S.E.N.Sの会 神奈川支部主催 公開研修会のご案内/川崎 2013/08/042013-08-04

主催者からのご案内です。

日 時 2013年8月4日(日) 午前10時00分~午後4時00分

会 場 ミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅西口より徒歩3分)
    4階研修室

講師 小池敏秀先生(東京学芸大学)

研修テーマ「読み書き障害の支援とその背景」

午前の部(10:00~12:30)
講義
午後の部(13:30~16:30)
事例検討、グループディスカッションなど

交 通 JR川崎駅西口より徒歩3分

定 員 90名(定員になり次第締め切ります)

主 催 S.E.N.Sの会 神奈川支部

参加費 5,000円(神奈川支部会員の方は3,000円)

お申込方法 参加ご希望の旨をメールでお知らせ下さい。お申込用紙、要項を
お送りします。
E-mail:sens_kanagawa@futuro.or.jp

お問い合わせ Tel:045-989-3501(特定非営利活動法人フトゥーロ内)

DO-IT Japan2013 夏季プログラム内一般公開シンポジウム 2013/08/072013-08-07

<開催概要>
日時: 2013年8月7日(水) 13:30~17:00

場所:東京都目黒区駒場4丁目6番1号
    東京大学先端科学技術研究センター
    3号館南棟ENEOSホール (一般公開シンポジウム)
    4号館2階講堂 (交流会)
    地図: http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/

参加予約: 必要 (後述の「お問い合わせ・参加申し込み」をご参照ください)
参加費 : 無料 (交流会参加者のみ,軽食費千円を会場にて申し受けます)
※当日の会場には要約筆記による情報保障あり,車いすでの会場への入場可能

<プログラム>
13:30 - 15:00 シンポジウム「話題提供」

・「高校・大学入試と大学での学びにおける合理的配慮」
近藤 武夫(東京大学先端科学技術研究センター)DO-IT
Japan大学生リーダー

・「小学校・中学校の授業やテストでの合理的配慮」
平林ルミ (日本学術振興会/東京学芸大学)
新谷清香 (東京大学先端科学技術研究センター)
DO-IT Japan保護者

15:00 - 15:20 休憩

15:20 - 15:40 「DO-IT Japan 修了証授与式」
  [司会] 西村幸夫(東京大学先端科学技術研究センター 所長)

15:40 - 17:00 シンポジウム「ディスカッション」
・「未来の学びの環境と合理的配慮」
近藤 武夫(東京大学先端科学技術研究センター)
DO-IT Japan大学生リーダー
平林ルミ (日本学術振興会/東京学芸大学)
新谷清香 (東京大学先端科学技術研究センター)
[司会] 中邑賢龍 (東京大学先端科学技術研究センター 教授)

*来賓の方々からのご挨拶を含みます
渡辺正美 (文部科学省高等教育局 学生・留学生課 課長)
 文部科学省初等中等教育局来賓 (調整中)
加治佐俊一 (日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者)
 加藤晋平 (ソフトバンクグループ/株式会社エデュアス 取締役)
富士通株式会社 (調整中)
 長谷川寿一 (東京大学 理事・副学長)

17:30 - 19:00
「公開シンポジウム・DO-IT Japan参加者の交流会」
※交流会参加者は,軽食費千円を当日懇親会会場にて申し受けます

<お問い合わせ・参加申し込み>
 以下の予約サイトで参加申し込みをお願いします
 http://kokucheese.com/event/index/103561/

DO-IT Japan事務局
  〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1
  東京大学先端科学技術研究センター 3号館309
  電話: 03-5452-5064 Fax : 03-5452-5064
  メール: info@doit-japan.org
  ホームページ:http://doit-japan.org/

マルチメディアデイジー図書についての相談を対面にて受け付けます。2013-08-08

マルチメディアデイジー図書についての相談を対面にて受け付けいたします。

時間:毎月第四土曜日の午後13時30分から15時まで

場所:例会の会場。日本ライトハウス情報センター(肥後橋)4階会議室
  (場合により会場を変更することがあります。お出での際は事前に事務局ま
  でお問い合わせください。)

相談内容の例:
・デイジー教科書とはどんなものか見てみたい
・デイジー図書の再生方法がわからない
・ipadでのデイジー教科書の再生方法がわからない
・デイジー教科 書の文字をもっと大きくしたいなど、利用する子どものニー
 ズに合うスタイルに変更をしたい

事前連絡先
・お出での際は事前に事務局にメールにて連絡をして場所の確認をしてくださ
 い。また、どのような相談内容かをお知らせください。

NPO法人NaD事務局 naradaisy@gsk.org まで。

シンポジウム「もっと知ろう、デイジー教科書を!」 ワークショップ2013-08-08

http://youtu.be/eypxwHhPl9o

公開日: 2013/03/28
ワークショップ4「DAISY教科書の活用方法について」

(公財)日本障害者リハビリテーション協会
情報センター長 野村美佐子氏

エンジョイ・ディジー 私らしい方法で読む、わかる!
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/

公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
http://www.jsrpd.jp/

障害者のアクセス権と著作権の調和をはかるマラケシュ条約 (WIPO)2013-08-08

http://current.ndl.go.jp/e1455

 2013年6月にモロッコのマラケシュで開催された世界知的所有権機関
(WIPO)の外交会議で,「盲人,視覚障害者及び読字障害者の出版物へのア
クセス促進のためのマラケシュ条約(Marrakesh Treaty to Facilitate
Access to Published Works for Persons who are Blind, Visually
Impaired, or otherwise Print Disabled,訳はWIPO日本事務所による)」
が日本を含む186の全加盟国の合意を得て成立した(公益財団法人日本障害
者リハビリテーション協会が同条約草案の日本語仮訳をウェブサイトに掲載
している)。この新条約により,国際障害者年(1981年)の前後から始まっ
た障害者の知識アクセスを保障するための著作権法のありかたを巡る30年余
にわたる国際的な議論は,新しい段階に進むことになった。(以下略)

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/marrakesh_treaty_jp_wipo201306.html
全盲の人々、視覚障害のある人々、あるいはその他のプリントディスアビリティ
のある人々のために、出版物へのアクセスを改善するマラケシュ条約草案

リバティ・インターナショナル 海外研修実施予定 2013/03/24,08/022013-08-11

アメリカ発達障害視察研修2013

【同行解説】 小貫 悟 先生 (明星大学人文学部心理学科准教授)
【研修時期】 2013年 3月24日(日) ~ 3月31日(日) 8日間 ※予定
【訪問都市】 米国/ニューヨーク
【募集人員】 20名 (最少催行人員 15名)
【募集締切】 2013年2月10日(金)
【参加費用】 2012年12月発表予定
【研修内容】学校臨床心理額・ソーシャルスキルトレーニング研究の第一人者、
小貫先生のご同行で今回先生が一部分翻訳された、"Specific Learning
Disability Identification"の著者、フラナガン先生がおられるセント・ジョー
ンズ大学や周辺の教育機関などを訪問し、学校生活・共同生活の中で不登校・発
達障害など特別な支援を必要としている子供達に対する接し方と理解を深めてい
ただける研修プログラムになっています。またフラナガン先生と共にWISC-4研究
の第一人者としてご活躍されている、マクロスキー先生の講義も予定しています。
本研修にて米国のアセスメント事情の最新情報を、自分の目耳で『しっかり』確
かめて来ませんか?

-----

カナダ子育て支援及び子供の人権視察研修2013

【同行解説】 柴田 静寛 先生
 (秋田県スクールカウンセラー、臨床心理士、マイウェイ@心の相談室代表)
【研修期間】 2013年 5月25日(土) ~ 6月2日(日) 9日間 ※予定
【訪問都市】 カナダ/トロント、バンクーバー
【募集人員】 15名 (最少催行人員 12名)
【募集締切】 2013年3月締切予定
【参加費用】 2013年1月発表予定
【研修内容】わが国では多くの方が子育て支援に関わっています。より良い子育
て支援を考えるためにカナダでの支援や子供の人権について学ぶ研修を予定して
います。カナダで生まれた家庭支援策『ノーバディズ・パーフェクト』というプ
ログラムに取り組んでおられる柴田静寛先生のご同行により、9日間の日程で、
トロント(オンタリオ州政府ファミリーサービス、幼児教育施設、人権擁護機関
など)、バンクーバー(カナダ赤十字、ファミリープレイス、幼稚園、ノーバディ
ズパーフェクト実施機関など)の訪問を予定しています。行政や民間の立場の違
いを超えて一緒に勉強しませんか!

-----

ノースカロライナTEACCHプログラム視察研修2013

【同行解説】 梅永 雄二 先生 (宇都宮大学教授)
【研修時期】 2013年 8月2日(金) ~ 8月11日(日) 10日間 ※予定
【訪問都市】 米国/チャペルヒル、シャーロット(ノースカロライナ州)
【募集人員】 25名 (最少催行人員 15名)
【募集締切】 2013年6月締切予定
【参加費用】 2013年4月発表予定
【研修内容】臨床的にもっとも成功している自閉症児(者)のためのプログラムと
して、すでに世界各国で取り組まれているTEACCHプログラムを発祥の地である米
国ノースカロライナ州チャペルヒル、シャーロット、アルバマールなどにて受講
していただきます。視察研修に同行していただけるのは発達障害児への就労支援
の第一人者でおられる、梅永雄二先生です。

-----

担当: 縄手/小野 リバティ・インターナショナル
〒105-0004 東京都港区新橋6-13-12 木澤ビル4階
Tel: 03-6459-0671 Fax: 03-3436-5808
E-mail: info@iiet.co.jp URL: http://www.iiet.co.jp

日本デジタル教科書学会 2013年度年次大会/大阪大学 2013/08/17-182013-08-18

http://js-dt.jp/convention/2013/index.html

日本デジタル教科書学会 2013年度年次大会

開催期日 2013年8月17日(土)~18日(日)

大会日程 8月17日(土)…1日目
10:00~12:00 研究発表
12:00~13:00 昼食
13:00~15:00 シンポジウム
「デジタルオンライン時代における教育の未来
- 1人1台時代のデジタルネイティブたちに向けて -」
15:15~16:15 総会
16:30~17:30 ポスターセッション
18:00~ 懇親会
8月18日(日)…2日目
10:00~12:00 実践発表
13:00~15:00 ワークショップ
※予定は変更になる場合がございます。

会場 大阪大学 豊中キャンパス
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16

事務連絡 教科書デジタルデータの提供に関する様式の変更等について2013-08-22

http://www.gsk.org/naradaisy/daisy/borantiarennraku20130822.pdf

事務連絡 平成25年8月22日

教科用特定図書等発行者 殿(ボランティア団体の皆様へ)

文部科学省初等中等教育局教科書課

教科書デジタルデータの提供に関する様式の変更等について

平素より拡大教科書の普及充実等についてご尽力いただき誠にありがとうござい
ます。この度、教科書デジタルデータ提供の手続きをより円滑に行うため、様式
を変更しましたのでお知らせいたします。主な変更点は下記のとおりです。
この事務連絡以降、教科書デジタルデータの提供手続きを行う場合は、別添の様
式にて、手続きをしていただきますようお願いいたします。なお、平成26年度
前期または通年で使用する検定教科書に係る教科書デジタルデータの申請受付開
始について別途ご連絡いたします。

        記

○「教科書デジタルデータ提供希望届出書(様式1)」の変更について
(1)団体所在地等と教科書デジタルデータ送付先住所等が異なる場合があるた
   め、これら記入欄を分けること。
(2)使用年度、期別指定の記入欄をより明確にすること。
(3)テキストデータ又は変更箇所のみ提供を希望する場合の記入欄をより明確
   にすること。

(本件連絡先)
文部科学省初等中等教育局教科書課
教科用特定図書普及促進係 小林
教科用特定図書電磁記録係 吉田
TEL:03-5253-4111(内線 4743)FAX:03-6734-3739

「教科書デジタルデータの提供に関する実施要項」改正について 通知2013-08-22

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/h25textdigital_tuchi.html

25初教科第22号
平成25年8月22日
各都道府県教育委員会指導事務主管課長
各指定都市教育委員会指導事務主管課長
各都道府県私立学校事務主管課長
附属学校(特別支援学校を含む)を置く各国立大学法人附属学校事務主管課長
構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた各地方公共団体格式会社立学校
事務主管課長

文部科学省初等中等教育局教科書課長 永山 裕二

「障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に関する法
律」等に基づく「教科書デジタルデータの提供に関する実施要項」の改正につい
て(通知)

 本要項は、「障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進
等に関する法律」(平成20年法律第81号)第5条並びに「障害のある児童及び生
徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に関する法律施行規則」(平成20年
文部科学省令第29号)第1条及び第2条に基づき、教科用図書発行者が発行する文
部科学大臣の検定を経た教科用図書(以下「教科用図書」という。)に係る電磁
的記録(以下「教科書デジタルデータ」という。)について提供する手続きにつ
いて定めるものです。
 本要項においては、障害のある児童及び生徒に向けて音声読み上げのコンピュ
ータソフトを利用した教材(教科用図書に準ずるものと認められるものに限る。)
(以下「音声教材」という。)を発行するに当たり、非営利団体を教科書デジタ
ルデータ提供の対象としてきましたが、教科用特定図書等として音声教材を発行
する者に対して教科書デジタルデータ提供の対象とすべく、別添1のとおり平成
25年8月21日文部科学大臣決定により改正いたしました。
 ついては、本要項の改正趣旨等は、下記のとおりですので、各都道府県・政令
指定都市教育委員会指導事務主管課の長におかれては、所管の学校及び域内の学
校を所管する市区町村教育委員会に対し、各都道府県私立事務主管課の長に置か
れては、所轄の学校法人等に対し、各国立大学法人附属学校事務主管課の長にお
かれては、その附属学校に対し、各地方公共団体株式会社立学校事務主管課の長
におかれては、その所管に係る学校に対し、本通知の趣旨等について必要な周知
が図られるよう御配慮願います。
 本要項改正に伴い、障害のある児童及び生徒に向けて音声教材を発行するため、
教科書デジタルデータの提供を希望する者は、下記「3.教科書デジタルデータ提
供のための手続」に従い、届出等を行っていただくよう併せて御周知願います。
1.改正の趣旨
 今回の改正は、障害のある児童及び生徒に向けた音声教材の普及促進に資する
ため、教科書発行者が発行する教科用図書に係る教科書デジタルデータについて、
教科書デジタルデータを活用した音声教材を発行する者に対して提供できるよう
改正を行うものである。

読売新聞奈良版 3回連載「きっと大丈夫~読み書き障害とともに~」2013-08-23

読売新聞奈良版で3回連載の「きっと大丈夫~読み書き障害とともに~」
が掲載されました。
<上>タブレット型端末活用(18日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/feature/nara1376747037906_02/news/20130817-OYT8T01037.htm
<中>通級指導教室の必要性(19日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/feature/nara1376747037906_02/news/20130818-OYT8T00897.htm
<下>広がるデイジー教科書(20日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/feature/nara1376747037906_02/news/20130819-OYT8T01296.htm
また「公明新聞」でも記事があります。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20130819_12008