第13回マルチメディアデイジー図書講演会 デイジーと共に歩む学校生活 2019/12/012019-12-01

第13回マルチメディアデイジー図書講演会
わたしも読めたよ デイジー教科書Vol.4
― デイジーと共に歩む学校生活 ―

日時: 令和元年12月1日(日) 13:00~16:10(受付開始 11:00)

場所: 日本ライトハウス情報文化センター 4階 会議室
http://www.lighthouse.or.jp/iccb/

〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-13-2
大阪メトロ 四つ橋線肥後橋駅2番出口からすぐ

参加費:500円

定員(申し込み 先着順):60名

申し込み:申し込みフォーム:http://hec.xsrv.jp/2018daisyseminar/
に、必須事項をご記入のうえ、11月30日(土)までにお申し込みください。
共催: 特定非営利活動法人 NaD/社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター

後援: 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
お問い合わせ先:特定非営利活動法人 NaD(ナディ)
https://www.npo-nad.org/
E-mail: naradaisy@gsk.org

【プログラム】
11:00 開場  デイジー図書の展示やデモをしていますのでご覧ください
13:00 講演会開始
13:00~13:05 挨拶
13:05~13:20 デイジー図書紹介
13:25~14:05 講演
「デイジーユーザーからの体験報告 ―当事者と親の視点から―」
小澤彩果氏(立命館大学大学院生)・小澤理香氏(母親)
14:05~14:30 休憩
14:30~15:30 パネルディスカッション
「中学校でのデイジー教科書活用事例」
中山めぐみ氏 奈良県平群(へぐり)町立平群(へぐり)中学校
九鬼淳子氏  奈良県宇陀市立榛原(はいばら)中学校
他交渉中
15:40~16:10 質疑応答 + 情報交換
16:10 終了

義務教育のその先は?!~小中学校で支援を受けた子どもの親の体験談2019-09-29

https://www.chofu-daisy.org/index.html

調布デイジー主催 座談会

「義務教育のその先は?!~小中学校で支援を受けた子どもの親の体験談~」

日 時 : 令和元年9月29日(日) 午後2時~5時
場 所 : 調布市市民プラザあくろす3階ホール
     (京王線 国領駅 北口下車 徒歩1分)
参加費 : 100円(資料代)   定 員 : 100名
 
学習障害や、ADHD、自閉症など、通常の学習環境では勉強がしにくい子ども
たちはどんな学校生活を送っているの?
ちゃんと支援を受けていた、または受けられなかった体験談、そして義務教育の
後の進路とは…?気になる教育費はどれくらい?
悩める保護者の疑問を先輩ママたちが本音でお話しします!!

【プログラム】
2:00-2:05 はじめの挨拶 調布デイジー
2:05-3:05 体験談1
3:05-3:20 休憩 
3:20-4:05 体験談2
4:05-4:10 終わりの挨拶 調布デイジー

7人の先輩ママがそれぞれ10分ずつ話したあと、5分の質問タイムがあります。
みんなの前で質問したいことはその時に。
出演者は5時までその場に残ってくれるので、こそっと質問したい方は
終わりの挨拶以降にどうぞ!!

参加ご希望の方は、タイトルを「講演申込み」とし、必要事項を本文に記入し、
Eメールでお申込みください。
当日参加も歓迎いたします。
調布デイジーメールアドレス:chofudaisy@gmail.com
お名前(※)、メールアドレス(※)、電話(※)、住所
当事者 ・ 保護者 ・ 教員 ・ その他(具体的にお願いいたします)
※は必須事項
 なお、個人情報の取扱については法令順守を原則とし管理いたします。

主催 :調布デイジー https://www.chofu-daisy.org/
後援 :調布市教育委員会 日本障害者リハビリテーション協会
    NPO法人 支援技術開発機構(ATDO)
    調布市市民活動支援センター えんがわファンド助成事業

中学・高校のインクルーシブ教育を実現するには? 2019/08/082019-08-08

一般公開シンポジウム
中学・高校のインクルーシブ教育を実現するには?足りないものと今あるもの

日時:2019年8月8日(木) 13時00分から17時00分まで
会場:東京大学先端科学技術研究センター 3号館南棟1階ENEOSホール
(駒場2キャンパス)

参加方法
(1)セミナーに関心のある児童・生徒・学生のみなさん
会場で参加できます(参加学生1名につき、保護者1名までが同伴可能です。)

(2)一般のみなさん
オンラインで参加できます(遠隔会議システムzoomを使って会場の様子を視聴
できます。インターネット環境があればPC、タブレット、スマートフォンから
もアクセスできます)

情報保障:UDトークを用いた文字通訳があります。
資料配布:なし
参加費:無料
※オンライン配信には、PHEDが協力しています。

【詳細&事前申込】8月6日AM9時 締切
下のURLで詳細をご確認ください。ページ下に申込ボタンがあります。
https://www.kokuchpro.com/event/191e7e09d469040bf38a44736b62d5b0/

「学ぶ前提を支える~事例から考える合理的配慮~」 2019/07/252019-07-25

https://www.facebook.com/events/1066255460246220/

調布デイジー講演会
「学ぶ前提を支える~事例から考える合理的配慮~」
講師:井上賞子さん(松江市立意東小学校教諭)

日時:令和元年7月25日(木)午後6時から8時

場所:〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり 10階1001学習室

参加費:300円

定員:50名

さまざまな理由を抱え、通常の勉強の仕方では学びづらい子どもたちがいます。
その子どもたちに、学びやすい環境や方法を用意することを合理的配慮といいま
す。今、この合理的配慮は公立の学校では義務、私立の学校でも努力義務となっ
ています。
この合理的配慮には、具体的にどのような方法があるのでしょう?
講師の井上賞子さんが実践している具体的な支援の内容を踏まえて、一緒に「学
ぶ前提を支える」ことについて考えませんか?
講演の後に質問にもお答えいただけます(^ ^)

こちらのイベントページで参加にしていただくか、
調布デイジーまで参加希望のメールをお願いいたします。
chofudaisy@gmail.com

障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を 2018/06/152018-06-15

「障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を」
-マラケシュ条約と著作物にアクセスする権利の国際動向に関する勉強会-

日 時:2018年6月15日(金)16:00~17:45

(荷物のセキュリティチェックを通過し、玄関ホールに15:30にお集まりくださ
 い。名札をお渡しいたします。)

場所:参議院議員会館1階 特別会議室(東京都東京都千代田区永田町2丁目1-1)
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf

情報保障:要約筆記あり・手話予定

参加費:無料

定 員:80名

主 催:日本デイジーコンソーシアム・デイジー教科書製作ネットワーク

趣 旨:学校教育法改正を機に、デジタル教科書が障害のある児童生徒の学習上
の困難を低減させる機能に期待が高まっています。読み上げや、拡大縮小、色の
変更、瞬時の移動等、アクセシビリティと呼ばれる機能を備えているDAISY規格
のデジタル版教科書(デイジー教科書)を、現在8000名以上の障害がある児童生
徒が使っています。このデイジー教科書は、障害がある児童生徒の家族を含むボ
ランティアによって製作されています。私たちは、児童生徒に自分で読める教科
書を提供する責任は国にあると考え、DAISY版デジタル教科書の無償給与を実現
するための勉強会を下記の要領で開催します。

プログラム:
16:00-16:05 開会
司会:久保田 文(特非・全国視覚障害者情報提供施設協会)

16:05-16:15 出席議員ご挨拶

16:15-16:35 「障害基本計画と公共調達による出版物アクセシビリティの推進」
  石川 准(静岡県立大学教授 東京大学特任教授)

16:35-17:00 デイジー教科書の現状と製作ボランティアからの提案
1)「読むことの困難をデイジー教科書はどう助けるのか」実演によるDAISY規格
  のデジタル教科書の紹介
  濱田 滋子(特非・NaD)/吉広 賢史(公財・日本障害者リハビリ協会)
2)「デイジー教科書を使う子供たちとその家族、製作ボランティアの思い」
  牧野 綾 木全 知帆 安納 里恵(調布デイジー)
3)「デイジー教科書製作ネットワークの文部科学省への要望」
  神山 博(青森公立大学)

17:00-17:10 「マラケシュ条約批准とデイジー教科書のこれから」
  河村 宏(日本DAISYコンソーシアム)

17:10-17:30 質疑応答

17:30-17:35 閉会

*要望書案「障害のある児童及び生徒のための「教科用特定図書等」の無償
 給与についての要望」
 http://atdo.website/wp-content/uploads/2018/06/yobosyo.pdf

*別添資料(利用者の声、経緯、読みに困難のある児童生徒)
 http://atdo.website/wp-content/uploads/2018/06/siryo.pdf

お問い合わせ:日本デイジーコンソーシアム事務局
   メール:jdc@atdo.jp
   電 話:03-5384-7207 (NPO法人支援技術開発機構内)

参加申込み:下記のフォームにご記入の上、送信してください。
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdLN3uDoznPKb7-5l6dylobmgezaB1QW6pA1ZDdYXJH6IZ1_g/viewform

参院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/05/242018-05-24

https://www.youtube.com/watch?v=gvDRtD8ON6A

2018年5月24日参議院文教科学委員会(抜粋)
「学校教育法等の一部を改正する法律案」可決

2018年5月24日参議院文教科学委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」
可決。デジタル教科書の法定化含む。

--------

高階恵美子(文教科学委員長)
上野通子(自由民主党・こころ)
佐々木さやか(公明党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)
神本美恵子(立憲民主党・民友会)
高階恵美子(文教科学委員長)
吉良よし子(日本共産党)
高木かおり(日本維新の会)
木戸口英司(希望の会(自由・社民))
松沢成文(希望の党)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)

衆院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/05/092018-05-09

https://www.youtube.com/watch?v=66pQIccbQRM

衆議院文部科学委員会でデジタル教科書の法定化の内容を含む、学校教育法等の
一部を改正する法律案が全会一致で承認された。なお、承認後付帯決議が付され、
これも全会一致で承認された。

--------

学校教育法等の一部を改正する法律案
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順)
 冨岡勉(文部科学委員長)
 吉田統彦(立憲民主党・市民クラブ)
 山本和嘉子(立憲民主党・市民クラブ)
 川内博史(立憲民主党・市民クラブ)
 西岡秀子(国民民主党・無所属クラブ)
 城井崇(国民民主党・無所属クラブ)
 畑野君枝(日本共産党)
 吉川元(社会民主党・市民連合)
 川内博史(立憲民主党・市民クラブ)
 山本和嘉子(立憲民主党・市民クラブ)
答弁者等
大臣等(建制順):
 林芳正(文部科学大臣 教育再生担当)
 丹羽秀樹(文部科学副大臣)

衆院文科委員会「学校教育法等の一部を改正する法律案」 2018/04/252018-04-25

https://www.youtube.com/watch?v=r6vOjVK_TO4

開会日:2018年4月25日 (水)
会議名:衆議院 文部科学委員会
案件:学校教育法等の一部を改正する法律案(196国会閣29)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順):
 冨岡勉(文部科学委員長)
 高木啓(自由民主党)
 鰐淵洋子(公明党)
 串田誠一(日本維新の会)
答弁者等
大臣等(建制順):
 林芳正(文部科学大臣 教育再生担当)

S・E・N・S(特別支援教育士)の会東京支部会オープン研修 お知らせ 2017/12/092017-12-09

支部会長 牟田悦子(成蹊大学)

下記のように12月にオープン研修会を開きます。テーマは「算数障害の理解と
支援」についてです。どなたでも参加できますので、どうぞお誘いあわせてご参
加ください。

日時 :2017年12月9日(土) 10時~12時
講師 :筑波大学大学院生  山本 ゆう 先生 「算数障害の理解と支援」
会場 :お茶の水女子大学 本館 309教室
会費 :非会員 午前のみ1000円
定員 :110名(先着順)

申込み :以下のメールへ申し込んでください。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4f1cf837c1a3d321

東京都特別支援教室でのSENSによる巡回心理士実践報告─成果と課題2017-07-16

S.E.N.Sの会東京支部会オープン研修会

「東京都特別支援教室でのSENSによる巡回心理士実践報告─成果と課題」

 東京都特別支援教室への特別支援教育士・臨床発達心理士・学校心理士による
巡回心理士の活動が始まって、2年目になりました。
特別支援教室を推進している東京都教育庁指導部の方から特別支援教室の現状と
今後についてお話をうかがい、そのあと東京支部会員による実践報告を行います。
成果と課題について共有し、今後のよりよい活動について検討したいと思います。
どなたでも参加できます。特別支援教室に関心をお持ちの多くの方のご参加をお
待ちしています。

SENSの会東京支部会会長 牟田 悦子

日時 2017年7月16日(日)13:00~16:00

場所 成蹊大学6号館3階 6-301教室

プログラム
 13:00~14:00 「東京都特別支援教室について」 東京都教育庁 島添聡先生
 14:00~15:30  巡回心理士実践報告   SENSの会東京支部会会員
          宮田貴子先生  (新宿区)
          吉田奈美先生  (世田谷区) 
          篠原やよい先生 (八王子市)
 15:30~16:00  討論

参加費 会員 500円
    非会員 1000円

申込方法 下記メールフォームよりお申込みください。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4f1cf837c1a3d321