障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を 2018/06/152018-06-15

「障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を」
-マラケシュ条約と著作物にアクセスする権利の国際動向に関する勉強会-

日 時:2018年6月15日(金)16:00~17:45

(荷物のセキュリティチェックを通過し、玄関ホールに15:30にお集まりくださ
 い。名札をお渡しいたします。)

場所:参議院議員会館1階 特別会議室(東京都東京都千代田区永田町2丁目1-1)
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf

情報保障:要約筆記あり・手話予定

参加費:無料

定 員:80名

主 催:日本デイジーコンソーシアム・デイジー教科書製作ネットワーク

趣 旨:学校教育法改正を機に、デジタル教科書が障害のある児童生徒の学習上
の困難を低減させる機能に期待が高まっています。読み上げや、拡大縮小、色の
変更、瞬時の移動等、アクセシビリティと呼ばれる機能を備えているDAISY規格
のデジタル版教科書(デイジー教科書)を、現在8000名以上の障害がある児童生
徒が使っています。このデイジー教科書は、障害がある児童生徒の家族を含むボ
ランティアによって製作されています。私たちは、児童生徒に自分で読める教科
書を提供する責任は国にあると考え、DAISY版デジタル教科書の無償給与を実現
するための勉強会を下記の要領で開催します。

プログラム:
16:00-16:05 開会
司会:久保田 文(特非・全国視覚障害者情報提供施設協会)

16:05-16:15 出席議員ご挨拶

16:15-16:35 「障害基本計画と公共調達による出版物アクセシビリティの推進」
  石川 准(静岡県立大学教授 東京大学特任教授)

16:35-17:00 デイジー教科書の現状と製作ボランティアからの提案
1)「読むことの困難をデイジー教科書はどう助けるのか」実演によるDAISY規格
  のデジタル教科書の紹介
  濱田 滋子(特非・NaD)/吉広 賢史(公財・日本障害者リハビリ協会)
2)「デイジー教科書を使う子供たちとその家族、製作ボランティアの思い」
  牧野 綾 木全 知帆 安納 里恵(調布デイジー)
3)「デイジー教科書製作ネットワークの文部科学省への要望」
  神山 博(青森公立大学)

17:00-17:10 「マラケシュ条約批准とデイジー教科書のこれから」
  河村 宏(日本DAISYコンソーシアム)

17:10-17:30 質疑応答

17:30-17:35 閉会

*要望書案「障害のある児童及び生徒のための「教科用特定図書等」の無償
 給与についての要望」
 http://atdo.website/wp-content/uploads/2018/06/yobosyo.pdf

*別添資料(利用者の声、経緯、読みに困難のある児童生徒)
 http://atdo.website/wp-content/uploads/2018/06/siryo.pdf

お問い合わせ:日本デイジーコンソーシアム事務局
   メール:jdc@atdo.jp
   電 話:03-5384-7207 (NPO法人支援技術開発機構内)

参加申込み:下記のフォームにご記入の上、送信してください。
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdLN3uDoznPKb7-5l6dylobmgezaB1QW6pA1ZDdYXJH6IZ1_g/viewform

参院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/05/242018-05-24

https://www.youtube.com/watch?v=gvDRtD8ON6A

2018年5月24日参議院文教科学委員会(抜粋)
「学校教育法等の一部を改正する法律案」可決

2018年5月24日参議院文教科学委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」
可決。デジタル教科書の法定化含む。

--------

高階恵美子(文教科学委員長)
上野通子(自由民主党・こころ)
佐々木さやか(公明党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)
神本美恵子(立憲民主党・民友会)
高階恵美子(文教科学委員長)
吉良よし子(日本共産党)
高木かおり(日本維新の会)
木戸口英司(希望の会(自由・社民))
松沢成文(希望の党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)

衆院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/05/092018-05-09

https://www.youtube.com/watch?v=66pQIccbQRM

衆議院文部科学委員会でデジタル教科書の法定化の内容を含む、学校教育法等の
一部を改正する法律案が全会一致で承認された。なお、承認後付帯決議が付され、
これも全会一致で承認された。

--------

学校教育法等の一部を改正する法律案
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順)
 冨岡勉(文部科学委員長)
 吉田統彦(立憲民主党・市民クラブ)
 山本和嘉子(立憲民主党・市民クラブ)
 川内博史(立憲民主党・市民クラブ)
 西岡秀子(国民民主党・無所属クラブ)
 城井崇(国民民主党・無所属クラブ)
 畑野君枝(日本共産党)
 吉川元(社会民主党・市民連合)
 川内博史(立憲民主党・市民クラブ)
 山本和嘉子(立憲民主党・市民クラブ)
答弁者等
大臣等(建制順):
 林芳正(文部科学大臣 教育再生担当)
 丹羽秀樹(文部科学副大臣)

衆院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/04/252018-04-25

https://www.youtube.com/watch?v=r6vOjVK_TO4

開会日:2018年4月25日 (水)
会議名:衆議院 文部科学委員会
案件:学校教育法等の一部を改正する法律案(196国会閣29)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順):
 冨岡勉(文部科学委員長)
 高木啓(自由民主党)
 鰐淵洋子(公明党)
 串田誠一(日本維新の会)
答弁者等
大臣等(建制順):
 林芳正(文部科学大臣 教育再生担当)

S・E・N・S(特別支援教育士)の会東京支部会オープン研修 お知らせ 2017/12/092017-12-09

支部会長 牟田悦子(成蹊大学)

下記のように12月にオープン研修会を開きます。テーマは「算数障害の理解と
支援」についてです。どなたでも参加できますので、どうぞお誘いあわせてご参
加ください。

日時 :2017年12月9日(土) 10時~12時
講師 :筑波大学大学院生  山本 ゆう 先生 「算数障害の理解と支援」
会場 :お茶の水女子大学 本館 309教室
会費 :非会員 午前のみ1000円
定員 :110名(先着順)

申込み :以下のメールへ申し込んでください。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4f1cf837c1a3d321

東京都特別支援教室でのSENSによる巡回心理士実践報告─成果と課題2017-07-16

S.E.N.Sの会東京支部会オープン研修会

「東京都特別支援教室でのSENSによる巡回心理士実践報告─成果と課題」

 東京都特別支援教室への特別支援教育士・臨床発達心理士・学校心理士による
巡回心理士の活動が始まって、2年目になりました。
特別支援教室を推進している東京都教育庁指導部の方から特別支援教室の現状と
今後についてお話をうかがい、そのあと東京支部会員による実践報告を行います。
成果と課題について共有し、今後のよりよい活動について検討したいと思います。
どなたでも参加できます。特別支援教室に関心をお持ちの多くの方のご参加をお
待ちしています。

SENSの会東京支部会会長 牟田 悦子

日時 2017年7月16日(日)13:00~16:00

場所 成蹊大学6号館3階 6-301教室

プログラム
 13:00~14:00 「東京都特別支援教室について」 東京都教育庁 島添聡先生
 14:00~15:30  巡回心理士実践報告   SENSの会東京支部会会員
          宮田貴子先生  (新宿区)
          吉田奈美先生  (世田谷区) 
          篠原やよい先生 (八王子市)
 15:30~16:00  討論

参加費 会員 500円
    非会員 1000円

申込方法 下記メールフォームよりお申込みください。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4f1cf837c1a3d321

軽度発達障がい児の考える力をつける国語指導/岡山 2016/10/142016-10-14

主催者からのご案内です。

------------

軽度発達障がい児の考える力をつける国語指導

 学習レディネス(準備)を獲得していない軽度発達障がい児は「ことばの遅
れ」「イメージ力の弱さ」「ボキャブラリーの少なさ」「興味関心の幅の狭さ」
などを抱えています。
 作文指導はこれらの能力を高めるだけではなく、「文の基本的な成り立ちの理
解」や「筋道を立てて考える能力の強化」にもつながります。そのことで、算数
や国語の学習にも役立ちます。今回は指導事例を中心にお話しします。
 このお話しが、日頃の子どもさんの指導に悩んでいる保護者の皆さんや教育場
面で悩みを抱えている指導者の皆さんの役に立つものと思います。

日時:平成28年10月14日(金) 10:00から12:30
場所:きらめきプラザ 2階 研修室
(岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館)
  岡山市北区南方2丁目13-1
   TEL 086-231-0532
演題 「軽度発達障がい児の考える力をつける国語指導」
講師:田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)
   質疑応答の時間を設けます。
   参加自由です。事前の申し込みは必要ありません。
主催:NPO法人遊育・遊びを育てる会
問い合わせ先
住所:岡山市北区津島南1-1-4   電話:086-256-0630
参加費:無料
後援:岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会
※ 当日はなるべく公共交通機関をご利用ください。

http://www.yu-iku.com/index.html

http://www2k.biglobe.ne.jp/~dlschool/

「LD・ADHD等の心理的疑似体験プログラム」子どもの理解と対応を学ぶ2016-07-10

SENS(特別支援教育士)東京支部会オープン研修会のお知らせ

 LDやADHDのある子どもたちが学習の場面でどのような困難さを経験し、ストレ
スや不安を感じているのか、疑似的に体験して、こうした子どもたちへの適切な
かかわり方を学ぶのが、このプログラムです。今回新しく改訂された「LD・ADHD
等の心理的疑似体験プログラム(第3版)」について、製作にかかわった先生か
らその内容を解説、実演していただきます。

 どなたでも参加できます。
(なお、特別支援教育士認定協会主催の講師認定講習会ではありませんのでご注
意ください。)

講師: 小林 玄先生(立教女学院短期大学)
    惠良 美津子先生(横須賀市療育相談センター)

日時: 7月10日(日) 13:30~16:30

場所: 成蹊大学6号館3階301教室(6-301)
     http://www.seikei.ac.jp/gakuen/accessmap/

参加費: 会員 1000円, 非会員 1500円

資格更新ポイント: 1P

申込方法: 特別支援教育士資格認定協会HP東京支部のメールフォームより必要
事項をご記入いただきお申し込みください
メールフォーム http://form1.fc2.com/form/?id=915126

問い合わせ先:
東京支部会事務局長 月森 久江(東京都杉並区立済美教育センター)

障害者差別解消法がめざすもの合理的配慮について学ぼう 2016/06/122016-06-12

主催者からのご案内です。

------------

テーマ 『障害者差別解消法がめざすもの』~合理的配慮について学ぼう!~

2016年4月1日から障害者差別解消法が施行され、学校生活の中で「合理的
配慮」の提供が義務付けられました。

障がいのある子どもたちが「学びやすい、生活しやすい」環境はどの子にとって
も必要なものです。

子どもたちの笑顔が増え、安心できる学校環境を共に考えていきましょう。

講 師 都築 繁幸 先生 筑波大学心身障害学系、ギャローデット大学、ユタ州
    立大学、西オンタリオ大学、信州大学、愛知教育大学教授等を歴任、教
    育学博士(筑波大学)

日 時 2016年6月12日(土) 午後2時~4時(受付は1時半)

会 場 ウインクあいち 12階 1203
    (名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

交 通 JR名古屋駅・名鉄名古屋駅から 徒歩5分

定 員 60名(定員になり次第締め切ります)

主 催 ディスレクシア協会名古屋

後 援 愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・NPO法人こども支援室カシオ
    ペア・愛知県自閉症協会・あいちLD親の会かたつむり・愛知発達障害
    サポートネットワーク

参加費 500円  会員 無料

資料代 1000円(書籍代)

申込み 参加希望者の氏名・住所・連絡先を明記して下記へお申込み下さい。
ディスレクシア協会名古屋宛、E-mail:yy-mary@tg.commufa.jp

問い合せ 080-3078-4514(吉田迄)

どうみる?どう教える?どう支える?~特別支援教育の今 2016/05/082016-05-08

○テーマ どうみる?どう教える?どう支える?~特別支援教育の今~

○日時  2015年5月8日(日)
 受付開始 12:30
 講演   13:30 ~ 16:30

○プログラム 
1.知っておきたい特別支援教育最前線~合理的配慮を中心に~  
 竹田 契一 氏
(大阪教育大学名誉教授・大阪医科大学LDセンター顧問・当院顧問)
2.算数、国語の指導について~誤り分析を中心に~
 苫廣 みさき 氏(一般社団法人発達支援ルーム「まなび」理事)
 今村 佐智子 氏(一般社団法人発達支援ルーム「まなび」理事)

○会場 芦屋ルナホール(芦屋市民センター横)

○定員 700名(定員になり次第締め切ります)

○参加費 無料

○申込み 参加希望者の氏名・連絡先を明記してファックス
    (ファックス番号:0797-23-6117)でお申込み下さい。
     定員を超えてご参加頂けない場合のみ、ご連絡致します。

○主催 医療法人 昭圭会 南芦屋浜病院(0797-22-4040)

○後援 芦屋市・芦屋市医師会・芦屋ロータリークラブ
    芦屋市教育委員会・神戸市教育委員会・西宮市教育委員会

○関連サイト http://s-ashiyahama-hp.or.jp/news/news20160318.html