書物への視覚障害のある人々によるアクセスを改善する新たな条約 交渉担当者らが最終作業を開始2013-06-18

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/201306WIPO/wipo_mt201306news.html

2013年6月18日
マラケシュ/ジュネーブ
PR/2013/739

ハイライト動画(*WIPOサイト内の動画へのリンク)
http://www.wipo.int/export/sites/www/multimedia/en/dc2013/marrakesh_dc_opening.swf

世界知的所有権機関(WIPO)事務局長のフランシス・ガリ(Francis Gurry)氏
は、視覚障害のある人々のためのマラケシュ外交会議を開催した。
WIPO加盟国186カ国から集まった600名を超える交渉担当者が、この日、全盲の人
々と視覚障害およびその他のプリントディスアビリティのある人々による、書物
へのアクセスを容易にする新たな国際条約を、最終的にまとめる作業を開始した。
出版物への視覚障害のある人々およびプリントディスアビリティのある人々によ
るアクセスを促進する条約の締結に向けた外交会議(*WIPOサイト内の会議のペ
ージ(英語)へのリンク)は、WIPOの招集により、モロッコ王国の主催で、2013
年6月18日から28日までマラケシュで開催される。
条約が締結されれば、点字、大活字テキストおよび録音図書などのフォーマット
による出版物への、全盲の人々、視覚障害のある人々およびプリントディスアビ
リティのある人々によるアクセスの改善に関する長年にわたる議論の集大成とな
る。受益者は、教育や娯楽の目的で利用可能な、小説、教科書およびその他の資
料にアクセスしやすくなる。
モロッコ王国国王陛下モハメッド6世のメッセージを紹介したモロッコ情報大臣
兼報道官のムスタファ・カルフィ(Mustapha Khalfi)氏は、外交会議は「極め
て重要です」と語り、「今こそ、マラケシュ条約を採択するときであり、著作権
の原則に対する例外措置として、限定的な例外および制限規定を定めた、世界知
的所有権機関史上初の国際条約の締結を楽しみにしています」と述べた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック