[プレスリリース] WIPO 歴史的な条約を採択。世界の視覚障害者の書籍へのアクセスを加速。2013-07-05

http://www.wipo.int/about-wipo/ja/offices/japan/news/2013/news_0036.html

[プレスリリース]
歴史的な条約を採択。世界の視覚障害者の書籍へのアクセスを加速。

マラケシュ/ジュネーブ、2013年6月27日
PR/2013/741

ビデオ
http://www.wipo.int/export/sites/www/multimedia/en/dc2013/marrakesh_dc_adoption.swf

世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization : WIPO)の下
で国際交渉官たちは、本日、何億人もの盲人、視 覚障害者そして読字障害者の
利益のために書籍へのアクセスを加速する画期的な新条約を採択しました。

モロッコのマラケシュに参集した交渉官たちの間の一週間以上に及ぶ集中的な議
論の後に採択された条約は、盲人、視覚障害者及び読字障害者の点字、大活字及
びオーディオ書籍といった形式の出版物へのアクセスを改善することに関する長
年の作業の集大成です。

「条約は、盲人、視覚障害者及び読字障害者にとっての勝利です。しかし、多国
間制度にとっての勝利でもあります。この条約によって、国際社会は特定の問題
を解決し、全会一致で合意できるということを証明しました。これはバランスの
取れた条約であり、様々な利害関係者の種々の関心についてのとても良い調整を
示しています。」とWIPO事務局長フランシス・ガリは述べました。

更にガリ事務局長は「これは視覚障害者にとって真の利益をもたらす歴史的条約
です。」と話しました。

音楽界の巨匠スティーヴィー・ワンダーが6月28日金曜日に、モロッコ王国によ
って交渉官たちが迎えられたマラケシュのパレ・デ・コングレにおけるコンサー
トで交渉官たちと祝福をします。

「勝者も敗者もいません。これはすべての人のための条約なのです。」モロッコ
の通信大臣兼政府報道官であり、この条約の採択を示す小槌をたたいたMustapha
Khalfi氏は語り、次 のように続けました。「7人の聖者の町と呼ぶここマラケ
シュでの恩恵と皆様すべてのおかげで、私たちは『マラケシュの奇跡』と呼べる
ものを達成することが出来ました。」

WIPOの186の加盟国から600人以上の交渉官が集まり、WIPOは視覚障害者及び読字
障害者による出版物へのアクセスを促進するための条約成立のための外交会議を
6月18日に開催しました。会 議は公式には2013年6月28日終了予定です。

盲人、視覚障害者及び読字障害者の出版物へのアクセス促進のためのマラケシュ
条約と呼ばれる条約は、著作権者の権利の制限または例外を通じて、アクセス可
能な形式の出版物の複製、頒布、および提供を許諾するような国内法を採用する
ことを加盟国に要請することによって「書籍飢饉」に対処するものです。

条約はまた、盲人、視覚障害者及び読字障害者のための組織によってこれらのア
クセス可能な形式の作品の国境を越えたやり取りを提供します。条約は、これら
の機関が国境を越えて運営できるように、権利の制限または例外を調和します。
アクセス可能な作品のこの共有は入手可能な作品の全体数を増やします。なぜな
ら重複作業を排除し、効率が向上するからです。5カ国が同じ作品のアクセス可
能なものを作成する代わりに、5カ国はそれぞれ異なる作品のアクセス可能なも
のを作成し、それらは各国で共有が可能です。

現在、どのような制限と例外を定義するかは各国政府に委ねられています。実際
には、国内法での制限と例外は広く異なります。多くの国では私的利用のための
複製は自由ですが、ごくわずかの国が例えば遠隔学習のための例外を設けている
に過ぎません。更に、そのような免除は当該国のみに適用されます。

この条約はまた、著者や出版社に対して、この制度が彼らの出版物を悪用したり、
意図された受益者以外の誰かに頒布されるようなことがないような保証を提供す
ることも目的としています。条約は、制限または例外に基づいて作成された作品
の国境を越えた共有は、著作物の通常の利用と抵触せず、著作権者の正当な利益
を不当に損なうことのないような一定の特殊事例に限定されなければならないと
の要件を繰り返しています。

条約は、国境を越えたやり取りを発展させるために加盟国間での協力を求めてい
ます。各国は、出来る限り速やかに出版物の入手可能性を向上させることに尽力
し、こ のような協力は目的達成に向けての重要な一歩になるでしょう。

条約は、各国代表団によって金曜日に署名されます。条約の条項に拘束されるこ
とに同意する20のWIPO加盟国の批准の後、効力が発生します。

背景

世界保健機関によれば、世界中の盲人および視覚障害者の数は3.14億人を超えて
いて、そのうちの90パーセントは開発途上国に居住しています。2006年のWIPOの
調査では、例えば著作権で保護された原文の点字、大活字刷、あるいはデジタル
化された音声版といった視覚障害者のための特別な条項となる制限または例外を
著作権法に書き入れている国の数は60に満たないことが判明しています。

さらに、著作権法はその存在する国における「属地的」なものですので、アクセ
スが可能な形式に変換された作品の輸入あるいは輸出は、類似の規則を持つ国の
間でさえも、これらの免除でカバーされないことが普通です。各国における機関
は、国境を越えて特別な形式のものをやりとりするライセンスについて著作権者
と交渉したり、又は自ら素材を作成したりしなければなりませんが、これがすべ
ての印刷物への視覚障害者のアクセスを厳しく制限する特別に費用のかかる作業
なのです。

世界盲人連合によりますと、毎年世界中で出版される百万冊程度の書籍のうち、
視覚障害者がアクセスできる形式で手に入れられるのは、5パーセントにも満た
ないとのことです。

更なる情報については、WIPOのメディア関係セクションにお問い合わせ下さい。

Tel: (+41 22) - 338 81 61 / 338 72 24
Fax: (+41 22) - 338 81 40
E-mail http://www.wipo.int/contact/en/area.jsp?area=publicinfo

障害者差別解消法 Q&A - 川島聡 SYNODOS 2013年07月01日 07:302013-07-05

http://blogos.com/article/65413/

【法律の動向】
Q1 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)
をめぐる動向は、どのようなものですか?
障害者差別解消法案は内閣府を中心に作成されました。その作成時には、内閣
府差別禁止部会が2年ほど議論を重ねて作成した意見(2012年9月14日)がふま
えられました。この差別禁止部会は、障害者団体代表、障害当事者、新聞社の
論説委員、作家、弁護士、研究者など、さまざまな人々から構成されました。
オブザーバーとして、日本経済団体連合会、日本商工会議所の代表が参加しま
した。

2013年4月26日の閣議決定によって、障害者差別解消法案は国会に上程されまし
た。法案は衆議院では、5月29日に内閣委員会(衆内閣委)で可決され、5月31
日に本会議で可決されました。そして参議院では、6月18日に内閣委員会(参内
閣委)で可決され、6月19日に本会議で可決されて、原案のまま成立しました。
なお、衆内閣委と参内閣委で、それぞれ附帯決議が採択されました。

この法律は、2016年4月から施行されます。参内閣委で、政府参考人は、施行ま
での3年間のスケジュールをつぎのようにのべています。まず、政府の基本方針
は、おそくとも2013年度内にとりまとめられます。それから1年以内にガイドラ
イン(対応要領、対応指針)が作成されます。そして、施行までに1年程かけて
法律の周知徹底がはかられる予定です。

第13回・発達性ディスレクシア研究会 第6回・研修会/広島国際大 2013/07/06-072013-07-07

7月6日・7日に広島国際大学で開催する、第13回発達性ディスレクシア研究会と、
第6回研修会のご案内です。

詳しくは「発達性ディスレクシア研究会」:http://square.umin.ac.jp/dyslexia/
チラシのダウンロードもできます。
  
開催校事務局:中村朋子(広島国際大学心理科学部)
研究会用Eメール:dyslexia13th@gmail.com
Fax: 0823-70-4852(広島国際大学東広島キャンパス学部事務室)

      記

日程:2013年7月6日(土)・7日(日)

会場:広島国際大学広島キャンパス(広島市中区幟町1-5) 3階300教室

参加費:一般6000円/ 学生3000円/ 会員5000円

第1部(研修会と講演)のみの参加:一般2000円/ 学生1000円/ 会員無料
    
プログラム
第1部 
 ・第6回発達性ディスレクシア研修会 6日9:00~
   「読み書きにつまずきのある子どもたちへの評価と支援」
    発達性ディスレクシアの診断や支援に関わる教育・医療・
    福祉関係者を対象とする研修会です。

 ・講演「日本語話者における英語読み書き習得と認知能力」6日13:00~
    Taeko Wydell教授(英国ブルネル大学)
第2部
 ・シンポジウム「日本語と英語の学習支援」6日午後
 ・一般研究発表 6日午後・7日

柏市発達障害者支援協議会主催講演会/千葉県民プラザ 2013/07/072013-07-07

主催者からのご案内です。

------------

『光とともに…~自閉症児を抱えて~』という漫画(戸部けいこ作/秋田書店
刊)をご存知ですか?自閉症のある光君とお母さん、お父さん、周りの人たち
の苦悩や喜びを描いたドラマです。作者の病気により休載。2010年1月作者の逝
去に伴い、第15巻が最終刊になりました。

今回のステップアップ講演会では、『光とともに…』を世に送り出した本多雄
三氏(当時の秋田書店副編集長)をお招きします。
『光とともに…』は、綿密な取材に基づいて自閉症が描写されてきました。
戸部さんを舞台裏で支えてこられた作成秘話と、その後についてお話ししてい
ただきます。
また、2005年ステップアップ講演会第4弾の秘蔵映像(戸部さんの「光との出会
い」)などをお見せします。
どうぞお楽しみに。

○テーマ: 「光とともに…戸部さんと歩んだ作成秘話」
○ゲスト: 本多雄三さん(元 秋田書店)
○日 時: 7月7日(日)午後2時~4時
○場 所: さわやかちば県民プラザ(3階大研修室)(HP「交通案内」参照)
 柏市柏の葉4-3-1 tel 04-7140-8600(柏の葉キャンパス駅よりバス)
○参加費: 1,000円(当日受付にて)
○申込み: お名前(フリガナ)、ご所属、ご自宅の住所、電話(メール)
を明記の上、
 04-7105-7200 または js-sien@jcom.home.ne.jp まで
○定 員: 先着150名(先着順、保育はございません)
○主催:柏市発達障害者支援協議会
関連ウェブサイト http://homepage3.nifty.com/js-pegasus/

「発達共助連」主催 講演会/世田谷区上馬会館第1会議室 2013/07/072013-07-07

NPO法人「発達共助連」主催講演会/世田谷区上馬会館第一会議室 2013/07/07

テーマ <就労支援>に何ができないのか?
講師:高森明氏
日時:平成25年7月7日(日)14:00~16:30
場所:上馬地区会館第一会議室
交通:田園都市線駒沢大学駅徒歩2分
   バス「駒沢大学駅前」徒歩1分(渋谷駅~二子玉川駅)
   バス「駒沢大学駅前」徒歩3分(渋谷駅~田園調布駅・等々力)
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1236/d00004121.html

定員:40名(定員になり次第締め切ります)
主催:NPO法人発達共助連
後援:世田谷区

参加費:500円

申し込み:参加希望者は、氏名・住所・電話番号・所属(関係)を明記して、下
記に申し込みください。
 発達共助連メール:kyoujoren@hkren.jp
 問い合わせ先:TEL/FAX 03-6677-7712

関連ウェブサイト http://www.hkren.jp/index.html
「最新集団活動予定詳細」をご覧ください。
講演終了後調理室にて懇親会を行います。参加費1,500円程度

こころセミナー2013/ヒューリック高田馬場ビル 2013/07/092013-07-09

こころセミナー2013
「学校での学習や生活に不適応気味の子ども達のためのテクノロジー活用術
~家庭や学校で簡単にできる支援のポイント~」

こころリソースブック出版会では,全5回シリーズのこころセミナー2013を開催

第1回 日時:7月9日(火)10:00~14:00

プログラム
 10:00~11:30 学校での学習や生活に不適応気味の子ども達に役立つ
テクノロジー /中邑賢龍(東京大学先端科学技術研究センター・教授)
11:30~12:30お昼休み(お昼ご飯をご持参ください)
12:30~14:00 保護者のためのiPad活用ワークショップ~学習編~
/平林ルミ(日本学術振興会)

定員:80名  料金:2,000円(資料代込)

対象:お子さんの学習や学校生活に不安を感じる保護者の方

場所:公益財団法人 明治安田こころの健康財団 セミナールーム
(ヒューリック高田馬場ビル8階,〒171-0033 東京都豊島区高田3-19-10)
アクセス:http://www.my-kokoro.jp/outline/access/

主催:こころリソースブック出版会

お申し込み:ホームページの申込フォームよりお申し込みください
http://www.kokoro-rb.jp/seminar20130709.html

お問い合わせ:seminar@kokoro-rb.jp

特別支援教育士 SENS の会 東京支部会 オープン研修会 2013/07/202013-07-20

特別支援教育士SENS の会東京支部会オープン研修会のお知らせ
               SENS の会東京支部会会長 牟田 悦子

下記の要領で公開の研修会を行ないます。皆様どうぞご参加ください。

テーマ: 発達障害の医学的診断基準の変更と最新情報
講師    宮本信也先生(筑波大学人間総合科学研究科)
 アメリカ精神医学会による「精神障害の診断と手引き」が改訂されてDSM-5と
なりました。自閉症やアスペルガー障害が自閉症スペクトラム障害に統合される
など、発達障害の医学概念に変更があります。
私たちも基本的な知識を更新しておく必要があります。いつもわかりやすく解説
してくださる、発達行動小児科学がご専門の宮本信也先生からお話をうかがいま
す。なお今回の研修会は、SENS 資格更新1ポイントとなります。

 日時 7 月20 日(土)13:30~16:30
 場所  明治学院大学 3号館 3202 教室(ホタテ貝型の建物です)
 募集人数  100名(先着順)
 会費  SENSの会東京支部会会員 500円、その他 1000円
 申し込み方法
下記アドレスへお名前とSENS(SV)登録番号を記載したメールをお送り
ください。
非会員の方は、非会員(職場名)と明記してください。
senstky-owner@yahoogroups.jp

ゆずりは(LD等発達障がい児者親の会)講演会/宇都宮大 2013/07/202013-07-20

主催者からのご案内です。

------------

テーマ 教育、福祉、就労、社会参加に向けて当事者からの訴え!

講 師 冠地情氏(東京都成人(大人)発達障害当事者会イイトコサガシ代表)
    「発達障害の生き辛さと困り感を可能性に変える!必要な支援とは?」

 美んちゃん(東京メイクアップ代表・メイクアップアーティスト料理研究家)
 「ディスレキシア本人からの提言」

「凡人の考え方が出来ない、発達障害者と呼ぶか?良いところ伸ばすと、経済、
社会、人がどう動くのか?」

日 時 2013年7月20日(土) 午後1時30分~5時

会 場 宇都宮大学教育学部 2101教室 栃木県宇都宮市峰町305

交 通 JR「宇都宮」駅下車

定 員 200名(定員になり次第締め切ります)

主 催 TODDS(とちぎ発達障害研究会)
    栃木県親の会「ゆずりは(LD等発達障がい児者親の会)」

参加費 会員無料  非会員500円

申込み 1、参加希望者の氏名(フルネーム)2、参加希望者の氏名のふりがな
    3、会員の有無(ゆずりは会員・TODDS会員・一般)
    4、所属(職場・保護者・当事者など)
    5、連絡先(電話番号) を明記して下記へお申込み下さい。

    締め切りは7月10日とします。(※申込み人数により、当日受付有)

 栃木県親の会「ゆずりは(LD等発達障がい児者親の会」事務局
 E-mail: yuzuriha8@freeml.com FAX: 028-665-5445

関連ウェブサイト http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/1307/

ゆずりは・TODDS共催 講演会/宇都宮大学教育学部 2013/07/202013-07-20

★7月20日ゆずりは・TODDS共催講演会

2013年7月20日(土) 13:30~17:00
会場:宇都宮大学教育学部2101教室
参加費:一般500円(ゆずりは・TODDS会員無料)

講師:美んちゃん(東京メイクアップ代表・ディスレキシア当事者)
  「ディスレキシア本人からの提言」

講師:冠地情氏(東京都成人発達障害当事者会イイトコサガシ代表)
  「発達障害の生き辛さと困り感を可能性に変える!必要な支援とは?」

進行:梅永雄二先生(宇都宮大学教授)

参加申し込み先:yuzuriha8@freeml.com  FAX:028-665-5445

今回の講師お二人は発達障害者当事者であり、美んちゃんは「DXな日々」という
ドキュメンタリー映画の主人公として登場する方です。当日は映画の一部を上映
しながら、梅永雄二先生と美んちゃんとの質疑応答で進行していきます。

もうお一方の冠地情さんは、東京都成人(大人)発達障害当事者会イイトコサガシ
代表で、当事者相手のデモンストレーションもしてくださるとのことです。
指導者・保護者のみならず、思春期以降の当事者の方々にはぜひ参加していただ
きたい講演会となっております。

<申込記載事項>
1、参加者全員の氏名(フルネーム)
2、参加者全員の氏名のふりがな
3、会員の有無(ゆずりは会員、TODDS会員、一般)
4、所属(職場・保護者・当事者など)
5、連絡先(電話番号)

WISC-IVの臨床的性格と検査の進め方 (実技講習)/ウイルあいち(愛知県女性総合センター) 2013/07/20-212013-07-21

テーマ:発達支援セミナー
    WISCIVの臨床的性格と検査の進め方(実技講習)

講 師:安住 ゆう子先生(NPOフトゥーロ LD発達相談センター)
日 時:2013年07月20日(土)10時00分~16時30分
    ~21日(日)09時30分~16時00分
会 場:ウイルあいち(愛知県女性総合センター)2階 特別会議室
定 員:40名(予約制、前納制)
主 催:子どものためのあいちAAC研究所
参加費:10000円(1万円)
申込方法:ホームページから( http://www.aichi-aac-center.jp
注 意:受講条件があります。詳しくはホームページをご覧下さい。