「インクルーシブ教育システム構築支援データベース」(インクルDB)2014-08-06

http://inclusive.nise.go.jp/

本サイトには、大きく2つのコンテンツがあります。

『「合理的配慮」実践事例データベース』は、文部科学省の「インクルーシブ教
育システム構築モデル事業」において取り組まれている実践事例について検索す
るシステム(データベース)です。
http://inclusive.nise.go.jp/?page_id=15

『関連情報』では、
インクルーシブ教育システム構築に関連する様々な情報を掲載しています。
http://inclusive.nise.go.jp/?page_id=32

DO-IT Japan 一般公開シンポジウム/東大先端研センター 2014/08/072014-08-07

http://doit-japan.org/doit/index.php/news/archives/14

DO-IT Japan夏季プログラム特別企画・一般公開シンポジウム
「試験の合理的配慮を実現するICT活用の具体的モデル」

発達障害(読み書き障害や書字障害),肢体不自由,視覚障害等,障害のある児
童生徒にとって「紙と鉛筆の試験」は大きな問題です。例えば,答案の筆記にワ
ープロが使えたり,問題を読むときに音声読み上げ機能が使えたりと,障害のあ
る生徒が差別なく参加できるような配慮が合理的配慮として認められない場合,
試験は高校や大学への進学を阻む社会的障壁となります。

障害者差別解消法の可決成立に続き国連障害者権利条約が批准され,2016年4月
から教育場面での合理的配慮の提供が義務化されることになりました。インクル
ーシブな教育の実現に向け,全国の教育現場の状況は急速に動き始めていますが,
試験での合理的配慮としてのテクノロジーの利用にも具体性が必要です。

DO-IT Japanでは2007年から,児童生徒とともに,高校や大学の入試選抜で,ワ
ープロや音声読み上げといったテクノロジー利用の可能性について実践を積み重
ねてきました。本シンポジウムでは,障害のある児童生徒が受験する上で必要な
配慮があり,かつ他の生徒と不公平とならないよう配慮した環境を全国の学校で
ICTで構築できるよう,具体的な活用モデルを提案します。

またシンポジウムの終わりに,DO-IT Japan 2014夏季プログラムの修了証授与式
を行います。今年のスカラーたちに暖かいご声援を いただければ幸いです。

開催概要
日 時:2014年8月7日(木) 13:30~17:00
場 所:東京都目黒区駒場4丁目6番1号
 東京大学先端科学技術研究センター
 3号館南棟ENEOSホール (一般公開シンポジウム)
 4号館2階講堂 (交流会)
地図: http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/
参加予約: 必要(後述の「お問い合わせ・参加申し込み」をご参照ください)
参加費: 無料
(交流会参加者は,軽食費千円を当日懇親会会場にて受け付けます)

※当日の会場には要約筆記による情報保障あり,車いすでの会場への入場可能

主催:DO-IT Japan,東京大学先端科学技術研究センター
後援:文部科学省,厚生労働省

プログラム
13:30 - 15:00 シンポジウム前半
話題提供
「高校・大学入試における合理的配慮とテクノロジー利用の実際
 ~WindowsやWordなど一般的ICTを利用した環境構築の実例を提案~」
近藤武夫(東京大学先端科学技術研究センター・准教授)
巖淵 守(東京大学先端科学技術研究センター・准教授)
平林ルミ(東京大学先端科学技術研究センター・特任助教)
新谷清香(東京大学先端科学技術研究センター・学術支援専門職員)
DO-IT Japanスカラー
DO-IT Japan保護者
15:00 - 15:20 休憩
15:20 - 16:30 シンポジウム後半
ディスカッション
「全国の高校・大学入試での合理的配慮としてのテクノロジー利用の今後」
[司会] 中邑賢龍(東京大学先端科学技術研究センター・教授)

16:30 - 17:00 「DO-IT Japan 修了証授与式」
[司会] 西村幸夫(東京大学先端科学技術研究センター・所長)

*来賓の方々からのご挨拶を含みます(敬称略)
渡辺正実(文部科学省高等教育局学生・留学生課 課長)
井上惠嗣(文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 課長)
加治佐俊一(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者)
加藤晋平(ソフトバンクグループ/株式会社エデュアス 取締役)
加藤公敬(富士通株式会社 デザイン戦略担当 シニア・バイスプレジデント)
長谷川寿一(東京大学 理事・副学長)

17:30 - 19:00 「公開シンポジウム・DO-IT Japan参加者の交流会」
※交流会参加者は,軽食費千円を当日懇親会会場にて申し受けます

参加申し込み 以下の予約サイトで参加申し込みをお願いします
http://kokucheese.com/event/index/197460/

DO-IT Japan事務局
〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター 3号館309
電話: 03-5452-5064 Fax : 03-5452-5064
メール: inquiry@doit-japan.org

DAISY図書製作講習・読書体験会/大阪市立総合学習セ 2014/08/2-3,92014-08-09

テーマ マルチメディアデイジー図書、作ってみよう!使ってみよう!

 マルチメディアデイジー図書の作り方を覚えて、必要としている子どもたちに
届けませんか?
 製作講習会の後は、マルチメディアデイジー図書を実際に使ってもらう読書体
験会を開催します。製作講習会を受講される方は、読書体験会でサポーターとし
て来場者にマルチメディアデイジー図書の使い方の指導をしていただきます。

講 師 國武淳二 NPO法人NaD

◆製作講習会
日 時 2014年8月2日(土) 午前10時から午後4時30分まで
       8月3日(日) 午前10時から午後4時30分まで

会 場 大阪市立総合学習センター5階 メディア研修室
    〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル内
    http://osakademanabu.com/umeda/

◆読書体験会
日 時 2014年8月9日(土) 午前10時から午後4時30分まで
会 場 大阪市立中央図書館5階中会議室
    ※読書体験会はサポーターとしての参加となりますので、準備等ともお
     手伝いいただきます。
    ※製作講習会と読書体験会は会場が異なりますので、ご注意ください。

対 象 障がいのある方のためのデジタル資料作成に興味のある方。windowsパ
    ソコンの基本的な操作ができ、製作講習会・読書体験会の3日間すべて
    に参加できる方。

参加費 1000円(テキスト代)

申込方法 下記のFAX・Eメールにてお申込みください。
     1.参加者氏名 2.氏名の読み 3.住所 4.電話番号 5.メールアドレス
     FAX:06-6956-9166 Eメール:fujitubo.daisy@gmail.com

主 催 DAISYグループふじつぼ
協 力 大阪市立中央図書館
助 成 子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)

お問い合わせ先 DAISYグループふじつぼ
   〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2大阪市立中央図書館内
   TEL:06-6539-3304

発達が気になる子のサポート入門/鶴ヶ島市富士見公民館 2014/08/092014-08-09

発達が気になる子のサポート入門~オリジナル発達の子と共に
~子どもの「いいところ」探ししませんか?~

講 師:阿部利彦先生

星槎大学准教授・星槎大学付属発達支援臨床センター長
埼玉県特別支援教育推進委員会副委員長

日 時:2014年8月9日(土)10:00~12:30

場 所:鶴ヶ島市富士見公民館 1階・集会室

参加費用:100円

主 催:こっこの会 鶴ヶ島市立富士見公民館 鶴ヶ島市社会福祉協議会

共 催:飯能市親の会・げんきっず 和光市親の会・わこう[かめわこ]
    日高市親の会・[快サークル・コロネット]

申し込み、問合わせ:こっこの会内専門指導部・高橋 049-282-1724

こっこの会 http://kokkonokai.org/event/

DAISYグループふじつぼ 読書体験会/大阪市立中央図書館 2014/08/092014-08-09

マルチメディアデイジーと図書読書体験会&ユニバーサルおはなし会

あなたの近くにこんなお子さんはいませんか?
   ☆文字は分かるのに文章が読めない。
   ☆何度も同じ所を読んだり、読み飛ばしたりする。
   ☆教科書などの音読ができない。
   ☆読書をするための集中力がない。

 そんなお子さんといっしょに、ぜひマルチメディアデイジー図書を体験してく
ださい。
 また西区おもちゃ図書館「ポップコーン」さんによるユニバーサルおはなし会
も行います。おおきな声を出したって、動きまわったって平気!
 障がいのある子もない子も、みんなで楽しく遊ぶおはなし会です。ぜひ遊びに
来てください!!

日 時 2014年8月9日(土)
読書体験会 午後1時30分~4時
*随時開催しています。会場には自由に出入りできます。
ユニバーサルおはなし会 午後2時30分~3時
出演:西区おもちゃ図書館「ポップコーン」
場 所 大阪市立中央図書館 5階中会議室

お申込みは不要です。当日、直接会場へおこしください。参加費は無料です。お
気軽にどうぞ。会場ではさわる絵本や布の絵本などの、障がいに配慮された資料
の展示もしています。

主 催 DAISYグループふじつぼ
協 力 大阪市立中央図書館
助 成 子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)
お問い合わせ先 DAISYグループふじつぼ
    〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2大阪市立中央図書館内
    TEL:06-6539-3304

ノースカロライナ TEACCHプログラム視察研修 2014/08/01-102014-08-10

ノースカロライナTEACCHプログラム視察研修

【同行解説】 梅永 雄二 先生 宇都宮大学教授 日本LD学会理事
【研修時期】 2014年8月1日(金) ~ 8月10日(日) 10日間
【訪問都市】 米国/ノースカロライナ
【旅行代金】 588,000円(燃油サーチャージ・空港税等別途費用がかかります)

自閉症の人々が個々に持っている力を引き出して確立し、地域で自分らしく自立
的に安定した生活が送れるよう組み立てるプログラムTEACCH。臨床的に最も成功
している自閉症プログラムとして今や世界各国で取り組まれていて、広く認知さ
れているTEACCHプログラムを発祥の地である本場ノースカロライナ州(シャーロ
ット、アルバマール、チャペルヒルなど)で研修いたします。研修先ノースカロ
ライナ大学は自閉症に関して全米の二大研究センターに指定されており有意義な
研修を受けていただけることでしょう。視察研修に同行していただけるのは発達
障害者就労支援の第一人者でおられる、宇都宮大学の梅永雄二先生です。

担当: 縄手/小野
リバティ・インターナショナル
〒105-0004 東京都港区新橋6-13-12 木澤ビル4階
Tel: 03-6459-0671 Fax: 03-3436-5808 E-mail: info@iiet.co.jp
URL: http://www.iiet.co.jp

科学へジャンプ・サマーキャンプ 2014/茨城県守谷市 2014/08/12-152014-08-15

http://jump2science.org/activity_summer-camp2014.html

科学へジャンプ・サマーキャンプ2014

  ・ 視覚障害のある生徒たちが科学の面白さを知る体験の場
  ・ 科学技術分野に進むために必要な技術や情報を習得できる場
  ・ 同じ分野に興味・関心を持つ視覚障害者同士の交流を培う場 

このキャンプでは,視覚障害のある中高生の皆さんに広い意味での科学に対する
関心を高めて頂くため,モノ作りや理科の実験・数学・コンピュータなど科学を
学ぶために必要となるさまざまな事柄を,少人数のグループに分かれて,楽しみ
ながら学んでいきます。視覚障害学生・生徒の教育経験豊富な人たちが講師を務
めるとともに,支援経験を積んだ人たちがキャンプ全体をサポートします。最新
の支援機器を体験する時間などもあります。実行委員会には,現在大学や社会で
活躍している視覚障害者の先輩たちも多数いますので,キャンプを通じて同世代
だけでなく先輩とも交流して,体験やアドバイスを聞くことができます。視覚障
害のある生徒の皆さんには積極的に参加して頂けますよう、お申し込みをお待ち
しています。

開催日程:2014年8月12日(火)14:00~15日(金)12:00
会  場:デュープレックスセミナーホテル(茨城県守谷市)
募集期間:2014年4月21日~5月12日(月)必着
募集人数:視覚障害のある中学生・高校生16名
参加費:10,000円
交通費:参加生徒・保護者の往復交通費が一定額を超える場合,NPO法人 サイエ
ンス・アクセシビリティ・ネットからの助成があります。

日本デジタル教科書学会 2014年度年次大会 新潟大会 2014/08/16-172014-08-17

http://society2014.js-dt.jp/

日本デジタル教科書学会 2014年度年次大会(新潟大会)

会長 兼 実行委員長:片山 敏郎 (新潟大学 教育学部 附属新潟小学校)

開催概要

テーマ 「深化するタブレット端末活用 ~今育成したい能力~」

開催日程 2014年8月16日(土)・17日(日)

1日目会場 新潟日報 メディアシップ
2日目会場 新潟大学教育学部 附属新潟小学校

大会参加費
会員:無料(2014年度正会員・学生会員・賛助会員)
非会員:1000円

後援:新潟県教育委員会、新潟市教育委員会、BSN新潟放送、新潟日報社

米国ユング心理学の現場を訪ねる ~アートセラピーの実態を視察~2014-08-23

【同行解説】
大久保 シェリル 先生
ユング派アートセラピスト、アメリカアートセラピー協会認定アートセラピスト
栗本 美百合 先生 臨床心理士、学校心理士
【研修時期】 2014年8月17日(日) ~ 8月23日(土) 7日間
【訪問都市】 米国/アルバカーキ、サンタフェ、エルパソなど
【旅行代金】 468,000円(燃油サーチャージ・空港税等別途費用がかかります)

アートセラピーには幾つかの種類があり、心の安定の為にアートを用いる方も様
々です。大久保先生がかつて、ニューメキシコ州で学ばれた、ユングとジェーム
ズ・ヒルマンの心理学に基づいたアートセラピーを先生ご自身より解説していた
だく非常に興味深い内容となっております。また学校や大学、クライシスセンタ
ー、コミュニティアートセンターなどを訪れ、その中で生きたアートセラピーを
直に体験していただければと思います。同時に神秘的で美しいホワイトサンズ砂
丘やカールズバッド洞窟などの大自然もお楽しみ下さい。

担当: 縄手/小野
リバティ・インターナショナル
〒105-0004 東京都港区新橋6-13-12 木澤ビル4階
Tel: 03-6459-0671 Fax: 03-3436-5808 E-mail: info@iiet.co.jp
URL: http://www.iiet.co.jp