障害者へのICT活用研修会のご案内/東京・大阪・福岡 2017/9-2018/12018-01-14

◆障害者へのICT活用研修会のご案内

平成29年度パソコンボランティア指導者養成事業
「障害者へのICT活用研修会」の募集を開始いたしましたのでご案内をさせて頂
きます。

通常研修

第1回(東京)2017年9月2日(土)~9月3日(日)
第2回(大阪)2017年11月18日(土)~11月19日(日)
第3回(福岡)2017年12月9日(土)~12月10日(日)
第4回(東京)2018年1月13日(土)~1月14日(日)

特別研修

マルチメディアDAISY製作研修(東京)

2018年1月27日(土)~1月28日(日)

受講をご希望の方は、以下のページより、実施要綱、研修科目の概要、実施予定
をご確認の上、研修申し込みフォームよりお申し込み下さい。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/

研修内容につきましては、以下のページ「研修科目の概要」をご覧ください。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/course.html

皆様のご参加をお待ちするとともに、周知・広報のご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせ先
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
パソボラ事務局
E-mail:pcv@mx1.jsrpd.jp
TEL:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615

DAISYとEPUBそしてW3C 日本DAISYコンソーシアム河村宏氏 2017/02/172017-12-14

講演録・動画(字幕付き)

DAISYとEPUBそしてW3C 日本DAISYコンソーシアム・河村宏氏
-インクルーシブな生涯学習社会を支える電子出版規格のアクセシビリティは、
誰がどのように開発し、さらなる開発と普及を進めていくのか?-
【字幕付き】
https://youtu.be/Ix7IdZ7Y4xQ

----------【以下参考】

ICT CONNECT 21 (みらいのまなび共創会議)( https://ictconnect21.jp/
赤堀侃司会長)は、2017年のイベント第一弾として、日本DAISYコンソーシアム
の河村宏会長をお迎えし、ご講演を戴きたいと存じます。
※参加無料です。また、ICT CONNECT 21 会員の方以外でもご参加いただけます。

詳細、および参加申込は下記Webサイトより【終了】
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/event2017_01/

~日本DAISYコンソーシアム 河村宏会長 プロフィール~
東京大学理学部卒業
1970年から1997年まで東京大学総合図書館に勤務
元(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センター長
元国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所障害福祉研究部長
特定非営利活動法人支援技術開発機構副理事長
日本図書館協会障害者サービス委員
全国視覚障害者情報提供施設協会理事
障害者放送協議会著作権委員会委員長
国際リハビリテーション協会技術アクセス委員会(RI/ICTA)委員長


「情報へのアクセシビリティの確保」という表現を見ると、視覚障害者ほか、何
らかの不自由を抱えている方を対象とした方向性をイメージしがちです。

確かに、情報へのアクセスが不自由な方に対し、課題を解決する活動のことでは
あるのですが、だからといって「自分には関係ない」とは言えません。いつ、あ
なたと家族や友人が、障害を抱える身になるかわかりません。 いや、それだけ
ではなく、誰しもが齢を重ねると、視聴覚の能力が衰え、今と全く同じようには
情報に接することができなくなります。

情報へのアクセシビリティの確保は、社会の成員全員にとって、とても大切なこ
となのです。

ICTを用いて、「いつでも・どこでも・誰でも」教育の機会が与えられるような
社会の在り方は、ICT CONNECT 21 が目指そうとする姿です。

そこで、今回は、アライアンス団体の日本DAISYコンソーシアム河村宏会長をお
招きし、環境を改善して情報へのアクセシビリティを確保するという考え方をご
説明いただくとともに、DAISYの原義である「Digital Accessible Information
SYstem」(アクセシブルな情報システム)とその最新版であるEPUB3.1という国
際標準規格の役割についてのお話をしていただきます。

第11回 マルチメディアデイジー図書講演会/大阪市 2017/12/032017-12-03

主催者からのご案内です。

------------

テーマ 「ぼくも読めたよ、デイジー教科書Vol.2
─新たな取り組みと活用事例─ 」

日 時 2017年12月3日(日) 午後1時30分~4時30分
午前10時半~12時 デイジー図書(教科書)の再生方法についての
個別相談会
午後1時~午後4時30分 講演会
講 師 平岡昌樹 氏 大阪市教育委員会インクルーシブ教育推進担当 総括指導
主事
事例紹介 田原 益美 氏 大阪市立城北小学校 教諭
榮 隆弘 氏 藤原 愛 氏 大阪市立滝川小学校 教諭

会 場 日本ライトハウス情報文化センター 4階 第1会議室
    http://www.iccb.jp/access/
    〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-13-2
    大阪市営地下鉄四つ橋線肥後橋駅2番出口からすぐ

定 員(申し込み先着順) 個別相談(午前):15名 / 講演会(午後):70名

申し込み 申し込みフォーム:http://hec.xsrv.jp/2017daisyseminar/
に、必須事項をご記入のうえ、11月30日(木)までにお申し込みください。

共 催 特定非営利活動法人NaD (社福)日本ライトハウス情報文化センター

後 援 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会

参加費 500円

お問い合わせ先:特定非営利活動法人 NaD(ナディ)
        https://www.npo-nad.org/
        E-mail: naradaisy@gsk.org

【講演録画】 電子出版アクセシビリティの現状と課題 10月24日(火) 15:00-17:302017-11-03

●司会進行 村田 真氏(JEPA CTO、APL a11y WGリーダー)

●第1部:「情報アクセシビリティの現状とマイクロソフトの取り組み」

●講師:大島 友子氏(日本マイクロソフト)
 【⇒プレゼン資料】 https://www.slideshare.net/JEPAslide/ss-81100411
 【⇒プレゼン動画】 https://www.youtube.com/watch?v=ii_TpfF6CFs

    柳 明生氏(イースト)
 【⇒プレゼン資料】 https://www.slideshare.net/JEPAslide/word-talker-81124077
 【⇒プレゼン動画】 https://www.youtube.com/watch?v=_etPWAdGW3k

●概要:国連障害者権利条約の批准、障害者差別解消法の施行、デジタル教科書
の導入など、”読むこと”に困難のある人を取り巻く環境は大きく変わってきて
います。このセッションではその現状のご説明と、音声読み上げソフト
WordTalker、UDデジタル教科書体、EdgeやOfficeの読上げ機能など最新の取り組
みをご紹介します。

●第2部:「デジタル化による視覚障害者の読書環境の向上と課題」

●講師:中根 雅文氏(慶應義塾大学)
 【⇒プレゼン資料】 https://goo.gl/1TZN1r
 【⇒プレゼン動画】 https://www.youtube.com/watch?v=w4jxXNXsZSE

1990年代半ば頃より、研究者、開発者、全盲の視覚障害があるユーザーの立場か
らアクセシビリティに関する様々な活動に取り組む。
1997年から2001年にかけてWorld Wide Web Consortium (W3C) のWeb
Accessibility Initiative (WAI) に参加し、Web Content Accessibility
Guidelines (WCAG) 1.0 の策定に関わる。
Webアクセシビリティーの指針を定めるJIS X 8341-3の2010年および2016年改定
時には原案作成委員会に参加。
ウェブアクセシビリティ基盤委員会WG2委員
アクセシビリティーの情報サイト「AccSell」主催
慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任助教

●概要:このセッションでは、視覚障害者の読書環境の変遷を概観し、その現状
を紹介します。まずアナログ時代の読書環境に触れながら、視覚障害者の書籍利
用の特徴を説明します。続いて視覚障害者の読書環境のデジタル化と一般の電子
書籍利用についてデモを交えて現状を紹介し、全盲の視覚障害者の立場で感じて
いる問題について明らかにします。

電子出版アクセシビリティの現状と課題 2017/10/242017-10-24

http://kokucheese.com/event/index/488132/

EPUBは、アクセシブルな情報システム(Digital Accessible Information
System)を標榜するDAISYコンソーシアムがリードしてきました。昨年、障害者
差別解消法が施行され、電子的な出版物のアクセシビリティがますます重要にな
ってきています。アクセシビリティの問題は、文字コード、外字問題にも大きく
関わってきます。EPUBを策定したIDPFがW3Cと統合するなど、世界的にも大きな
動きがあります。今回のセミナーは、その現状を理解し、課題を認識するために
企画しました。(村田)

●司会進行 村田 真氏(JEPA CTO、APL a11y WGリーダー)

●第1部:「情報アクセシビリティの現状とマイクロソフトの取り組み」
●講師:大島 友子氏(日本マイクロソフト)、柳 明生氏(イースト)
●概要:国連障害者権利条約の批准、障害者差別解消法の施行、デジタル教科書
の導入など、”読むこと”に困難のある人を取り巻く環境は大きく変わってきて
います。このセッションではその現状のご説明と、音声読み上げソフト
WordTalker、UDデジタル教科書体、EdgeやOfficeの読上げ機能など最新の取り組
みをご紹介します。

●第2部:「デジタル化による視覚障害者の読書環境の向上と課題」
●講師:中根 雅文氏(慶應義塾大学)
1990年代半ば頃より、研究者、開発者、全盲の視覚障害があるユーザーの立場か
らアクセシビリティに関する様々な活動に取り組む。
1997年から2001年にかけてWorld Wide Web Consortium (W3C) のWeb
Accessibility Initiative (WAI) に参加し、Web Content Accessibility
Guidelines (WCAG) 1.0 の策定に関わる。
Webアクセシビリティーの指針を定めるJIS X 8341-3の2010年および2016年改定
時には原案作成委員会に参加。
ウェブアクセシビリティ基盤委員会WG2委員
アクセシビリティーの情報サイト「AccSell」主催
慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任助教
●概要:
このセッションでは、視覚障害者の読書環境の変遷を概観し、その現状を紹介し
ます。
まずアナログ時代の読書環境に触れながら、視覚障害者の書籍利用の特徴を説明
します。
続いて視覚障害者の読書環境のデジタル化と一般の電子書籍利用についてデモを
交えて現状を紹介し、全盲の視覚障害者の立場で感じている問題について明らか
にします。

日時:10月24日(火) 15:00-17:30(14:30受付開始)
料金:JEPAとCITPC会員社:無料、非会員社:3000円
会場:麹町/紀尾井町:株式会社パピレス 4階セミナールーム
主催:日本電子出版協会(JEPA)+文字情報技術促進協議会(CITPC)
協力:Advanced Publishing Laboratory(APL)
※JEPA会員社は下記URLに記載されている企業・団体のみです。
http://www.jepa.or.jp/member_company/
会員社の法人構成も複雑になり、事務局で把握することが困難となりました。関
係会社それぞれが個別に会員になられている場合もありますので、JEPA会員社リ
ストに社名掲載の企業・団体以外は原則的に「非会員」とさせていただきます。
会員登録企業のグループ会社でセミナー参加希望の方は、申込時会員登録企業名
で申し込んでください。

※非会員は当日3000円を会場受付でお支払いください。宛先無記名の領収書を発
行します。
※お申込み頂いたメールアドレスはJEPA主催のセミナー紹介にのみ利用させてい
ただきます。

DAISY/EPUBで実現するアクセシブルなデジタル教科書 2017/01/222017-01-22

http://kokucheese.com/event/index/438592/

講演会 DAISY/EPUBで実現するアクセシブルなデジタル教科書(第3回)

日時 2017年1月22日(日)13時30分~16時45分

会場 ウェスタ川越1F会議室2・3(埼玉県川越市新宿町1-17-17)
   東武東上線またはJR川越線川越駅西口から徒歩5分

地図 http://www.westa-kawagoe.jp/access/

主催 日本デジタル教科書学会 http://js-dt.jp/

開催の趣旨
デジタル教科書が備えるべき必須条件の一つである、アクセシビリティ確保に関
する内外の最新情報について講演いただきます。また2016年12月公表予定の「デ
ジタル教科書の位置づけ検討会議」の最終まとめなど踏まえ、参加者皆様の意見
交換により今後のデジタル教科書の在り方について認識を深めることを目的とし
ます。
今回は電子書籍の国際規格EPUBの策定主体であるIDPFのメンバーでもある
「DAISYコンソーシアム」の河村宏氏。マルチメディアDAISY教科書の普及活動に
携わってきた日本障害者リハビリ協会の野村美佐子氏。DAISY/EPUBフォーマット
のデジタル教科書・教材の自動製作システムを開発している「シナノケンシ」の
西澤達夫氏。同フォーマットのデジタル教科書・教材のモバイル端末用再生アプ
リを開発している「サイパック」の工藤智行氏の4名にご登壇いただき、内外の
関連する最新情報の提供をしていただく予定です。
なお、この講演会は「日本デジタル教科書学会」からの「研究会開催助成」を受
けて開催されます。

参加費 500円 (資料代として) ただし日本デジタル教科書学会員は無料。

定員 50名

申し込み 下記のウェブページの「申し込み」ボタンからお願いします。
     http://kokucheese.com/event/index/438592/

タイムテーブル(演題はいずれも仮題)

13:30 開会
13:30-13:40
 趣旨説明 井上芳郎(日本デジタル教科書学会)
13:40-14:20
 DAISY/EPUB等アクセシブルなデジタル教科書
 の標準フォーマットに関する内外の最新情報
 河村宏氏(日本DAISYコンソーシアム)
14:20-14:50
 マルチメディアDAISY教科書の普及状況と活用事例について
 野村美佐子氏(日本障害者リハビリテーション協会)
休憩(10分間)
15:00-15:30
 アクセシブルなデジタル教科書・教材の自動製作・利用システムについて
 西澤達夫氏(シナノケンシ)
15:30-16:00
 モバイル端末用のアクセシブルなデジタル教科書・教材再生アプリについて
 工藤智行氏(サイパック)
休憩(10分間・質問紙回収)
16:10-16:40 質疑応答及び登壇者と参加者全員による意見交換
16:40-16:45 まとめと閉会 井上芳郎(日本デジタル教科書学会)

※ 講演会閉会後に希望者で懇親会(川越駅近辺)を予定しております。

国際シンポジウム デジタル教科書のアクセシビリティー 2016/11/182016-11-18

http://kokucheese.com/event/index/429614/

【趣旨】DAISYを開発し、EPUBのアクセシビリティ開発の中心を担う国際DAISYコ
ンソーシアムの理事会を日本DAISYコンソーシアムがホストして東京で開催する
機会をとらえて、障害のある児童生徒が使えるアクセシブルなデジタル版教科書
について、特に日本に参考になると思われる海外スピーカーから最新の状況の報
告を得て、日本においてインクルーシブ教育を推進するための教科書・教材の在
り方を探る機会にしたいと思います。

日時:2016年11月18日(金)13:30-17:30

会場:日本財団ビル・大会議室 東京都港区赤坂1丁目2番2号
   http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

主催:文部科学省委託事業
   「音声教材の効率的な製作方法等に関する調査研究事業」
   日本障害者リハビリテーション協会 日本財団 日本DAISYコンソーシアム

後援:一般社団法人教科書協会 日本電子出版協会 ICT CONNECT 21(申請中)

会議言語:日本語および英語(日英同時通訳付き)

情報保障:日本手話、日本語要約筆記、英語字幕

【プログラム】
13:30 開会 (司会:野村 美佐子・日本DAISYコンソーシアム事務局長)
13:35-13:45 主催者あいさつ・歓迎の辞
   福母 淳治(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会常務理事)
   石井 靖乃(日本財団 ソーシャルイノベーション本部
   福祉特別事業チーム 上席チームリーダー)
13:45-14:00 基調報告
   河村 宏(日本DAISYコンソーシアム運営委員長
   (特活)支援技術開発機構副理事長)
14:00-14:30 講演1
   「オランダにおけるアクセシブルなデジタル教科書の取り組み(仮題)」
   マーテン・フェルブーム
   (デディコン チーフエクゼクティブオフィサー・オランダ)
14:30-15:00 講演2
   「DIAGRAMプロジェクトが目指す
   アクセシブルな教科書と専門書の出版(仮題)」
   ブラッド・ターナー
   (ベネテック/ブックシェア グローバルリテラシー・
    プログラム統括責任者・アメリカ)
15:00-15:10 休憩
15:10-15:30 講演3
   「アクセシブルな電子出版の国際戦略(仮題)」
   ジョージ・カーシャ(国際DAISYコンソーシアム
   チーフイノベーションオフィサー/IDPF会長・アメリカ)
15:30-16:25パネル討論―イギリス、ノルウェー、インドの取り組みから学ぶー
   リチャード・オーム(国際DAISYコンソーシアム
   チーフエクゼクティブオフィサー・イギリス) 
   アルネ・シルシェブー(ノルウェー国立録音図書と点字図書館
   開発部長・ノルウェー) 
   アブニッシュ・シン(国際DAISYコンソーシアム
   チーフオペレーティングオフィサー/EPUB3アクセシビリティワーキング
   グループ共同議長・インド)
16:25-16:30 閉会の辞 河村 宏
16:30-17:30 歓談・名刺交換・ 情報交換

読書バリアフリー研究会(秋)の案内/伊藤忠記念財団・わいわい文庫2016-10-30

http://www.itc-zaidan.or.jp/event_nagano20161001.html

今秋に、下記4会場で読書バリアフリー研究会を行います。読むための障害とな
るさまざまな原因と、それを解消するために有効な媒体、支援方法について学び
ます。
詳しくは下記よりご覧下さい。

2016年10月1日(土) 【長野会場】~県立長野図書館
http://www.itc-zaidan.or.jp/event_nagano20161001.html

2016年10月2日(日) 【山梨会場】~山梨県立図書館
http://www.itc-zaidan.or.jp/event_yamanashi20161002.html

2016年10月29日(土) 【山形会場】~山形県立図書館
http://www.itc-zaidan.or.jp/event_yamagata20161029.html

2016年10月30日(日) 【秋田会場】~秋田県立図書館
http://www.itc-zaidan.or.jp/event_akita20161030.html

また、電子図書普及事業部
http://www.itc-zaidan.or.jp/ebook.html#session
に各研究会へのリンクがありますので、こちらからもご覧いただけます。

マルチメディアDAISYコンテンツ製作研修会 in 静岡 2016/08/202016-08-20

主催者からのご案内です。

------------

研修会の目的:発達障害などにより読むことに困難がある児童生徒のための、教
科書や教材等の情報補償の一つの手段としてマルチメディアDAISY(デイジー)
があります。製作コストが課題であったマルチメディアDAISYですが、近年、新
しい製作環境の開発により非常に簡単につくれるようになってきました。本研修
会では、最新のシステムによるマルチメディアDAISYの作成方法について、実際
にコンテンツを作成しながら身につけることをねらいとしています。マルチメデ
ィアDAISYを見たことがない方も歓迎します。

なお、この研修会は8/27に東京・日本点字図書館で行われる内容と同じです。

日時:2016年8月20日(土) 10:30~16:30

会場:グランシップ 10階1002会議室(〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4)
   JR東静岡駅の南口からメインエントランスまで徒歩約3分
   静鉄長沼駅から徒歩約10分(JR東静岡駅コンコースを通り抜ける)
   https://www.granship.or.jp/parking/data/pdf/access_map_20150515.pdf

対象:学校の教職員、図書館員、行政機関等及び事業者の職員、ボランティア、
その他障害者の支援に関わっている方でマルチメディアDAISYの作成や活用に関
心のある方。ご自分のPCを持参できる方。

講師:鈴木昌和(サイエンス・アクセシビリティ・ネット代表理事)
   澤村潤一郎(日本点字図書館)他

定員:40名

受講料:無料

内容 :・講演「手軽になったマルチメディアDAISY製作-ChattyInfty」
   ・講演「マルチメディアDAISY図書製作システムのWEBアプリ化」
   ・実習「ChattyInfty版によるマルチメディアDAISYコンテンツ製作体験」

この研修会では参加者各自のパソコンで ChattyInftyを使って、実際にマルチメ
ディアDAISY製作をします。ChattyInfty3-AITalk版とOnline版の両方を試用体験
して頂きます。(Chatty Infty3-AITalk版・Online版はサイエンス・アクセシビ
リティ・ネットと日本点字図書館による共同開発システムです。)

参加して頂いた方には、1年間のChattyInfty試用ライセンスを提供いたします。
この機会にマルチメディアDAISYに挑戦してください。

*持参していただくパソコンのOSはWindows 7, 8, 8.1, 10で、無線LANを利用で
きることが必要です。

申込み・問い合わせ:8月13日(土)までに mDAISYkensyuu@gmail.com 宛て、件
名に「申込み」または「問い合せ」、本文に 1氏名 2所属等 3電話番号
 4メールアドレス(PCアドレス) とご記入ください。

主催:NPO サイエンス・アクセシビリティ・ネット
   (http://www.sciaccess.net/jp/

後援:静岡県・静岡県教育委員会・静岡県立中央図書館・静岡県立短期大学

マルチメディアデイジー図書 作ってみよう 使ってみよう 2016/8/6-72016-08-07

主催者からのご案内です。

-----------

マルチメディアデイジー図書、製作講習会のご案内

マルチメディアデイジー図書の製作講習会と、読書体験会を開催します。
製作講習会では、まず再生ツールを使っていただき、マルチメディアデイジーが
どのようなものか実感していただきます。
そして、講師の指導の下、マルチメディアデイジー図書を作っていただきます。
再生ツールと視聴用の作品が入ったCDと、ご自身の作られた作品を入れたCDをお
持ち帰りいただきます。

読書体験会では、午前中に操作方法の復習を行います。
午後からは、来場者の方に製作ツールの使い方(再生スピードの変更、文字の大
きさや背景色の変更など)をご案内いただきます。
さわる絵本などの展示や「おはなしQの会」さんによるユニバーサルお話会もご
ざいますので是非、お楽しみください。

詳細)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=josf1d7se-510#_510

------------

製作講習会
【日時】平成28年8月6日(土) 午前10時~午後4時30分
    平成28年8月7日(日) 午前10時~午後4時30分
【場所】大阪市立総合生涯学習センター 5階 メディア研修室
    〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル内
    http://osakademanabu.com/umeda/
【講師】國武 淳二 氏(NPO法人NaD)

読書体験会
【日時】平成28年8月20日(土) 午前10時30分~午後4時30分
【場所】大阪市立中央図書館5階中会議室
    〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2
    http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=292

※製作講習会と読書体験会は会場が異なりますので、ご注意ください。

参加対象
・障がいのある方のためのデジタル資料作成に興味のある方
・Windowsパソコンの基本的な操作ができ、
・製作講習会・読書体験会の3日間すべてに参加できる方
【参加費】 1000円(テキスト代)
【定員】 15名(先着順)
【申込方法】下記の内容を記入の上、FAX・Eメールにてお申込みください。
 1)参加者氏名
 2)氏名の読み
 3)住所
 4)電話番号
 5)メールアドレス

主催 DAISYグループふじつぼ

問い合わせ先
Eメール:fujitubo.daisy@gmail.com
〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2大阪市立中央図書館内
TEL:06-6539-3304 FAX:06-6956-9166