
その場で字幕を作成することは、要約筆記チームに過度の負担をお願いすること
になります。このため、壇上自由報告者にはあらかじめ「詳細報告原稿」を提出
してもらい、要約筆記者には、この「詳細報告原稿」を元に事前に作成した「字
幕」(前ロール)を当日表示してもらうことだけを依頼しています。なお、質疑
応答とシンポジウムや特別講演については、要約筆記チームに当日筆記をお願い
しています。
 一方、手話通訳については、原則として2組4名以上の通訳者を依頼し、交代で
すべて当日その場で通訳をしてもらっています。通常手話通訳は「音声日本語=
話し言葉」を日本手話に翻訳する行為であり、「読み上げ原稿」といった「書記
日本語」を日本手話に翻訳することは通訳者にとっては非日常的なことです。し
たがって、手話通訳者は「詳細報告原稿」は必要としておらず、手話通訳者にと
って重要なのは、「報告要旨」と、「パワーポイント」等の当日表示物、および
報告前の対面での手話通訳者との「打ち合わせ」です。
 以上を踏まえて、当学会はすべての壇上自由報告者に対して下記の点について
充分理解した上で報告申し込みするようにお願いします。

詳細報告原稿の字数は1分あたり250字以内とする。
(報告時間が15分の場合は3750字以内)
詳細報告原稿は、できるだけ「話し言葉」で記述する。
詳細報告原稿は定められた期日に必ず提出する。
(提出がない場合は、報告できないことがあります。)
当日報告にあたっては、事前に、大会本部が設定する手話通訳者との「打ち合わ
せ」に必ず出席する。
当日報告にあたっては、1分間あたりおよそ250字程度のペースよりもゆっくりと
話すよう努める。
手話による報告を予定される方や、発音障害のある方など、「報告時間の延長」
を希望する方はその旨、報告申し込みの際にご相談ください。
 なお、上記を含め、大会にともなう合理的配慮に関する実際の運営および個別
ケースへの対応は、すべて大会長に理事会から一任されています。

□手話通訳とパソコン文字通訳は、すべての一般研究報告、シンポジウム等につ
 きます。
□視覚障害等の方で、最寄りの車道前駅から大会会場までの案内が必要な方には、
 係が駅改札口までお迎えにいきます。
□会場にはバリアフリー対応の多目的トイレがあります。

問い合わせ先:愛知大学文学部  土屋 葉(つちや・よう)
※不在のことが多いので、可能なかぎり、メールにてお問い合わせください。

E-mail:jsds11pres□ml.aichi-u.ac.jp □を@に変えて送信してください。
電話:0532-47-4111(代)  代表電話からつないでもらえます。
FAX:0532-47-4197(共同) 「土屋葉」宛てにおねがいします。

玉井邦夫先生 講演会/島田療育センター(多摩市中沢) 2011/10/022011-10-02

http://ldnews2000.web.fc2.com/pdf/20111002.pdf

第8回 家族支援プロジェクト 玉井邦夫先生 講演会
子どもと親がともに育ちあうために~ゆっくり一歩ずつ~

しつけ、勉強、子育てなど、日々の関わりに悩まれているみなさん。長年、たく
さんの子供たちに寄り添ってこられた玉井先生のお話をききながら、こどものこ
ころとからだの健やかな成長について、今何が大切なのか、考えてみませんか?

<日 時> 2011年10月2日(日曜日) 1時~3時

<対象者> 発達障害(広汎性発達障害、自閉症、AD/HDなど)、肢体不自由、ダ
      ウン症、または発達に心配のあるお子さんの保護者、関係者の方

<定 員> 120名程度(定員になり次第、申し込みを締め切ります。)

<場 所> 島田療育センター厚生棟(多摩市中沢1-31-1)

<参加費> ひと家族 1000円(資料代等)

※ 託児サービスはありませんので、ご了承ください。

 玉井 邦夫 先生 profile:大正大学人間学部臨床心理学科教授。

1959年千葉県生まれ。東北大学大学院教育学研究科修士課程修了(心身障害学)
後、1983~1990年まで、情緒障害児短期治療施設小松島子どもの家にセラピスト
として勤務。
専門分野は臨床心理学。平成14~15年度文部科学省特別研究促進費研究班「児童
虐待に対する学校の対応についての調査研究」代表、平成17~18年度文部科学省
委託研究「学校等における児童虐待防止に向けた取り組みについての調査研究会」
代表。財団法人日本ダウン症協会理事長。

著書:『瞬間(とき)をかさねて~「障害児」のいる暮らし~』ひとなる書房,
『ダウン症ハンドブック』(共編者)日本文化科学社,『ふしぎだね、ダウン症
のおともだち』(監修)ミネルヴァ書房,『学校現場で役立つ子ども虐待対応の
手引き』明石書店

主な社会活動として:日本ダウン症協会 理事長

申し込み・問い合わせ
申し込み用紙にご記入の上、FAXで送信いただくか、またはホームページ内の申
し込みフォーム、あるいはE-mail(件名を「玉井邦夫先生 講演会」とし、氏名
・電話番号・居住地・参加人数を記入)にてお申し込みください。

アンケートのご協力もお願いします。

島田療育センター 支援部地域連携情報室
電 話: 042(374)2101 (直通)月~金 9時~17時45分
FAX:042(374)2089 Mail:info-room@shimada-ryoiku.or.jp
    http://www.shimada-ryoiku.or.jp/

この企画は島田療育センターの後援会から助成を受けて実施しています。

自閉症の人が地域で生活していく/練馬区立勤労福祉会館 2011/10/022011-10-02

「自閉症の人が地域で生活していくために」
~発達障がいの子ども達のいいところ~

発達障がいの子ども達が地域で生活していくうえで生きやすい、暮らしやすい環
境をテーマに佐々木正美先生と子どもたちの未来を考えます

主 催:日曜クラブta-a-ta(たぁた)自主研究部

共 催:NPO法人I am OKの会・NPO法人手をつなご

協 力:社会福祉法人正夢の会・NPO法人東京都自閉症協会

後 援:練馬区児童青少年部

日 時:10月2日(日)13:30開場 14:00講演開始 16:00終了

場 所:練馬区立勤労福祉会館 練馬区東大泉5-40-36
    (西武池袋線 大泉学園駅から徒歩数分)

対 象:興味のある方ならどなたでも
   (保護者、先生、保育士、児童指導、支援者、学生他)

参加費:500円(資料代)

定 員:170名(申込制;申込期間は8月1日から定員に達するまで)

※お申し込み・お問い合わせについてはホームページ
http://members3.jcom.home.ne.jp/tomochiba/ をご覧ください。
たくさんのご応募お待ちしております。

電子書籍とDAISYの動向整理 @ ウィキ 「読むこと」に困難のある人々2011-10-03

http://www45.atwiki.jp/accessiblereading/

このwikiについて
さまざまな障害で「読むこと」に困難のある人々への支援について考えるため、
 ・電子書籍とそのアクセシブルなフォーマットであるDAISYに関する動向
 ・電子書籍やデジタル教科書・教材等のアクセシビリティに関する動向
に注目し、情報を整理します。

ページ右上の「このウィキに参加」からメンバー登録すると、トップページ以外
はどなたでも編集することができます。