東京新聞 「農福連携」広がる 農家は人手確保、障害者の自立に道2016-02-18

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201602/CK2016021602000124.html

 障害のある人が農業の現場で働く例が急増している。高齢化で働き手が不足す
るなか、農家は障害者を貴重な労働力として歓迎、障害者にとっては安定収入を
得られ経済的自立を目指すことができる。「農福連携」という新たな取り組みに、
国や自治体も支援に乗り出している。 (白山泉、写真も)
 見渡す限り雪原が広がる北海道・十勝平野。株式会社「九神(きゅうじん)フ
ァームめむろ」(芽室町)の調理場では、白衣に身を包んだ知的障害者らが、秋
に収穫したジャガイモの皮むきやパック詰め作業をしていた。
 二〇一三年に設立されたファームでは、約二十人の障害者が働く。三ヘクター
ルの農地でジャガイモなどを栽培しポテトサラダやコロッケの材料に加工。総菜
メーカーに販売する。管理者の古御堂(ふるみどう)由香さん(40)は「でき
る仕事を精いっぱいやってもらっている。一人欠けても作業は進まない」と語る。

「発達障害当事者と語る-就労をライフステージの視点から考える- 2016/02/052016-02-05

「発達障害当事者と語る-就労をライフステージの視点から考える-

第一部
18:00~19:15
発達障害者就労支援センターゆに(UNI) 実践報告

第二部
19:30~20:30
ゆに(UNI)センター長と発達障害当事者とのパネルトーク

場 所:成城ホール
日 時:2月5日(金) 18時~
参加費 無料
先 着200名

主 催:世田谷区

発達障害者就労支援センター「ゆに(UNI)」

電話番号:5797-2343 ファクシミリ番号:3708-4334
     (3月24日午前10時から開通)
所在地/上用賀5-14-1上用賀アートホール2階
開所時間/火~土曜 午前10時~午後5時30分(祝日・年末年始を除く)

日本LD学会公開シンポ 発達障害学生の就職事情/明星大 2015/12/052015-12-05

http://www.jald.or.jp/public_symposium.html
http://www.jald.or.jp/symposium/symposium_2015.pdf

2015年度 日本LD学会公開シンポジウム(東京)

テーマ 発達障害のある大学生の就労支援の現状とこれから
    -発達障害学生の最新就職事情-

日時 2015年12月5日(土)10:15~16:40 (受付9:30~10:15)

会場 明星大学32号館1階108教室
   〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1

参加費 1,000円(資料集代を含む)
※参加には事前申込みが必要です。参加費は事前に徴収させて頂きます。

参加申込み方法

参加受付期間 2015年9月15日(火)14:00~2015年11月15日(日)23:00

参加費納入期限 2015年11月18日(水)

注意事項 参加受付期間に申込みフォームを掲載致します。
情報保障等の配慮が必要な方は、参加申込み時にその旨お伝え下さい。
S.E.N.S・S.E.N.S‐SV有資格者は、特別支援教育士資格更規程第2条V領域1に
より2Pが交付されます。

参加申込みフォーム

・ 会員の方-マイページの「研修会情報・申し込み」より申込みを行って
ください。マイページのログイン画面は、
https://jald-sens.org/entry/login.aspx

・ 非会員の方-以下のリンクよりお申込み下さい。
参加申込みフォームは、
https://jald-sens.org/entry/entry_login.aspx?id=67

後援(予定) 文部科学省 東京都 日野市

共催 一般社団法人日本LD学会 明星大学

実行委員長 小貫 悟(明星大学)

社会人になるための夏季集中親子講座 中学3年生~高校2年生対象2015-08-12

発達障害を持つ中学3年生~高校2年生対象

社会人になるための夏季集中親子講座

発達障害者の就労は、日々理解が進んでいます。しかし同時に就労継続が難しく、
せっかく社会へ出てもドロップアウトしてしまうケースも出ています。
その理由として、学齢期のキャリア教育がなされていないまま、社会へ出ていく
事が多いと言われています。
そこで、Wing PROの10年以上にわたる実績を生かし、この度、中学3年生から高
校2年生を中心として社会人に向けた基礎講座を実施いたします。
社会に出る前に必要とされる「働くとは?」「会社のマナー」「職業に関する検
査」それをふまえた「自己理解」をWing PROが独自の計画に基づいて実施いたし
ます。高校卒業後に就職を希望する方をはじめ、大学進学を予定されている方も
参加できます。

* 講座後の個別相談も計画しています

日時 8月10日(月) 10:00~15:00
内容
・オリエンテーション
・働くということ
・ビジネスマナー
講師 松為信雄氏 (文京学院大学教授)
   市村たづ子氏(昭島市障害者就労支援センター)
   藤岡美和子氏(株式会社キユーピーあい)
会場 お茶の水

日時 8月11日(火) 9:30~16:30
内容
・企業見学
・職業に関する検査
 特例子会社 田町
 東京障害者職業センター 上野

日時 8月12日(水) 10:00~15:00
内容
・自己理解
・振り返り
・まとめ
講師 ボーバル聡美氏(小金井市障害者就労支援センター)
   松村佳子氏(武蔵野市障害者就労支援センター)
   松為信雄氏(文京学院大学教授)
会場 飯田橋

7月25日までにお申し込みください

募集人数:9組
参加費:25,000円
お申し込み先:お問い合わせ先 メール: wingpro@outlook.jp
1)件名「親子講座申し込み」として、ご住所・氏名・ご本人の学年・電話番号
・メールアドレスをお知らせください。
2)お申し込み後、スタッフから電話でご連絡させていただきます。
3)定員になりましたらホームページに掲示しますのでご確認頂き、お申し込み
ください( http://www.wingpro.jp
4)ご参加いただけない場合はメールにてご連絡させていただきます。

主催 特定非営利活動法人 Wing PRO

栃木県親の会ゆずりは講演会/宇都宮大教育学部2101教室 2014/11/292014-11-29

主催者からのご案内です。

------------

テーマ 第一部「発達障がい者の就労の現状」
    第二部「一般職業適性検査(GATB)の見方」
講 師 鈴木瑞哉 先生 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構
日 時 2014年11月29日(土) 午後1時30分~5時00分
会 場 宇都宮大学 教育学部 2101教室 栃木県宇都宮市峰町350
交 通 JR宇都宮駅下車
定 員 300名(定員になり次第締め切ります)
主 催 栃木県親の会「ゆずりは(LD等発達障がい児者親の会)」
参加費 ゆずりは会員家族・TODDS会員無料 非会員1,000円
申込み 参加希望者の氏名・連絡先を明記して下記へお申込み下さい。
    締め切りは 11月20日とします。

    栃木県親の会「ゆずりは(LD等発達障がい児者親の会)」
    E-mail: yuzuriha8@freeml.com FAX:028-665-5445

関連ウェブサイト http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/1307/

広島県就労振興センター 精神障害者・発達障害者雇用管理セミナー2014-11-27

http://www.challenged-info.com/news_GlRsIzQbd_475.html

障害者雇用に悩む企業向けのセミナーを実施

公益社団法人広島県就労振興センターは、企業での障害者雇用を進めてもらうこ
とを目的に、雇用を検討している企業やすでに雇用している企業などの人事担当
者を対象とし、「精神障害者・発達障害者雇用管理セミナー~障害者が能力を発
揮できる職場作りに向けて~」を開催すると発表した。

精神障害や発達障害の特性や、雇用する上での留意点などについて学び、職業能
力の把握や雇用管理、キャリア形成の支援など障害者雇用のノウハウを習得して
もらうための講座と演習を実施する。セミナーは3日間で形成され、1日目のみの
参加か、3日間セットでの参加のいずれかを選ぶことができる。

福山会場での開催と、広島会場での開催が予定されており、福山は福山市生涯学
習プラザで、8月28日、9月2日、9月3日の日程で実施される。広島は広島市まち
づくり市民交流プラザを会場に、1回目が9月26日、10月9日、10月10日、2回目が
11月12日、11月26日、11月27日のそれぞれ3日間で開催される。

埼玉県が発達障害者の就労支援センター開設 2014年5月3日 16:002014-05-03

http://www.challenged-info.com/news_ynLMOXb5L.html

埼玉県は川口市と草加市両市内に、全国初となる発達障害に特化して、就労の相
談から職場への斡旋、その後の職場定着支援まで一元化して行う「発達障害者就
労支援センター」を6月1日(予定)開設する。

就労シンポジウム:しょうがいのある人の『働く』を考える/くにたち市民芸術小ホール 平成26年2月26日2014-02-26

障害のある人の就労を実現するためには、自己理解と関わる人の相互理解を深め
ることが大切と考えられています。今回のシンポジウムでは、東京都発達障害者
支援センター(トスカ)から発達障害のある人への理解と対応についてお話しい
ただきます。また、しょうがいを抱えて働くことのヒントとして当事者と職場の
方からお話をしていただきますので『働く』ことについて共に考えていきましょ
う。
これから働きたいと思っている方やご家族をはじめ、当事者のサポートにかかわ
っている方など多くの方々のご参加をお待ちしています。ぜひ、ご参加ください。

◆第1部
基調講演 :『発達障害のある人への理解と対応~トスカの取り組みから~』
トスカ 神保育子氏
◆第2部
企業と働く当事者から
1 藤波タオルサービス・髙森知氏、当事者:A型すてっぷあっぷともに
2 富士ゼロックス・影山卓氏、当事者
◆講評 職業センター多摩支所長

日時:平成26年2月26日(水) 午後2時~4時30分(受付午後1時30分~)
会場:くにたち市民芸術小ホール 1階ホール
 東京都国立市富士見台2-48-1 JR南武線谷保駅北口から徒歩10分
 最寄バス停「市民芸術小ホール・総合体育館前」(立川バス)
主催:国立市役所しょうがいしゃ支援課相談係
後援:太陽と昴の会、国立商工会、公益財団法人東京しごと財団
申込:お名前・所属・参加人数・質問等をご記入の上、042-573-1102
までファックスでお送りください。お申込みなくお出でいただいても大丈夫です。

厚生労働省平成25年度発達障害者就労支援者育成事業【東北ブロック】/宮城県民会館 2014/01/102014-01-10

http://www.fvp.co.jp/img/25_hattatu/touhoku-kousyu.pdf

発達障害のある方の就労支援者向け講習会
発達障害のある人の雇用・就労をすすめるために

発達障害のある方の就労支援のニーズは、年々高まりを見せています。ところが、
支援のニーズは多様であることに加えて、支援者側の知識や経験が十分とはいえ
ない場合もあり、支援の難しさに直面している支援者が多いのも現状です。この
ような状況を踏まえ、今回は、広く発達障害のある人の支援に関わる人に対して、
発達障害のある人の特性と支援での配慮すべきこと、企業での発達障害のある人
の雇用事例、アセスメントと支援事例について情報提供する講習会を開催いたし
ます。

平成 26年1月10日(金)13時30分~16時30分 (13時10分より受付開始)

●場所:東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)601大会議室
    仙台市青葉区国分町3-3-7
●定員:100名
●定員に達した場合のみ、ご連絡いたします
●対象者:発達障害のある人の就労支援に関わる方(福祉、医療、教育)、企業
     担当者、ご家族
●参加費 :無料
●交通 : 地下鉄「勾当台公園駅」徒歩10分

ハローワーク窓口の相談事例と精神障がい・発達障がい者の雇用状況
講師:ハローワーク仙台 統括職業指導官 松木長男 氏

発達障害者の特性と就労における配慮事項
講師:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 宮城障害者職業センター
主任障害者職業カウンセラー 竹下純 氏

<企業から>発達障害者雇用の取り組みと支援者に期待すること
発達障害者雇用の取り組みと支援者に期待すること

講師:株式会社かんぽ生命保険 東北エリア本部 人事ご担当者
   発達障害者アセスメントと就労支援の事例~グループゆうの取り組みから
講師:特定非営利活動法人 グループゆう 佐藤裕信 氏

<企画>発達障害者就労支援者育成事業 東北ブロック企画検討委員会

委員:宮城労働局、宮城県、仙台市、宮城障害者職業センター、宮城県発達障害
者支援センター「えくぼ」、仙台市南部発達相談支援センター、仙台市障害者就
労支援センター、発達支援ひろがりネット、株式会社アップルファーム

お問い合わせはこちら
受託機関:株式会社FVP 担当者:岩田 北村
TEL:03-5577-6913 FAX:03-5577-6914 Email:info@fvp.co.jp
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目3番8 ステージ内神田6階

第21回 職業リハビリ研究発表会/東京ビッグサイト 2013/12/17-182013-12-18

第21回職業リハビリテーション研究発表会の開催と参加者募集のお知らせ

http://www.nivr.jeed.or.jp/news/vrhappyou21-history.html

当機構では、職業リハビリテーションの研究成果を広く各方面に周知するととも
に、参加者相互の意見交換、経験交流を行う場として、「職業リハビリテーション
研究発表会」を毎年開催しています。
今年度は「障害者の雇用とその継続のために ~職域拡大と支援の充実~」を統
一的テーマとして、以下のとおり開催しますので、企業の方々、研究者の方々、
障害者の雇用、福祉、医療・保健、教育等に携わる方々のご参加をお待ちしてい
ます。参加費は、研究発表会、基礎講座とも無料ですが、事前の参加申込みが必
要です。
詳細は「第21回職業リハビリテーション研究発表会 ご案内」
http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/k21-annai2-1.pdf
(PDF 2,822KB)をご覧いただき、下記の申込方法によりお申込みください。

1.開催日 平成25年12月17(火)・18日(水)

2.開催 東京ビッグサイト会議棟1Fレセプションホール・6~7F会議室
     (東京都江東区有明3-11-1)
 ※ 昨年度と会場が異なりますのでご注意下さい。

3.内容
(1)研究発表
 口頭発表(87題)及びポスター発表(19題)
(2)特別講演
 「我が社の障害者雇用 ~職域の拡大と支援の充実~」
 講師 石川いしかわ  誠まこと 氏
(株式会社いなげやウィング 管理運営部長(兼)事業推進部長)
(3)パネルディスカッション
 「障害者の雇用とその継続のために ~計画的な職域の拡大~」
(4)テーマ別パネルディスカッション
 1「精神障害者の雇用とその継続のために」
 2「発達障害者の雇用とその継続のために」
(5)基礎講座
 1「精神障害の基礎と職業問題」
 2「発達障害の基礎と職業問題」
 3「高次脳機能障害の基礎と職業問題」
 ※ 基礎講座は研究発表会に先立ち行われる公開講座です。

4.申込方法
申込はこちらから
https://comm.stage.ac/jeed2013/index.html

なお、上記からのお申込みが難しい場合に限り、「参加申込書」
http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/k21-annai2-2.pdf (PDF 639KB)
に所定事項をご記入のうえ、下記の申込先まで郵送してください。

 【申込先・参加申込に関するお問合せ】
「第21回職業リハビリテーション研究発表会 参加申込事務局」
(株式会社ステージ*)
 住 所:〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
 電 話:03-3958-5296
* 株式会社ステージはプライバシーマーク制度認定事業者で、当機構と参加申
込業務に関する委託契約を結び「個人情報保護に関する事項」に基づく厳重な
情報管理を行っています。

5.申込期限 平成25年11月15日(金)13時まで (郵送は11月14日必着)
(申込は先着順。期限内でも定員に達した分科会は募集を締切ります。)

6.個人情報保護
 いただいた個人情報は、職業リハビリテーション研究発表会の事務処理におい
てのみ利用することとし、当機構の個人情報の取扱いに関する規程等に基づき適
正に取り扱います。

7.参加申込以外のお問合せ
第21回職業リハビリテーション研究発表会事務局
 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
 障害者職業総合センター研究企画部企画調整室
 〒261‐0014 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-3
 TEL : 043-297-9067 e-mail : vrsr@jeed.or.jp