「しゃべる教科書 バージョン1.0」をリリースしました 2020/04/242020-05-03

紙の教科書の読みに困難をかかえる識字障害・発達障害・弱視・全盲・肢体不自
由などの児童・生徒が、iPhone・iPad・iPod touchでマルチメディアデイジー教
科書を利用するためのアプリ「しゃべる教科書 バージョン1.0」をリリースしま
した。アプリの価格は無料です。iOS 13, iPadOS 13で動作します。ボイス オブ
デイジー 5の最新のデイジー再生エンジンを搭載している他、ダークモードに
も対応しています。

マルチメディアデイジー教科書は検定教科書に読み上げ音声を付加して電子図書
化した音声教材(教科用特定図書)です。全国のボランティア団体により制作さ
れています。ダウンロードによるデータの入手には日本障害者リハビリテーショ
ン協会への利用申請が必要です。
http://www.cypac.co.jp/ja/products/vsb/

ボイス オブ デイジー 5バージョン 5.5をリリース 2020/05/012020-05-03

https://apps.apple.com/app/id1401723604

iOS/iPadOSで利用できるデイジー図書・アクセシブルなEPUB再生アプリのボイス
オブ デイジー 5バージョン 5.5をリリースしました。サピエ図書館との通信エ
ラー対策を強化した他、文字間・行間の指定機能の追加、ダークモード表示対応、
オンラインサービスにBasic認証・Digest認証のサーバを登録する機能追加など
を行いました。

音声教材の効率的製作法調査研究事業 DAISY教科書報告会 2020/03/082020-03-08

https://kokucheese.com/event/index/587794/

令和元年度 音声教材の効率的な製作方法等に関する調査研究事業
「デイジー教科書事例報告会」

趣旨
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会は、平成20年度からボランテ
ィア団体等と協力して小中学校の発達障害など読みの困難がある児童生徒にデイ
ジー教科書を製作・提供を行っています。
当初80名だった利用者は、平成30年度末は1万人を超えて急速に普及しつつあり
ます。
また、平成26年度からは、文部科学省の音声教材の効率的な製作方法等に関する
調査研究事業として、デイジー教科書製作の効率化に取り組み、製作基準を整備
するとともに教科書数を拡充し、令和元年12月現在では430冊を越え、検定教科
書の約9割を提供しています。
本報告会では、デイジー教科書提供事業についてその取り組みと現状についての
報告を行い、読みの困難 のある児童生徒へのデイジー教科書を活用した ICT 支
援の実践、導入について、眼科医としての診療実績に基づく読みの困難を持つ子
どもへの支援の実例、デイジー利用者の視点、支援団体・製作団体などそれぞれ
の立場から有効な事例をご報告していただき、そこから得られた成果や課題を学
び、今後のデイジー教科書のあり方と普及について考えます。

主催:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
日時:令和2年3月8日(日)13:30~17:00
会場:戸山サンライズ 大研修室
https://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.htm
定員:140名
参加費:無料

情報保障:要約筆記あり。希望に応じて手話通訳・ヒアリングループ(磁気ルー
プ)を用意。

申込先・問合せ:日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
TEL:03-5273-0796 / FAX:03-5273-0615 /e-mail: daisy_c@dinf.ne.jp

プログラム
12:30-13:30 デイジー教科書、機器展示
13:30 開会挨拶 福母 淳治(日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)
13:35-14:00  デイジー教科書の利用申請状況報告
        西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)
14:00-14:45 学習障害の疑いのある子どもたちへの診療、支援
      松久 充子(さくら眼科 院長)
14:45-15:00 (休憩)
15:00-15:45 デイジー教科書利用経験者からの提言、小学生時代の支援
小林 明史(長野県の高校生)、池田 明朗(長野県上田市立丸子中央小教諭)
15:45-16:30  デイジー教科書製作の進化と新たな活用方法の提案
 鈴木 昌和(特定非営利活動法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット)
16:30-17:00   質疑応答
17:00       閉会

国際フォーラム:世界の特別なニーズのある人への図書館サービス 2020/03/032020-03-03

https://www.kokuchpro.com/event/a779f9af4bb037394513f22124bcac6d/?fbclid=IwAR3a5J6qdZnwfo9uC9BUGMBFfTI_BZOZWjXtSqjkLzULfd3nxCDovSA4ebg

国際フォーラム:世界の特別なニーズのある人への図書館サービス

趣旨:IFLA(国際図書館連盟)/LSN(特別なニーズのある人々に対する図書館サ
ービス)の常任委員会の東京での開催に合わせて来訪する委員から世界の特別な
ニーズのある人を含む障害者サービスの取り組みを学び、さまざまなニーズに対
応する図書館の活動について講師との意見交換の場とする。

日時:2020年3月3日(火) 14:30~17:00

会場:日本図書館協会2階研修室

定員:80名(先着順)

参加費:無料

情報保障:必要な方は要望をお申し出ください。

その他:逐次通訳有

主催:特定非営利活動法人支援技術開発機構

共催:IFLA/特別なニーズのある人々に対する図書館サービス(LSN)セクショ
   ン 公益社団法人日本図書館協会

プログラム

14:00 開場
14:30~14:35 挨拶
14:35~14:45 IFLA/ LSNの紹介
  野村美佐子(LSN常任委員、日図協障害者サービス委員会委員)
14:45~15:15  IFLAと日本における図書館の障害者サービスの関わり
  河村宏 (LPD(プリントディスアビリティのある人々のための図書館セク
  ション)常任委員、日図協障害者サービス委員会委員)
15:15~15:45 ディスレクシアに焦点をあてた障害者サービス(デンマーク)
  マリー・エリクソン(Gladsaxe図書館アウトリーチサービスコーディネータ)
15:45~16:15 特別なニーズのある人を含む障害者サービスの取り組み(米国)
  ナンシー・ボルト(LSN議長、ナンシーボルトアソシエイツ代表)
16:15~16:30 質疑応答
16:30~17:00 レセプション(交流会)

視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る関係者協議会 会議資料2019-12-28

https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20191215-mxt_kyousei02-000003208_2.pdf
視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る関係者協議会 設置要綱

令和元年10月11日 関係省庁等申し合わせ

1 趣旨
 視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する施策の総合的かつ効果的な推進
を図るに当たり、「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律」第18条
の規定に基づき、視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する関係者の協議を
行うため、視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る協議会(以下、「協議会」
という。)を設置する。

2 構成員
(1) 構成員は、視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律第18条の
   規定に基づき、別紙のとおりとする。
(2) 協議会に座長及び座長代理を置く。
(3) 座長は、構成員の互選により選出し、座長代理は、構成員の中から座長
   が指名する。
(4) 座長は、必要に応じ意見を聴取するため、参考人を招へいすることがで
   きる。

3 構成員の任期
 構成員の任期は、任命の日から2年間とする。

4 事務局等
 (1) 協議会は、文部科学省総合教育政策局社会教育振興総括官及び厚生労
   働省社会・援護局障害保健福祉部長が、構成員の参集を求めて開催する。
 (2) 協議会の庶務は、文部科学省総合教育政策局男女共同参画共生社会学
   習・安全課及び厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振
   興室において行う。
 (3) 協議会は、原則として公開とする。

5 備考
 上記の規定するもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、協議会におい
て定める。

視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る関係者協議会(第1回)会議資料
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/mext_00031.html

視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る関係者協議会(第2回)会議資料
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/mext_00032.html

視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る関係者協議会(第3回)会議資料
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/mext_00033.html

「マルチメディアDAISY教科書等を利用した学習の推進及びマルチメ ディアDAISY図書の製作を通じた障害者の社会参加について/有楽町朝日ホール 2019/12/052019-12-05

https://kokucheese.com/event/index/582348/

「障害者週間連続セミナー」
日時:2019年12月5日(木)11:50-13:40

場所:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)

タイトル:「マルチメディアDAISY教科書等を利用した学習の推進及びマルチメ
ディアDAISY図書の製作を通じた障害者の社会参加について~2015年国連サミッ
トで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の推進に向けて~」

2015年国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の推進に向け
て、障害分野の取り組みについて当事者・支援者等にて意見交換を行う。

本協会では、これまでにマルチメディアDAISY教科書の製作・配信を行い、現在
1万人を超える読み書き障害の児童・生徒が、マルチメディアDAISY教科書を利用
し学習に役立てている。更に本協会では教科書の他に推薦図書の製作・配信を行
っている。

また、筋委縮性側索硬化症(ALS)、筋ジストロフィーの重度障害者が、マルチ
メディアDAISY図書を作成するプロセスに参加することについての調査を実施中
である。

本セミナーでは、マルチメディアDAISY図書の製作を通じた障害者の社会参加の
可能性、今後の課題等について意見交換を行うものである。

問い合わせ先:日本障害者リハビリテーション協会

Tel:03(5273)0601 Fax:03(5273)1523

E mail:soumu@dinf.ne.jp

参加費:無料 情報保障:手話・要約筆記

プログラム

挨拶:福母淳治(日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)

発表:
・日本障害者リハビリテーション協会のデイジーの取り組みについて

西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)

・厚生労働省における発達障害者の自立支援の取り組みについて
 厚生労働省 自立支援振興室 専門官

・読み書き障害と社会参加について(当事者の立場から)
 神山 忠(読み書き障害当事者:特別支援学校 教論)

・デイジー図書と社会参加について(支援団体・製作団体の立場から)
 鈴木 昌和(九州大学 名誉教授・特定非営利活動法人サイエンス・アクセシ
 ビリティネット代表理事)

・デイジー図書の製作に参加して(当事者の立場から)
 鹿久保 芹菜(脊髄性筋萎縮症患者:デイジー製作参加者)

・ICT技術を使用した障害者の社会参加について(支援団体の立場から)
 堀込 真理子
 (社会福祉法人東京コロニー 障害者IT地域支援センター長・社会福祉士)

パネルディスカッション:
「マルチメディアDAISY図書の製作を通じた社会参加の取り組みと今後の課題」

モデレーター:西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)

第13回マルチメディアデイジー図書講演会 デイジーと共に歩む学校生活 2019/12/012019-12-01

第13回マルチメディアデイジー図書講演会
わたしも読めたよ デイジー教科書Vol.4
― デイジーと共に歩む学校生活 ―

日時: 令和元年12月1日(日) 13:00~16:10(受付開始 11:00)

場所: 日本ライトハウス情報文化センター 4階 会議室
http://www.lighthouse.or.jp/iccb/

〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-13-2
大阪メトロ 四つ橋線肥後橋駅2番出口からすぐ

参加費:500円

定員(申し込み 先着順):60名

申し込み:申し込みフォーム:http://hec.xsrv.jp/2018daisyseminar/
に、必須事項をご記入のうえ、11月30日(土)までにお申し込みください。
共催: 特定非営利活動法人 NaD/社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター

後援: 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
お問い合わせ先:特定非営利活動法人 NaD(ナディ)
https://www.npo-nad.org/
E-mail: naradaisy@gsk.org

【プログラム】
11:00 開場  デイジー図書の展示やデモをしていますのでご覧ください
13:00 講演会開始
13:00~13:05 挨拶
13:05~13:20 デイジー図書紹介
13:25~14:05 講演
「デイジーユーザーからの体験報告 ―当事者と親の視点から―」
小澤彩果氏(立命館大学大学院生)・小澤理香氏(母親)
14:05~14:30 休憩
14:30~15:30 パネルディスカッション
「中学校でのデイジー教科書活用事例」
中山めぐみ氏 奈良県平群(へぐり)町立平群(へぐり)中学校
九鬼淳子氏  奈良県宇陀市立榛原(はいばら)中学校
他交渉中
15:40~16:10 質疑応答 + 情報交換
16:10 終了

読み書きに困難のある人への支援 電子書籍で読書の機会を 毎日新聞2019-09-15

https://mainichi.jp/articles/20190911/ddm/005/070/007000c

読み書きに困難のある人への支援 電子書籍で読書の機会を
=岩下恭士(デジタル編集グループ)

世界138カ国の図書館1300余が加盟する国際図書館連盟(IFLA)や日
本の国際協力機構(JICA)などが主催し、貧困や視覚障害・発達障害などの
ため活字文化を自由に享受できない人たちを支援する各国のNGO(非政府組織)
や政府機関などから約100人が参加した。

「学ぶ前提を支える~事例から考える合理的配慮~」 2019/07/252019-07-25

https://www.facebook.com/events/1066255460246220/

調布デイジー講演会
「学ぶ前提を支える~事例から考える合理的配慮~」
講師:井上賞子さん(松江市立意東小学校教諭)

日時:令和元年7月25日(木)午後6時から8時

場所:〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり 10階1001学習室

参加費:300円

定員:50名

さまざまな理由を抱え、通常の勉強の仕方では学びづらい子どもたちがいます。
その子どもたちに、学びやすい環境や方法を用意することを合理的配慮といいま
す。今、この合理的配慮は公立の学校では義務、私立の学校でも努力義務となっ
ています。
この合理的配慮には、具体的にどのような方法があるのでしょう?
講師の井上賞子さんが実践している具体的な支援の内容を踏まえて、一緒に「学
ぶ前提を支える」ことについて考えませんか?
講演の後に質問にもお答えいただけます(^ ^)

こちらのイベントページで参加にしていただくか、
調布デイジーまで参加希望のメールをお願いいたします。
chofudaisy@gmail.com

「図書館利用に障害のある人々へのサービス」 アクセシブルなEPUB版2019-05-04

図書館利用に障害のある人々へのサービス アクセシブルなEPUB版

https://atdo.website/2019/03/05/jla_epub/

2019/03/05

日本図書館協会の『図書館利用に障害のある人々へのサービス アクセシブルな
EPUB版(メディア版)』の販売が開始され、刊行のお知らせが公開されました。
本書誌は、印刷版、EPUBダウンロード版、EPUBメディア版で販売されています。
アクセシブルなEPUBのサンプルとしてもご活用ください。

詳細は、次の3つのリンクをご活用ください。

JLA 図書館実践シリーズ『図書館利用に障害のある人々へのサービス』(電子書
籍版・印刷版)刊行のお知らせ ? 日本図書館協会障害者サービス委員会
http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/jla-lsn.html

EPUBダウンロード版のご購入は、次のアンテナハウスオンラインショップのリン
クをご利用ください。
アンテナハウスオンラインショップ / 書籍・その他
https://web.antenna.co.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=1014

EPUBメディア版のご購入は、次の図書館協会のオンライン販売のリンクから
図書館利用に障害のある人々へのサービス アクセシブルなEPUB版
(メディア版)
http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000521/Default.aspx